イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を2倍楽しむ!【ミラノ】

取材・写真・文:

東京在住

2017年12月14日更新

5,681view

お気に入り

写真:まめこ

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」と言えば、世界でも有名な絵画の一つではないでしょうか。みなさんも歴史や美術の授業、またはテレビなどで一度は見たことがあるはず。この有名な絵を一目見ようと、世界中から多くの人たちが今日もイタリアのミラノを訪れています。実はミラノでは、ダ・ヴィンチ以外にも複数の芸術家が描いた「最後の晩餐」の作品が見られます。せっかくならば「最後の晩餐」を旅のメインに回ってみるのはいかがですか?ダ・ヴィンチ以外の作品の紹介と併せて「最後の晩餐」を2倍楽しむ旅をご提案します!

この記事の目次表示

イタリアのおすすめツアー
【羽田夜発/エミレーツ航空利用】 水の都ベネチア&永遠の都ローマ周遊 ~フリープランで自由に楽しむ!~ 7日間
86,800円~305,800円
【羽田夜発/エミレーツ航空利用】 水の都ベネチア&永遠の都ローマ周遊 ~フリープランで自由に楽しむ!~ 7日間
86,800円~305,800円
◆ご料金重視のホテルでおトクにステイ!◆ イタリアの定番3都市《ベネチア&フィレンツェ&ローマ》と、フランスの《パリ》の4都市周遊♪ イタリア国内では鉄道の旅も楽しめる! 8日間 【成田発/カタール航空】
111,800円~281,800円

有名な「最後の晩餐」って…?

ルネサンス期を代表する芸術家で、万能の人と称されるレオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた作品。キリスト教聖書の中の一場面、イエス・キリストが、「この中の一人が私を裏切る」と予言しているところを描いたとされています。

イエスを裏切ったのは、「イスカリオテのユダ」と言われていて、この絵の中では左から4番目に顔が位置する少しのけぞった人物がユダだとされています。

手には裏切りの対価として得た銀貨の入った袋を持っています。後から紹介する他の「最後の晩餐」でも、このユダがいろいろな表現で描かれているので、ぜひ注目して見てみてください!

  • 写真:まめこレオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」

イタリア語では「最後の晩餐」は「Cenacolo チェナーコロ」や「Ultima cena ウルティマ・チェーナ」と言います。ダ・ヴィンチの作品は「Cenacolo Vinciano チェナーコロ・ヴィンチャーノ(「ダ・ヴィンチの最後の晩餐」という意味)」と呼ばれています。

どこにあるの?

ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の食堂として使われていた建物の壁に描かれています。額縁に入った絵画ではなく、壁画(420×910cm)であり、展覧会などに貸し出すことは不可能、つまり、ここに来ないと本物を見ることができないのです!

厳重に管理されていて、15分毎に見学時間が設定されており、1回に見学できる人数は25人と決まっています。

チケットは?

入館は完全予約制です。通常2,3ヶ月前から予約開始のようですが、月によって違うので予約専用サイトで確認が必要です。このサイトから日時を選んでチケットを購入することができます。土日は人気なので早めの予約が必要です。

入館料:12ユーロ(予約料2ユーロ含む/約1,600円)
予約専用サイトはこちら

<予約開始日の過去例>
・2017年11月、12月分の予約開始日 → 2017年9月28日
・2018年1月、2月分の予約開始日 → 2017年11月7日
※サイト上ではチケットが売り切れていても、電話予約ならまだ空きがある場合もあるようです。
予約専用ダイヤル: +39 02 92800360

当日は…?

無事予約ができれば、登録したメールアドレスに確認番号が送られて来るので、当日はそれを持って予約時間の30分前に受付に行き、チケットをもらいましょう。予約時間の15分前になったら、教会に向かって左手にある入り口から入り待機します。

  • 写真:まめこサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(右)と「最後の晩餐」見学の入り口(左)、受付は入り口のさらに左の建物。

15分という限られた時間ではありますが、一つの部屋の中をじっくり見るには十分な時間かと思います。遠くから見たり近くから見たり思う存分楽しんでください!

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
イタリア / 社寺・教会 / 観光名所
住所:Piazza di Santa Maria delle Grazie, 20123 Milano地図で見る
Web:http://www.vivaticket.it/?op=cenacoloVinciano

ミラノ市内の「最後の晩餐」を巡る!

さて、ここからが「最後の晩餐」を2倍楽しむ方法です!ミラノ市内にはダ・ヴィンチ以外の「最後の晩餐」の作品もたくさんあります。この際いろんな「最後の晩餐」を見比べて見るのはいかがでしょう。

アンブロジアーナ絵画館

こちらの絵画館では、17世紀前半にミラノで活動していた画家ヴェスピーノによる、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の模写が展示されています。人物の上半身部分(テーブルより上)のみを描いていて、きれいに色も残っているので、本物よりも表情などがはっきりとしています。

  • 写真:まめこアンブロジアーナ絵画館(残念ながら内部は写真撮影禁止です)
開館日:火曜日から日曜日(月曜休館)
開館時間:10:00-18:00
入館料:15ユーロ(約2,000円)
アンブロジアーナ絵画館
イタリア / 博物館・美術館
住所:Piazza Pio XI, 2 - 20123 Milano, Italy地図で見る
Web:http://www.ambrosiana.eu/cms/pinacoteca/2-pinacote...

ブレラ絵画館

こちらのブレラ絵画館には「最後の晩餐」がなんと3点もあるんです!

  • 写真:まめこルーベンス作「最後の晩餐」

ルーベンス作の絵は、ダ・ヴィンチのものとは構図が違いますが、悪びれる様子もなくこちらを見るユダに少しドキッとさせられます。

  • 写真:まめこダニエーレ・クレスピ作「最後の晩餐」

ダニエーレ・クレスピ作のものもユダだけこちらを見ていて、手には裏切りの対価として得た銀貨を持っているようです。肉やら魚やらフルーツやら、なかなか豪華なお食事ですね。

  • 写真:まめこヴェロネーゼ作「最後の晩餐」

ヴェロネーゼ作のこちらも、どの「最後の晩餐」とも構図が違いますね。イエスがパンをあげようとしている人がユダでしょうか。

開館日:火曜日から日曜日(月曜休館)
開館時間:8:30-19:15(毎月第1木曜日は8:30-22:15)
入館料:10ユーロ(約1,330円)
ブレラ絵画館
イタリア / 博物館・美術館
住所:Via Brera, 28 20121 Milano地図で見る
Web:http://pinacotecabrera.org

サン・マウリツィオ教会

フレスコ画で埋め尽くされた内部がとても素晴らしいこちらの教会にも、奥の部屋の一番突き当たりに「最後の晩餐」が描かれています。構図はダ・ヴィンチのものと似ていますが、ユダの位置が違うようです。向かって一番右に座り、手に銀貨の袋を持っている人物がユダでしょう。

  • 写真:まめこサン・マウリツィオ教会内の「最後の晩餐」
開館日:火曜日から日曜日(月曜休館)
開館時間:9:30-19:30
入館料:無料

【関連記事】:【イタリア】無料(タダ)で楽しむミラノ!その2~美術館・博物館~

サン・マウリツィオ教会
イタリア / 社寺・教会
住所:Corso Magenta,13 milano地図で見る

ミラノ記念墓地

ミラノ記念墓地の中にあるこちらは、リキュールのカンパリで有名なカンパリ社の創業者一族のお墓です。

こちらは絵ではなく像の「最後の晩餐」。立体的なので、横からも後ろからも見ることができとても興味深いです。右から4番目の前かがみになっている人物がユダ。足元には銀貨の袋が隠されているので、ぜひ探して見てください。

  • 写真:まめこカンパリ家のお墓の「最後の晩餐」
開園日:火曜日から日曜日(月曜休園)
開館時間:8:00-18:00
入館料:無料

【関連記事】:【イタリア】無料(タダ)で楽しむミラノ!その1~意外な穴場観光スポット~

ミラノ記念墓地
イタリア / その他スポット
住所:Piazzale Cimitero Monumentale, Milano地図で見る

いろいろな「最後の晩餐」

同じ場面を描いているのに、いろいろな表現があって面白いですね。「最後の晩餐」を見にミラノへ行かれる際は、ぜひいくつか見比べて見てください。

イタリア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばイタリアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でイタリアのすべてのツアーをみる>>

イタリアの旅行予約はこちら

イタリアのパッケージツアーを探す

イタリアのホテルを探す

イタリアの航空券を探す

イタリアの現地アクティビティを探す

イタリアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとて...


【イタリア・カプリ島】陸路で行く青の洞窟!待ち時間なしで楽々!

一度は行ってみたい、カプリ島の青の洞窟。小舟の上での長い待ち時間が有名ですが、陸路で青の洞窟を目指せば、海路よりも短い待ち時間で入れます。陸路で攻める青の洞窟へ...

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

【トリノ】1日で回る北イタリアのトリノ〜見どころからお土産まで〜

イタリアの北部に位置するトリノは、冬季オリンピックが開催された地としても知られた街です。イタリアの中でも比較的裕福な地域で治安も良い方だと言われていて、実際に訪...

1位はサント・シャペル教会!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2019年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2019年5月の1位はトリップノートトラベラーyuRi...

この記事を書いたトラベルライター

好奇心旺盛!
好奇心旺盛で、日々新しい体験を求めて街を歩き回っています。なぜか子どもの頃から自分の前世はイタリア人だと思っていて、1年間のイタリア留学後帰国。見ることも、食べることも、体験することも大好きです。

【トリノ】1日で回る北イタリアのトリノ〜見どころからお土産まで〜

イタリアの北部に位置するトリノは、冬季オリンピックが開催された地としても知られた街です。イタリアの中でも比較的裕福な地域で治安も良い方だと言われていて、実際に訪...


【イタリア】北イタリアの可愛い街ベルガモを1日で楽しむ!

ミラノから電車で約1時間の距離にある、ベルガモ。丘の上に立つ旧市街地チッタ・アルタ(高い街)とその麓に整備された市街地チッタ・バッサ(低い街)の二つの街からでき...

【フィレンツェ】豪華絢爛!ピッティ宮殿とボーボリ庭園

フィレンツェといえば、ドゥオモやウフィッツィ美術館等々見るべきものにあふれていますが、中心部を離れ、アルノ川を渡った先にも素敵な場所があるのです。豪華絢爛なピッ...

【イタリア】無料(タダ)で楽しむミラノ!その2~美術館・博物館~

ファッションの街ミラノ。服やかばん、アクセサリーなどお気に入りをたくさん見つけて買い物をしていたら、いつの間にかお金が…。そんな時でも大丈夫!!ミラノには無料(...

【イタリア】無料(タダ)で楽しむミラノ!その1~意外な穴場観光スポット~

ドゥオモやレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、スカラ座などミラノへ行ったら見るべきものはたくさんありますが、観光地には出費がつきもの…。いえいえ!無料で入...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?