野球観戦と一緒に遊びに行こう!東京ドームシティ5つの楽しみ方

271

view
   2017年3月19日更新

東京のど真ん中に位置する「東京ドームシティ」。東京駅から地下鉄で約10分とアクセスしやすく、東京ドームで野球観戦を楽しんだり、スパ・ラクーアの温泉に入って癒されたりできるなど、老若男女を問わず楽しめます!今回は、東京ドームシティの楽しみ方を5つご紹介。また東京ドームシティから徒歩で行ける、おすすめスポットもお見逃しなく!

【1】まずは「東京ドーム」で野球の魅力を堪能する!

  • 東京ドーム

日本初のドーム球場として1988年に開業。プロ野球チーム・読売ジャイアンツの本拠地、日本ハムファイターズの準本拠地で、3月から10月にかけてプロ野球の試合が行われるほか、音楽のコンサートやふるさと祭りなど、数多くのイベントも行われます。

  • 東京ドームのスタジアム風景

ドーム内の外野スタンドには、読売ジャイアンツで永久欠番に選ばれた選手を称える、ユニフォーム型プレートが設置されています。長嶋茂雄や王貞治、川上哲治などジャイアンツで活躍した選手の背番号にぜひ注目してみて。

東京ドーム

東京 / アウトドア・スポーツ

 

住所:東京都文京区後楽1-3-61

電話:03-5800-9999(東京ドームシティわくわくダイヤル)

Web:https://www.tokyo-dome.co.jp/dome/

日本野球の歴史を学べる博物館

  • 野球殿堂博物館

東京ドームでは野球観戦だけでなく、日本の野球の歴史も学べます。「野球殿堂博物館」では、日本のプロ野球の歴史から高校野球、アマチュア野球までの魅力を紹介しており、日本を代表する選手のユニフォームからサインボール、WBCの優勝トロフィーなどが展示されています。

  • 野球殿堂の展示室

最大の見どころは、野球界の功労者を選出した「野球殿堂」のコーナー。王貞治や長嶋茂雄など、プロ野球で活躍した選手の肖像レリーフが展示されており、功績を紹介しています。野球観戦の前後にぜひ訪れてみては?

野球殿堂博物館

東京 / 博物館・美術館

 

住所:東京都文京区後楽1−3−61

電話:03-3811-3600

Web:http://www.baseball-museum.or.jp/

【2】「東京ドームシティアトラクションズ」でアトラクションを楽しむ!

  • 東京ドームシティアトラクションズ

東京ドームから歩いてすぐのところにある遊園地。アトラクションは、ほのぼのとしたものからスリル系まで6つのエリアに約25種類あります。野球観戦や仕事帰りに気軽に立ち寄れるので、ぜひ遊びに行きましょう♪

  • ビッグ・オー

数あるアトラクションの中で人気アトラクションのひとつが「ビッグ・オー」。世界初の“軸のない”観覧車で、地上80mから都会の景色を眺められます。ゴンドラ内にはタブレットが設置されており、東京ドームシティについてのガイドも楽しめます。1周約15分の空中散歩を堪能してみて。

  • スカイフラワー

さらにおすすめのアトラクションが「スカイフラワー」。地上60mの間で上昇・降下をくり返すパラシュート付きの立ち乗りゴンドラに乗って、都心の風景を楽しめます。夜になると、ライトアップした街並みも眺められるので、カップルのデートにおすすめですよ♪

東京ドームシティ アトラクションズ

東京 / テーマパーク・レジャー

 

住所:東京都文京区後楽1丁目3−61

電話:03-3817-6001

Web:http://at-raku.com/

【3】天然温泉が自慢の「スパ・ラクーア」で癒される!

  • スパ ラクーアのエントランス

「スパ・ラクーア」は大人の女性をターゲットにした温泉スパ。地下1,700mから届く天然温泉を楽しめる露天風呂をはじめ、内湯には塩サウナやミストサウナなどがあります。ハワイのロミロミやボディケアなど14種類のトリートメントも受けられるので、ストレス発散をしたい方はぜひ受けてみましょう。

  • スパ ラクーアのラウンジカフェ

お風呂に入った後は、5階のビューラウンジでひと休みしましょう。東京ドームやアトラクションを眺めながらくつろげます。またリラックスラウンジでテレビを見たり、雑誌を読んだりもできるので、あわせて利用してみて。南国リゾート気分を楽しめるサウナエリア「ヒーリング・バーデ」もおすすめです。

スパ・ラクーア

東京 / 健康ランド・スーパー銭湯

 

住所:東京都文京区春日1−1−1 ラクーア ビル6F

電話:03-3817-4173

Web:http://www.laqua.jp/spa

【4】「宇宙ミュージアム TeNQ」で宇宙の世界を楽しむ!

  • TeNQのエントランス

“宇宙”をテーマにした「宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)」。エントランスには宇宙に関する書籍や模型などが展示されてます。

最初は「はじまりの部屋」で約5分間のプロジェクションマッピングを、直径11mの穴が空いたシアター空間「シアター宙(そら)」で約10分間、地球や惑星などの映像を見ます。

なお、入館は日時指定制。15分毎の入館時間から希望の時間を選びましょう。事前予約をした方が優先となり、混雑時は希望に沿えない場合があるのでご注意を。

  • 火星を再現した展示コーナー

2つの映像を見た後は、太陽系探査を体験するコーナーへ。探査機の視点で惑星の様子や、地球に最も近い惑星・火星の風景を見学し、太陽系惑星について学びます。

  • TeNQのアストロボール

また遊びや映像を通して学べるエリア「イマジネーション」では、宇宙を身近に感じることができます。宇宙にまつわる自分のタイプを診断する「宇宙自分診断」や、ロボット操作を体験できる「アストロボール」など、楽しいアトラクションも。ご家族やカップルでぜひ試してみましょう♪

宇宙ミュージアムTeNQ

東京 / 博物館・美術館

 

住所:東京都文京区後楽1丁目3−61 東京ドームシティ 黄色いビル

電話:03-3814-0109

Web:http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/

【5】東京ドームシティ内で絶品グルメを堪能する!

ミシュランで星の獲得経験のあるシェフが手掛けたラーメン店

  • 熟塩らぁ麺

東京ドームシティ内では、絶品グルメを堪能できるお店があります。そのひとつがラーメン店「もりずみキッチン」。ミシュランで星の獲得経験のあるシェフ・森住康二氏がプロデュースしており、コクのある醤油ラーメンを味わえます。

人気の「熟塩らぁ麺」は、日本の伝統的な発酵調味料・塩麹の旨みを活かしたラーメン。細麺とチャーシュー、そして塩麹のスープとの相性は抜群です。野球観戦や遊園地で遊んだ前後に立ち寄ってみて。

もりずみキッチン

東京 / ラーメン

 

住所:東京都文京区春日1-1-1 ラクーアビル2階

電話:03-5840-7065

Web:http://www.cafecompany.co.jp/brands/morizumi/

高級ラクレットチーズがかかったホットドッグのお店

  • ラクレットチーズドッグ

ラクーアビル2階にある「PARK STREET CAFE(パーク ストリート カフェ)」。人気の「ラクレットチーズドッグ」は、本場スイスのラクレットチーズを贅沢にかけた料理です。提供時、とろっとしたラクレットチーズがホットドッグにかけられる、その瞬間を見逃さないで。

パーク ストリート カフェ

東京 / カフェ・喫茶店 / パン・サンドイッチ

 

住所:東京都文京区春日1-1-1 ラクーアビル2階

電話:03-5800-2755

Web:http://www.tricolore.co.jp/parkstreet/index.html

東京ドームシティとあわせて行ってみたい!おすすめスポット

ここからは東京ドームシティから徒歩で行ける、おすすめのスポットを2か所ご紹介します。

水戸黄門ゆかりの日本庭園「小石川後楽園」

  • 小石川後楽園・大泉水

東京ドームシティから歩いて8分のところにある「小石川後楽園」。江戸時代初期、水戸藩初代藩主・徳川頼房が造り、水戸黄門で知られる二代藩主・徳川光圀の時に完成させた日本庭園です。

庭園の中心は、出入口から少し歩いたところにある「大泉水(だいせんすい)」。滋賀県の蓬莱島と竹生島を配し、琵琶湖に見立てて造られました。昔はこの池で舟遊びをしたといわれています。

  • 小石川後楽園に咲く梅の花

大泉水から少し歩くと、花菖蒲田や梅林があり、春は梅やツバキ、夏はハナショウブ、秋はモミジが園内を彩ります。毎年3月下旬になると、推定樹齢約60年の枝垂桜が咲くので、あわせて花見も楽しみましょう。

小石川後楽園

東京 / 公園・動植物園

 

住所:東京都文京区後楽1−6−6

電話:03-3811-3015

Web:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030....

東京の眺望を楽しめる「文京シビックセンター 展望ラウンジ」

  • 文京シビックセンターの展望台

東京ドームシティから歩いてすぐのところにある「文京シビックセンター」。この建物の25階は展望ラウンジとなっており、無料で入ることができます。

展望ラウンジからは東京スカイツリーや新宿の高層ビル群、天気が良ければ富士山や筑波山を眺めることができます。東京ドームシティの散策でひと休みしたい方はぜひ立ち寄ってみて。

住所:東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター25階

電話:03-5803-1162(文京区施設管理課)

Web:http://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/osusume/l...

おわりに

いかがでしたか?東京ドームシティは野球観戦だけでなく、遊園地やリラクゼーション施設もあり、老若男女を問わず楽しめるスポットがあります。東京観光や野球観戦に訪れた際は、ぜひ訪れてみてください♪

東京ドームシティ

東京 / テーマパーク・レジャー

 

住所:東京都文京区後楽1丁目3−61

電話:03-5800-9999

Web:https://www.tokyo-dome.co.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!

はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/satohawk/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!