その他

世界のカラフルな街並み23選!インスタ映え間違いなしのフォトジェニックな街を歩こう

取材・写真・文:

2019年5月27日更新

28,030view

お気に入り

この記事の目次表示

17.トリニダー(キューバ)

サトウキビのプランテーションによって、作物と奴隷売買の中心地になった街「トリニダー」。スペインの植民地時代の影響を色濃く残し、ここだけ時が止まってしまったかのような街並みが広がります。隣のロス・インヘニオス渓谷とともに1988年に世界遺産に登録されました。

丸い石が敷き詰められた石畳や、心躍るパステルカラーの家々はどこか素朴。この古き良きコロニアル様式の街並みは、訪れる多くの観光客を惹きつけます。キューバの首都「ハバナ」からはタクシーで4時間、そのほか長距離バスやツアーでも訪れることができるので、キューバ観光の際にはぜひ足を運びたい。

トリニダー
キューバ / 町・ストリート
住所:Trinidad,Cuba地図で見る

18.タリン旧市街(エストニア)

  • エストニアのタリン

IT大国と言われるエストニア。首都のタリンは、その旧市街が世界遺産に登録されています。バルト三国は日本人にはあまりなじみのない旅行先ですが、ここタリン旧市街はまるで童話の世界のような街並みで、ヨーロッパの密かな人気観光地です。

城壁に囲まれたこの町はとても小さく、歩いて十分にまわれる広さ。しかしながら14~15世紀の街並みが色褪せることなく息づいており、城壁の門をくぐると、そこは別世界。中世の美しい建物や教会、遊び心満載の看板、民族衣裳を着た売り子さんと、まるでテーマパークのように賑やかです。

タリンへはヘルシンキからフェリーで約1時間半と日帰りできる距離なので、バルト三国にはなじみがなくとも、北欧フィンランドを訪れたついでにでも訪れてみてはいかがでしょうか。

タリン旧市街
エストニア / 町・ストリート / 観光名所
住所:City Center, Tallinn, Estonia地図で見る

19.ニューハウン(デンマーク)

  • デンマーク・コペンハーゲンのニューハウン

ニューハウンは、デンマークの首都コペンハーゲンにある港町。コペンハーゲンで最も賑わいを見せ、観光地として人気のこの町は、あのアンデルセンが愛した場所。今でもアンデルセンが暮らしていた赤い家が、運河沿いに残っています。

ニューハウンと言えばやはり、運河沿いに並ぶカラフルな建物が印象的です。コペンハーゲンを象徴するこの景観は、ガイドブックや絵はがきで目にしたことがある方も多いかもしれませんね。現在は港町としての機能はほとんど果たしていませんが、お洒落なカフェやレストラン、ショップが並び、街歩きが楽しい場所になっています。

ニューハウン
デンマーク / 町・ストリート
住所:Nyhavn地図で見る

20.カルタヘナ(コロンビア)

  • コロンビアのカルタヘナ

カリブ海に面する港町カルタヘナは、コロンビア随一の観光地。「カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群」として、1984年に世界遺産に登録されました。城壁に囲まれた旧市街には、大聖堂などの観光名所はもちろんのこと、お洒落なレストランや、石畳の小道、コロニアルな建物と見どころが多くあります。

町のどこを歩いても目に入るカラフルな建物たち、そして至るところに花と緑が飾られた美しい街並みに、きっとうっとりすることでしょう。さらには城壁からカリブ海に沈む美しい夕日を眺めることができ、魅力がつきません。

カルタヘナ旧市街
コロンビア / 町・ストリート / 観光名所
住所:Cartagena,Colombia地図で見る

21.ポズナン(ポーランド)

  • ポルトガルのポズナン

ポズナンはポーランドで最も古い都市のひとつ。夏至の夜に行われる「聖ヨハネ祭」で、何千個ものランタンが宙を舞う幻想的な光景を、雑誌やテレビで目にしたことがある方も多いかもしませんね。そんなポズナンの観光の中心は「旧市街広場」です。ポーランドで3番目の大きさと言われるこの広場には、カラフルで可愛らしいデザインの建物が多く並び、おとぎの国に迷い込んだよう。

ポズナン
ポーランド / 町・ストリート
住所:Poznań地図で見る

22.ザモシチ(ポーランド)

  • ポルトガルのザモシチ

世界遺産にも登録されているザモシチ旧市街は、「ルネサンスの真珠」と言われる小さな町。上からみると函館の五稜郭のように星型の要塞になっています。町の中心である大市場広場には52mの塔を持つ市庁舎がそびえ、その周辺には高さを統一したパステルカラーのカラフルな建物が並びます。これらのカラフルな建物はアルメニア商人の邸宅だったもので、美しい装飾が施されています。

ザモシチ旧市街
ポーランド / 町・ストリート
住所:Zamość地図で見る

23.ガムラスタン(スウェーデン)

  • スウェーデンのガムラスタン

世界一美しい首都といわれるストックホルム。なかでも観光名所のひとつとして人気なのがガムラスタンです。中世の香りを今に残したこの街並みは、映画「魔女の宅急便」の舞台でもあります。玉石が敷き詰められた細い路地で、建物のあいだをほうきに乗って飛ぶキキの姿が思い出されますね。

  • スウェーデンのガムラスタン

赤や黄、緑の建物が建ち並ぶのは、町の中心にある「ストールトルゲット広場」。ここは1520年に起きたストックホルムの血浴の舞台であり、多くの貴族が処刑された歴史をもちます。しかし現在は広場に面してノーベル博物館があったり、お洒落なカフェのテラスでティータイムを楽しむ人々の姿が見らたりと、町の人たちの憩いの場となっています。

ガムラスタン
スウェーデン / 町・ストリート
住所:Gamla stan,Sweden地図で見る

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年3月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


冬に行きたい暖かい国13選!12月・1月・2月の海外旅行におすすめ

寒〜い冬の日本を脱出して暖かい国へ!日本の真冬に当たる12月・1月・2月にベストシーズンを迎える、冬の海外旅行におすすめの暖かい国をご紹介します。


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2019】京都のおすすめお土産46選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

【2019】北海道で買うべきお土産53選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

2019夏休み旅行に!7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地24選

夏(7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にもぴったりな旅先がきっと見つかります!

2019秋の旅行に!9月・10月・11月の国内おすすめ旅行先・観光地49選

秋(9月・10月・11月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!3連休や週末旅行にぴったりな旅先を全国から厳選しました。紅葉名所や人気のイルミネーションスポッ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?