浅草・上野・谷根千
浅草・上野・谷根千観光
浅草寺・東京スカイツリー・上野恩賜公園が集まる下町エリア

【東京】日本最大級の変態イベント「デパートメントH」の詳細と参加方法

取材・写真・文:

訪問エリア:13都道府県

2023年8月18日更新

619,754view

お気に入り

写真:がぅちゃん

東京・鶯谷にある「東京キネマ倶楽部」で毎月開催される日本屈指のアングライベント「デパートメントH」。「変態の夜会」「デパH」「デパチ」とも呼ばれるその詳細について、参加方法や注意事項もあわせて紹介します。※この記事には暴力的・性的な表現が含まれます。

この記事の目次表示

「デパートメントH」とは

  • 写真:がぅちゃんオープニング風景

「デパートメントH」とは東京・鶯谷「東京キネマ倶楽部」で毎月第一土曜日の夜中に開催されているイベントです。「変態のイベント」「変態のデパート」「変態の夜会」「デパチ」「デパH」…などと呼ばれています。

参加者が思い思いのフェチズムをさらけ出したり、ドラァグクイーン(※)などによるパフォーマンスを鑑賞することができます。

また「デパートメントH」は日本を代表するアングラなパーティとして海外でも知名度が高まっており、最近では外国人観光客の姿も見受けられます。

※補足:ドラァグクイーンとは
ドラァグクイーンとは、主に男性が過度に女性の姿に扮するパフォーマンスやパフォーマーのことを言います。「ドラァグ」は英語で「Drag=引きずる」という意味で、ウェディングドレスのような衣装を引きずる様子がドラァグクイーンの語源と言われています。PC用語の「ドラッグ&ドロップ」のドラッグも同じ意味です。

「デパートメントH」の名前の由来

  • 出典:www.flickr.comsuper hero gay wedding X-MEN : castro, san francisco (2012) by torbakhopper

「エッチ」や「変態」の「H」と思われることもあるそうですが、実はそうではなく、マーベルコミックの作品『X-men』に登場するカナダ政府の組織「Department H」が由来だと言われています。

なお、作中の「Department H」で活躍する男性ミュータント「Northstar」は作中で同性婚をしており、これはアメリカ漫画史上初の出来事としても認知されています(写真は同性婚のシーン)。

デパートメントHの動画はこちら

デパートメントHのイベントの雰囲気は、こちらの動画がわかりやすいかと思います(3:17〜あたりから紹介が始まります)。

開催地は東京・鶯谷「東京キネマ倶楽部」

  • 写真:がぅちゃん

東京キネマ倶楽部は、東京都台東区根岸にあるイベントホールです。大正ロマンのオペラハウスを再現したとされるその館内には、独特の雰囲気が漂っています。

東京キネマ倶楽部へのアクセス方法

JR「鶯谷駅」より徒歩3分、地下鉄・東京メトロ日比谷線「入谷駅」より徒歩6分です。東京キネマ倶楽部の専用駐車場はありませんが、周辺には複数のパーキングがあります。

ちなみに「デパートメントH」に参加する場合は必然的に徹夜となるので、電車の始発で帰る方も多いかと思います。

東京キネマ倶楽部
浅草・上野・谷根千 / エンターテイメント
住所:東京都台東区根岸1丁目1-14地図で見る
電話:03-3874-7988
Web:http://www.kinema.jp/

参加方法と3つの注意事項

  • 写真:がぅちゃん開場を待つ参加者の列

デパートメントHに参加するための特別な方法は無く、イベント当日に会場に行けばそのまま参加できます。ただし、いくつか注意が必要なので以下にまとめておきます。

1. 写真付きIDは絶対に必要!

デパートメントHで唯一の制限とも言えるのが年齢制限で、20歳以下は入場不可となっています。

入場者一人一人の写真付きID(身分証明書)をしっかりチェックされるので、たとえ20歳以上だとしても忘れないようにして下さい。写真付きIDは、運転免許証やパスポートなどでOKです。

2. 入場料は当日の受付で支払う

入場料は5,000円で、受付時に支払います。フライヤー持参で4,500円になり、基本的に服装は自由ですが、奇抜な服装をして参加するとドレスコードが適用されて3,000円で入場することができます。なお、翌月のイベントのフライヤーは会場で手に入ります。

  • 出典:sushisandwich81.comフライヤー(表)
  • 写真:がぅちゃんフライヤー(裏)

3. 飲食物の持ち込みについて

デパートメントHの会場内で飲食物の販売はされていませんが、持ち込みは自由です(食べ物やお酒も)。会場内では、持参したお酒を飲んでいる人をたくさん見かけます。

ただし、会場の東京キネマ倶楽部周辺のコンビニなどでは、開場1時間前くらいから買い込みの行列ができることもあるので注意してください。

デパートメントHの開催情報まとめ
開催地:東京キネマ倶楽部
開催日:毎月・第1土曜日
開催時間:夜中12時〜朝6時頃
入場料:5,000円、4,500円(フライヤー持参)、3,000円(ドレスコード適用時)
その他:20歳以下入場不可、服装自由、男女更衣室あり、飲食物持ち込み自由

「デパートメントH」当日の様子

では実際に、イベント当日の内部の様子を紹介していきます!

入場時の様子

会場前の行列

  • 写真:がぅちゃん開場を待つ参加者の行列

デパートメントHの開催30分前頃になると、東京キネマ倶楽部の前には長い行列ができます。並んでおくと、会場内で椅子に座ってたむろするスペースを確保しやすくなります。

エントランス

入場料を払う受付付近はこのようになっています。水槽の中に女性がいて、写真撮影のスポットとなっていました。

内部の様子

  • 写真:がぅちゃん

会場内はこのように見通しの良い空間となっており、1階(ステージフロア)と2階(客席)に分かれています。

1階:ステージフロア

  • 写真:がぅちゃんロッカー
  • 写真:がぅちゃん様々な物販出展者

1階にはメインステージと、観客が囲める中央ステージの出臍(でべそ)があります。パフォーマンスを間近で鑑賞したり、音楽を楽しみやすい空間になっています。端にはロッカーや物販などもあります。

2階:客席

  • 写真:がぅちゃん

空いている席に好きに座ることができ、持参したお酒や軽食を楽しみながらくつろげます。どの席からも1階のショーが見やすく、とても居心地がいい空間です。

デパートメントHのステージパフォーマンス

寸劇のようなものから本格的なダンスなど、様々なパフォーマーによる多様なパフォーマンスを鑑賞できるのもデパートメントHの見どころです。

パフォーマンスの大体の流れは「オープニングのドラァグクイーン登場&紹介」→「各パフォーマンス」→「宣伝コーナー」→「各パフォーマンス」となっています。

デパートメントHのプログラム概要
00:00頃:会場オープン
01:30頃:オープニング
〜   :各パフォーマンス
03:00頃:告知コーナー
〜   :各パフォーマンス
(詳細はデパートメントHのホームページにて)

以下に、筆者が参加した際に印象的だったプログラムを4件ピックアップして紹介します!

1. オープニング:ドラァグクイーン登場&紹介

ドラァグクイーン登場

金色の舞台袖からマーガレットという名のドラァグクイーンのMCが登場し、ステージに降りたち、挨拶がなされます。

ドラァグクイーン紹介

  • 写真:がぅちゃん舞台袖から現れた別のドラァグクィーン

先ほどのドラァグクィーンMCによる紹介に伴い、続々と他のドラァグクイーンの方たちが登場します。メインステージから伸びる出臍を歩く様子は、ファッションショーのようにも見えます。

2. ドラァグクイーンによるパフォーマンス

  • 写真:がぅちゃんドラァグクイーンのRachel D'Amour(レイチェルダムール)によるパフォーマンス
  • 写真:がぅちゃんドラァグクイーンのRachel D'Amour(レイチェルダムール)によるパフォーマンス

音楽にあわせてダンスをしながら衣装が変わっていく(脱いでいく)という展開が多く、それぞれの表現に深い意味やメッセージを感じられるものもありました。

ドラァグクイーンというのはオカマや女装と呼ばれるものとは明らかに別種で、プロのパフォーマーなのだな…と思い知らされる内容とクオリティでした。

そういったプロによる芸術が鑑賞できることを考えれば、5,000円というデパートメントHの入場料が安く感じられるほどです。

ぜひ、ステージフロアで間近で鑑賞してみてください!

  • 出典:sushisandwich81.comドラァグクイーンのRachel D'Amour(レイチェルダムール)によるパフォーマンス

3. 女性によるパフォーマンス

セクシーなパフォーマンス

  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃん

女性によるパフォーマンスもかなりハイレベルなダンスが多く、肌の露出が非常に高かったです。

キャットファイト(Catfight) 

女性同士が服をもぎ取りながら戦うというショーで、笑い、エロ、エロ、といった内容でした。時に観客が濡れる可能性があるので、ステージとの距離には注意して鑑賞してください。

4. 告知コーナー

  • 写真:がぅちゃん地下アイドル(中央)による宣伝
  • 写真:がぅちゃん外国人ドラァグクイーン(中央)による宣伝
  • 写真:がぅちゃんSM同好会による宣伝

様々な団体が各々の活動を告知・宣伝できる時間です。お店、イベント、映画など、宣伝したいものがある人はステージに上がってきてOKという感じでした。

団体の活動風景をデモンストレーション(パフォーマンス)したりするのですが、それが印象的で、意外にも見どころのあるコーナーでした。

SM同好会のデモンストレーション

  • 写真:がぅちゃん

とあるSM同好会の活動紹介ということで、男性の股間を女性が蹴るというパフォーマンスを発表していました。

ちなみに、蹴られている方は、AbemaTVの『日村がゆく』でも紹介された「全日本金蹴り選手権」第1回優勝&2連覇された「金蹴られ侍シンジ」という方です。カウンターで蹴られた回数を数えており、2017年は1万1発蹴られたそうです。

ふざけているようで実は全然お遊びじゃないのが、デパートメントHの面白いところです。

一般参加者も粒ぞろい

「変態」さん

  • 写真:がぅちゃん

体に「変態」「露出」と書かれており、しっかり真面目に変態されているので、見やすくて健全ですらあるように思えました。

「M男」さん

  • 写真:がぅちゃん

ステージフロアの片隅でずっと四つん這いで待機しながら、様々な人に叩かれていました。誰も嫌な顔はしていないようで、盛り上がっていました。

異性装×コスプレ

  • 写真:がぅちゃん

男性が女性にor女性が男性に装うことを「異性装」といい、いわゆる「女装」や「男装」がそれに当てはまります。デパートメントHでは、そこにアニメキャラが混合したりしていました。

この他にも、「男の娘(おとこの子)」という、性的指向は女性(女性が好きな男性)で女装する男性などもいます(ゲイ、オカマ、ニューハーフ、ドラァグクィーンとは違った性質です)。

外見で性別を判断しかねるビジュアルの方が多いのも、デパートメントH特有の雰囲気と言えます。

さいごに:「デパートメントH」の雰囲気はやさしい

都会のクラブのような「怖い」「危ない」というイメージを持つ方もいるかもしれません。しかしデパートメントHでは、それとは真逆の雰囲気を感じます。

「変態」「フェチ」と呼ばれるような比較的少数派の趣味・趣向(レザーやゴムの衣装、SMが好きなど)を持つ人たちの発表と社交の場という雰囲気で、怖いよりは愉快な空間です。

また面白いことに、アングライベントにありがちな独特のピリピリした雰囲気もありませんでした。

意外と誰でも参加しやすい

  • 写真:がぅちゃん開場を待つ参加者の列

会場では、何の変哲も無い私服の大学生のような方や、若い男女の参加者も多く見受けられました。普通の格好でも変な格好でも浮かないので、誰でも参加しやすいパーティーと言えます。

デパートメントHは、未知の世界に触れたい人にとって、恐らく入りやすく、いさかいも無い空間のように思います。来たければ勝手にどうぞという感じで、誰も何も拒絶しない雰囲気です。

ただし、年齢制限に関してだけはその限りではありません。健全にクレイジーに楽しむためにも、イベント参加時は、写真付きIDを絶対に忘れないようにしてください…!

デパートメントH
浅草・上野・谷根千 / イベント・祭り
住所:東京キネマ倶楽部地図で見る
Web:https://ameblo.jp/department-h/

浅草・上野・谷根千の旅行予約はこちら


浅草・上野・谷根千のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

浅草・上野・谷根千のホテルを探す

(浅草)

(上野)

浅草・上野・谷根千の航空券を探す

(羽田空港)

浅草・上野・谷根千の現地アクティビティを探す

浅草・上野・谷根千のレンタカーを探す

浅草・上野・谷根千の高速バスを探す

(浅草)

(上野)

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【2024】風鈴祭り&風鈴市10選!涼やかな音色で日本の夏を感じよう

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を感じられる「風鈴祭り」。全国で開催されているおすすめの風鈴祭りを、2024年の...

夜の東京観光におすすめ!夜も楽しい観光スポット16選

東京駅のライトアップが眺められるKITTEガーデンや、”江戸”をテーマにした金魚展示が見どころのすみだ水族館、渋谷駅近の夜景スポット・渋谷スカイなど、夜も楽しめ...

夏の気分を盛り上げる!全国の有名夏祭り15選

ユネスコ無形文化遺産に登録された「博多祇園山笠」や「祇園祭」、迫力と熱気あふれる「青森ねぶた祭り」、大型花火の競演が楽しめる「長岡まつり大花火大会」など、夏気分...

【2023】7月のイベント・行事49選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

7月は全国各地で花火大会が開催されるほか、風鈴まつりや納涼まつりなど、夏らしいお祭りイベントが盛んに開催される時期です。7月に行われる全国のおすすめイベントをご...

【東京&神奈川】女子旅のおすすめ観光スポット22選!旅ツウのトラベルライターが厳選

最新のおしゃれスポットやフォトジェニックなスポットを中心に、旅ツウのトラベルライターが東京&神奈川の女子旅におすすめの観光スポットをご紹介!おしゃれに女子旅を楽...

この記事を書いたトラベルライター

京都のゲイライター
京都在住のフリーライター。LGBTQのGです。イギリス、カナダ、ドイツ、イスラエル、アメリカに住んでいました。趣味は食べ歩き、海外旅行、スタンダップコメディです。
https://gauchan.xyz/bio/

遊ぶならここ!京都最大の繁華街・四条河原町の代表エリア4つ

京都で遊べる繁華街といえば四条河原町ですが、実際はどんなところか? 遊ぶところはどこなのか? 京都出身の筆者が、特に人気の代表エリア4つを紹介します。

「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ギリシャ】アテネで食べられる定番ギリシャ料理8選

ギリシャの首都・アテネで簡単に食べられるギリシャ料理を、定番のみ8品ピックアップしました。どんな料理かという説明とともに、味の特徴や食べられる場所も併せて紹介し...

メニュー&値段も紹介!大阪のルイヴィトンのカフェ【LE CAFE V】

地上7階建で国内最大級のルイヴィトン「ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋」の中にある、世界初のルイヴィトンカフェ「LE CAFE V/ル・カフェ・ヴィー」を紹介...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります