お台場・豊洲
お台場・豊洲観光
ウォーターフロントの景色が広がりカップルやファミリーにも人気

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

取材・写真・文:

東京在住

2019年1月19日更新

504,494view

お気に入り

この記事の目次表示

【チームラボ プラネッツ】実体験レポート

オンラインチケット事前購入で、スムーズに入場

筆者は2018年7月末、盛夏の最中に【チームラボ プラネッツ】を訪れました。当日はかなりの待ち時間が予想されるということで、オンラインチケットを事前購入。実際にはほとんどの方がチケットをお持ちだったようで、また入場が30分区切りの時間制なこともあり、入場待ちの列も次々に進んでいきかなりスムーズでした。チケット入手方法については、詳しく後述します。

  • 写真:かなたあきこ入場待機場所には仮設の日よけが張られ、ゲストへの心遣いが感じられます♪

入場ゲートを通過し、待機スペースに並びます。【チームラボ プラネッツ】では会場内が混み合わないように調整しており、混雑具合によっては入場前に一時的に待機することも。

  • 写真:かなたあきこ

着替えとスマホの防水対策をして、いざアート体験へ

前述したとおり、この会場では水の中に入り鑑賞する作品があります。真冬でも水温を上げて実施されるそう。季節を問わず全員もれなく裸足(!)で入らないといけない、珍しいアート空間です。

服装はショートパンツか、膝までまくり上げられるパンツスタイルがおすすめ。筆者は小学生以下の子連れだったため、子どもには水着を着用させました。無料ロッカーや着替えスペースも完備されていますよ。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

また場内は自由に撮影できますので、スマホやカメラで美しいアートを写真に残してみては?(※フラッシュは禁止)。水濡れの危険があるため、専用の防水スマホケースが一人に一個支給され、基本的にはスマホでの撮影がメインとなります。カメラを持ち込む場合は、各自で防水対策をしっかりしておきましょう。着替えをすませ、さっそく中へ!

最初の作品は「坂道の上にある光の滝」

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

ほの暗い通路を進むと、いきなり水が流れる坂道にさしかかります。暗いので状況が分からないまま、流れる水の感覚を足裏で受け止めつつ前進し、子どもたちはキャーキャー大盛り上がり!出だしから、非日常に突然放り込まれます。ちなみに濡れた脚を拭くためのタオルは、会場内に用意されていますのでご安心を。

無重力を味わう!?ブラックホール

次の空間は、歩こうとすると足が沈み込みます。空間自体が、人々の身体の重さに影響を受け変化していき、なかなか前に進むことができません・・・。ここは焦らず、無重力状態を楽しむ感覚で楽しみましょう。

「チームラボ」の代表作 “The Infinite Crystal Universe”

光の立体物の集合体によって表現された宇宙空間が、全方位に無限に広がるインタラクティブな作品 “The Infinite Crystal Universe”。CMなどで目にしたことがある方も多いのでは?

  • 写真:かなたあきこ

全方位に無限に広がる空間は、見上げると永遠に先へ続いていくかのような、不思議な感覚に落ち入ります。幻想的な音楽も、この世界観を構成する大切なファクター。ぜひじっくり時間をかけて、存分に味わってみてください。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

事前に専用アプリをスマホにダウンロードしておけば、アプリと連動したユニークなアート体験ができますよ。スマホ画面に表示された宇宙の構成要素をスワイプすると・・・?この後はご自身でぜひ試してみてください♪

色とりどりのきらめく鯉が泳ぐ!

次はまた水の中へ。膝下までたっぷりと水がたたえられた空間は、色とりどりの光と映像がきらめき眩いばかり。足のすぐそばをバーチャル映像の「鯉」が泳ぎ、捕まえようとする子どもたちの歓声が上がります。ひんやりとした水の感覚が心地よく、美しい魚影をいつまでも眺めていられそうです。

  • 写真:かなたあきこ

次々と現れる幻想的な世界、全身と五感でアートを感じ取って

次に「冷たい生命」を鑑賞。こちらはチームラボが設立以来取り組んでいる、空間に書く書「空書」の作品です。続いて、光り輝く球体の作品「意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 - 自由浮遊、平面化する3色と曖昧な9色」へと進みます。球体にふれると、まるでその刺激に反応したかのように音と色を変えてゆき、見飽きることがありません。ついついあちこち触りたくなり・・・。大人も子どもも、同じテンションではしゃいでしまいます!

ラストの作品は“Floating in the Falling Universe of Flowers”。プラネタリウムのようなドームの中で、一年を通して咲く花々が、時間と共に刻々と変化し続ける幻想的な空間で、全方位から包み込まれているような“没入感”を味わえます。ぜひ床に寝転んで、全身と五感を使ってアートを堪能してみてください。また、こちらの作品もアプリとの連動が楽しめます。

次のページを読む

お台場・豊洲の旅行予約はこちら

お台場・豊洲のパッケージツアーを探す

お台場・豊洲のホテルを探す

お台場・豊洲の航空券を探す

(羽田空港)

お台場・豊洲の現地アクティビティを探す

お台場・豊洲のレンタカーを探す

お台場・豊洲の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2019・雨の東京観光におすすめ!雨の日でも楽しめる観光スポット58選

東京には雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさん!最新のアートスポットやショッピングスポットに、美術館・博物館・レジャースポットなど、雨を気にせず楽しめるおすす...

チケット完売の大盛況!森ビル×チームラボのデジタルアートミュージアム【東京・お台場】

2018年6月、東京・お台場パレットタウンにオープンしたデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSO...


2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

東京のおすすめプール29選!割引チケット&クーポン情報付き

公営の屋内・屋外プールから、レジャー施設の大型プール、高級ホテルのラグジュアリーなナイトプールまで、東京にあるおすすめのプールをご紹介!割引チケットやクーポン情...


五感で楽しむ!香取慎吾 日本初個展「Boum! Boum! Boum!」へ!

「サントリー オールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展」が、IHIステージアラウンド東京・豊...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  トラベルライターアワード 2018年上半期
◆◆◆  「国内記事部門 アクセストップ賞」受賞しました!
◆◆    https://tripnote.jp/minna/award/2018/1
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...

【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...


【豊洲市場】見学者コース・飲食店・マグロのせりetc見どころ最新ガイド!

2018年10月11日にオープンした【豊洲市場】。築地市場に代わり、新しい東京の中央卸売市場となる「豊洲市場」をいち早く体験♪充実した見学者コースや飲食施設、屋...

チーズ食べ放題ランチが人気!「グッドスプーンみなとみらい店」

横浜みなとみらいにあるチーズ専門レストラン【good spoon(グッドスプーン)】。2018年3月のオープン以来、なかなか予約が取れない人気ぶり!今回は、でき...


【那覇】3時間半で回れる!「国際通り」半日観光プラン

沖縄観光の最終日、午後のフライトを選択した場合は半日どうやって過ごそう?と悩む方も多いのでは。そんな時は那覇市のメインストリート、「国際通り」周辺で半日のプチ観...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?