イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

イタリアで何食べる?各都市で食べ逃せない代表料理

取材・写真・文:

東京在住

2019年2月15日更新

27,484view

お気に入り

この記事の目次表示

ヴェネツィア

水の都ヴェネツィア、アドリア海に面したこの街では、伝統料理もやはり魚介類がメインです。

ヴェネツィア
イタリア / 町・ストリート
住所:Venezia,Italy地図で見る

セーぺ・コル・ネーロ/sepe col nero

ヴェネチア料理でインパクトのあるものといえばセーぺ・コル・ネーロ(イカのイカ墨和え)ではないでしょうか。お皿の中全て真っ黒で、一瞬躊躇してしまう見た目ですが、味はとても美味しいです。イカスミのパスタも同じくおすすめです!

  • 写真:まめこイカスミのスパゲッティ

ポレンタ・エ・スキーエ/polenta e schie

ポレンタ・エ・スキーエは、とうもろこしの粉を煮たポレンタに揚げた小エビを添えたもので、トウモロコシの黄色と小エビのピンクの組み合わせがとても可愛い一皿です。またポレンタは、北イタリアでは主食としてもよく食べられるものです。

ティラミス/tiramisu

ティラミスは、説明不要なほど日本でも知られたデザートですが、元々はここヴェネツィアのあるヴェネト州などの北イタリアが発祥のスイーツとなっています。

ナポリ

南イタリアにある陽気な街ナポリ。山も海もあり、「ナポリを見てから死ね」と言われるくらい美しい街です。北イタリアのような洗練されたイメージではないですが、その分エネルギッシュな街の熱気をひしひしと肌で感じることができます。また食文化に関しても、イタリアの北部や中部とは違った雰囲気を感じます。

ナポリ
イタリア / 町・ストリート
住所:Napoli,Italy地図で見る

ナポリピッツァ/pizza

ナポリといえばピッツァ、そう!ピザじゃなくピッツァ!

なんとなくピッツァと発音するだけで本場感がでますね(笑)。まずは、トマトソースにモッツァレラチーズとバジルだけのシンプルなマルゲリータをどうぞ。

  • 写真:まめこピッツァ・マルゲリータ

ババ/baba’

ナポリにはナポリ発祥のお菓子もいろいろありますが、リキュール入りのシロップにたっぷり漬けられたケーキ、ババ(後ろのバを強く発音します)は大人の味で癖になる美味しさです。

  • 写真:まめこババ

カッフェ/caffe’

最後に、ナポリに行ったら忘れてはならないのがカッフェ(エスプレッソコーヒー)です。エスプレッソはイタリアのどこで飲んでも美味しいのですが、ナポリのエスプレッソはイタリア人にとっても格別のようです。イタリアでは、「カッフェ」と注文するとエスプレッソがでてきます。ちなみに日本でもおなじみのKIMBOコーヒーはナポリのブランドです。

その他の都市

トリノ

イタリア北部に位置する、ピエモンテ州トリノ。

トリノと言えば、チョコレートが有名です。台形型をしたヘーゼルナッツのペーストが入ったジャンドゥイオッティ/gianduiotti(ジャンドゥイオットとも)は、ここトリノで生まれました。イタリアではチョコレートの街としても知られているトリノを訪れたら、ぜひチョコを食べてみてください!

  • 写真:まめこジャンデュイオッティ
トリノ
イタリア / 町・ストリート
住所:Turin,Italy地図で見る

ジェノヴァ

イタリア北西部の地中海に面した港町ジェノヴァ。この街では、やはり街の名前がそのままついたジェノベーゼ/genoveseが代表的な料理です。バジルと松の実、オリーブオイル、チーズなどを混ぜてペースト状にしたソースで、パスタに和えてもパンに塗っても美味しいです。

  • 写真:まめこジェノベーゼのパスタ(左下)
ジェノヴァ
イタリア / 町・ストリート
住所:Genova,Italy地図で見る

ボローニャ

食道楽さんにとっては、ここボローニャも外せない街の一つ。イタリア国内でも、美食の街として知られています。そしてまず食べるべきは、やはりその街の名前がついたラグー・アッラ・ボロニェーゼ/ragu’ alla bolognese。ボロネーゼは日本でもおなじみのパスタですね。ひき肉と野菜を煮込んで作ったミートソースのようなもので、タリアテッレと呼ばれる平たいパスタにかけて食べるのが一般的です。

  • 写真:まめこラグー・アッラ・ボロニェーぜ
  • 写真:まめこラザーニャ

また、平たい板状のパスタとボロネーゼソースを交互に重ねたラザーニャ/lasagnaも絶品ですよ。

ボローニャ
イタリア / 町・ストリート
住所:Bologna, Italy地図で見る

シチリア

イタリアの南の島シチリア、温暖な気候で独特の雰囲気を醸し出すこちらの地方では、やはり食べ物も他の地域とは少し違ったものが見られます。

ライスコロッケのようなアランチーノ/arancino(シチリア方言ではアランチーナとも)は、大きさも手頃で小腹が空いた時にでも食べたい一品です。

  • 写真:まめこアランチーノ
  • 写真:まめこカンノーロ(ピスタチオとオレンジのクリーム)

そしてシチリアのお菓子といえばカンノーロ/cannolo。筒状のクッキー生地のようなものの中にリコッタチーズなどのクリームがぎゅうぎゅうに入ったもので、一口食べれば体中に幸せが広がります。

シチリア島
イタリア / 町・ストリート
住所:Sicily地図で見る

まとめ

何を食べても美味しいイタリアですが、地域ごとに育まれてきた伝統食はやはりその土地で食べるのが一番のような気がします。地域ごとに特色のあるイタリア料理をぜひ食べてみてください。

次のページを読む

イタリアの旅行予約はこちら


イタリアのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

イタリアのホテルを探す

イタリアの航空券を探す

イタリアの現地アクティビティを探す

イタリアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


今、隠れた魅力に溢れた南イタリアのプーリアを訪れるべき5つの理由

プーリアはブーツのかたちをしたイタリアのかかとの部分にある州です。同じ南イタリアでもつま先の部分のナポリ辺りに訪れる人は多いですが、プーリアはあまり知られていま...


【フィレンツェ】絶対食べておきたい郷土料理5選とおすすめレストラン

「イタリア料理」と一口に言っても、地域それぞれに大きな特色の料理があるイタリア。ルネサンスの中心の人気観光都市フィレンツェでも、絶対食べておきたい郷土料理があり...

南イタリア・ナポリの名物スイーツご紹介!絶対食べたいローカルグルメ

「イタリアは南に行くほど、食事が安く、美味しくなる」といわれます。ナポリもその例にもれず、美味しいグルメが盛り沢山。ポンペイ遺跡やカプリ島の青の洞窟に行く際にナ...

行かなきゃ損!食べなきゃ損!なシチリア島の絶景&絶品グルメ

地中海最大の島、イタリア・シチリア島。島の東側にあるカターニア空港から車で約1時間半、セレブの観光地として有名なタオルミーナとそこから北へ5kmの距離にある小さ...

【イタリア】地元民に聞いた、オルヴィエートのおすすめレストラン

イタリア中部ウンブリア州にある街「オルヴィエート」。たくさんのレストランがあるので、どこで食べたらいいか迷っちゃいますよね。ということで今回は、オルヴィエートで...

この記事を書いたトラベルライター

好奇心旺盛!
好奇心旺盛で、日々新しい体験を求めて街を歩き回っています。なぜか子どもの頃から自分の前世はイタリア人だと思っていて、1年間のイタリア留学後帰国。見ることも、食べることも、体験することも大好きです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を2倍楽しむ!【ミラノ】

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」と言えば、世界でも有名な絵画の一つではないでしょうか。みなさんも歴史や美術の授業、またはテレビなどで一度は見たことがある...


【フィレンツェ】ダビデ像と巡るフィレンツェの街

フィレンツェのシンボルといえば、そう!あのルネサンスの巨匠ミケランジェロの作品ダビデ像です。実はフィレンツェ市内にはこのダビデ像を見られる場所が3ヶ所あります。...


【トリノ】1日で回る北イタリアのトリノ〜見どころからお土産まで〜

イタリアの北部に位置するトリノは、冬季オリンピックが開催された地としても知られた街です。イタリアの中でも比較的裕福な地域で治安も良い方だと言われていて、実際に訪...

【イタリア】北イタリアの可愛い街ベルガモを1日で楽しむ!

ミラノから電車で約1時間の距離にある、ベルガモ。丘の上に立つ旧市街地チッタ・アルタ(高い街)とその麓に整備された市街地チッタ・バッサ(低い街)の二つの街からでき...

【フィレンツェ】豪華絢爛!ピッティ宮殿とボーボリ庭園

フィレンツェといえば、ドゥオモやウフィッツィ美術館等々見るべきものにあふれていますが、中心部を離れ、アルノ川を渡った先にも素敵な場所があるのです。豪華絢爛なピッ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります