東京駅・丸の内・日本橋
東京駅・丸の内・日本橋観光
赤レンガが美しい東京駅を中心に商業施設が充実

【東京・日本橋】金魚と光と芸術の世界へ!アートアクアリウムを楽しもう!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:26都道府県

2018年7月27日更新

1,373view

お気に入り

写真:あやか

東京・日本橋エリアで夏に開催される大人気イベント「アートアクアリウム」をご存知でしょうか。「アートアクアリウム」とは、金魚と光と芸術がコラボレーションした期間限定のアートイベントです。今回は「アートアクアリウム」の見どころとあわせて楽しめる、日本橋エリアのグルメやアクティビティをたっぷりとご紹介します。

この記事の目次表示

アートアクアリウムってどんなイベント?

日本橋といえば、江戸時代から変わらない商業の中心地です。日本橋で花開いた江戸文化は、様々な日本の芸術や風習を育ててきました。江戸時代、夏に風鈴の音を聞いたり、水の中を泳ぐ金魚を見たりして、涼しさを感じる工夫をしてきたと言われています。

そんな夏の風習のひとつである、金魚観賞がアートとなって現代に蘇ったのがアートアクアリウムです。

  • 写真:あやか約3,000匹の金魚が舞い泳ぐ「超・花魁」

2018年のアートアクアリウムは、「江戸・金魚の涼」がテーマ。金魚や錦鯉などの鑑賞魚が泳ぐ、和をモチーフにした水槽を、照明や映像、音楽や香りなどの最新技術を駆使し、鮮やかに彩ります。2017年までに累計835万人を動員した、夏の大人気アートイベントとなっています。

アートアクアリウムの見どころ

江戸時代の伝説を実現!見上げる金魚の芸術画「天井金魚」

アートアクアリウムのアーティストである木村英智氏が、構想5年の歳月をかけて実現した作品が天井金魚です。

  • 写真:あやか天井金魚

かつて江戸時代の豪商は、ガラスの水槽を天井に作り、金魚を見上げて観賞していたという言い伝えがあります。それを実現したのが天井金魚なのです。格子状の水槽の中を金魚たちが泳ぐ様子は、歴史的な建物の天井画のような雰囲気です。

錦鯉が泳ぐ「アースアクアリウム・ジャポニズム」

2018年のアートアクアリウムは、金魚に加えて錦鯉も目玉のひとつ。錦鯉は新潟県の山古志が発祥で、その美しさが外国人にも人気の観賞魚なのです。

アースアクアリウム・ジャポニズムは、水の惑星・地球をイメージした作品で、直径1.5mの巨大な水槽の中を、20匹以上の錦鯉が自由に泳ぎ回っています。

  • 写真:あやかアースアクアリウム・ジャポニズム

表面には水が流れ、この球体自体も回転しています。中には、最高級品種の1匹何千万円もする錦鯉も泳いでいるんだとか…。

金魚彫りが施された日本刀とアートのコラボレーション!

800年の伝統を現代に受け継ぐ、奈良県指定無形文化財の月山貞利(がっさんさだとし)氏が特別にあつらえた金魚の彫り物が施されている日本刀「翔英美天命(しょうえいびてんめい)」が展示されています。

  • 写真:あやか月山作の日本刀

背景にはタコ、エビ、ヒトデなどのモチーフが掛け軸を囲むように置かれています。これはイタリア最古の宝飾ブランド「Cuusi」で制作されたシルバーアートです。そして中央に掛け軸のように展示されているのが、デジタルアートを背景に泳ぐ金魚たち。

  • 写真:あやか床掛け金魚飾

伝統と最新技術と金魚たちのコラボレーションは必見です。

伝統工芸品と金魚のコラボレーション!

テマリリウム

日本に古くからある遊具の1つである「手毬」をイメージした球体の作品がテマリリウムです。

  • 写真:あやかテマリリウム

手毬の特徴である色とりどりの可愛らしい模様を、伝統工芸である伊賀組紐と、中を泳ぐ生きた金魚で表現した作品です。

キリコリウム

江戸時代から伝わる伝統工芸である、江戸切子の技法を用いた作品です。

  • 写真:あやかキリコリウム

江戸切子の特徴であるカットガラス工法の良さを生かして制作されており、上から見ても横から見ても金魚が美しく見えます。

  • 写真:あやかキリコリウム

幅約5.4mのデジタルアート屏風に金魚のシルエットが浮かぶ「大政奉還金魚大屏風」

「ビョウブリウム」という屏風をモチーフにしたアクアリウムに、日本の美術史の移り変わりを表現した動く屏風絵をプロジェクションマッピングで投射し、その中を金魚が優雅に泳いでいる作品が大政奉還金魚大屏風です。

  • 写真:あやか大政奉還金魚大屏風

映像は、大政奉還の時期とその前後の時代など、3つの時代をテーマに創られており、大政奉還がもたらした日本の芸術への影響を表現しています。幅約5.4mにもおよぶ18連屏風の大型作品です。

錦鯉が宙を浮いているかのような「フローティングリウム」

新潟県長岡市山古志から取り寄せた最高級品種の錦鯉が、直径1.5mの円筒形の水盤の中を優雅に泳いでいる作品がフローティングリウムです。

  • 写真:あやかフローティングリウム

まるで錦鯉が宙を浮いているかのような見え方を楽しむことができます。

次のページを読む

東京駅・丸の内・日本橋の旅行予約はこちら

東京駅・丸の内・日本橋のパッケージツアーを探す

東京駅・丸の内・日本橋のホテルを探す

東京駅・丸の内・日本橋の航空券を探す

(羽田空港)

東京駅・丸の内・日本橋の現地アクティビティを探す

東京駅・丸の内・日本橋のレンタカーを探す

東京駅・丸の内・日本橋の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【東京&神奈川】女子旅のおすすめ観光スポット22選!旅ツウのトラベルライターが厳選

最新のおしゃれスポットやフォトジェニックなスポットを中心に、旅ツウのトラベルライターが東京&神奈川の女子旅におすすめの観光スポットをご紹介!おしゃれに女子旅を楽...

東京を一人で観光!ひとり旅でも楽しめるおすすめスポット39選

東京には、一人で気ままに観光を楽しめるスポットがたくさんあります。男女問わず、ひとり旅でも気兼ねなく行ける、東京のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。


【東京】江戸の中心地・日本橋で行きたいおすすめスポット10選

江戸時代、東海道をはじめとした五街道の起点として栄えた東京・日本橋。三越本店や高島屋など、歴史のある百貨店をはじめ、パワースポット、さらに絶品グルメが味わえるお...

日本橋OLがおすすめする東京・日本橋エリアのランチ5選!

江戸時代に五街道の起点となり、日本の中心地として栄えた東京・日本橋。重要文化財に指定されている建築物が多く、観光スポットとしても人気ですが、近年では新しいオフィ...


クラシックな空間にうっとり♡Cafe1894は明治期の銀行営業室を再現したカフェ

東京駅から歩いてたったの5分!旅行者も訪れやすい場所にある、レトロな赤れんがの建物のなかに、Cafe1894があります。美術館のミュージアムカフェという位置づけ...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
学生時代は日本史を専攻。ごく普通の会社員勤務を経て、現在は「博物館や歴史に関わるお仕事」をしながら、カメラ片手に大好きな旅を続けています。

韓国や北欧の文化・歴史に興味あり。韓国語をマイペースに勉強中です。

【旅の主なキーワード】
博物館、美術館、水族館、歴史、城、アート、カフェ、海、島、温泉、絶景、自然など

【訪問エリア】
海外:韓国、フィンランド、スウェーデン、グアム
国内:26/47

取材依頼もお待ちしております!

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

金沢に行ったら絶対飲みたい!食べたい!買いたい!おすすめ10選

2015年、東京~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、ますますアクセスが便利となり、観光地として人気を集めている石川県金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など金沢市...


鎌倉女子旅で行きたいおすすめの観光スポット&グルメ7選

神奈川県の三浦半島西側の付け根に位置する鎌倉市。神社仏閣などの多くの歴史的遺産があり、海、山などの豊かな自然環境に恵まれた鎌倉は、神奈川県の定番の観光地として国...

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【グアム】フォトジェニックな旅で行くならここで決まり!おすすめスポット7選

日本から約3時間半で行けてしまう、リゾート地グアム。週末やGW、夏休み、卒業旅行などで初めての海外旅行先として選ぶ方も多いのではないでしょうか?そんな日本から近...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で東京駅・丸の内・日本橋の音声ガイドを聴く

東京駅・丸の内・日本橋の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?