東京
東京観光
世界から注目が集まるアジアを代表する大都市

ドイツ気分のアドベント♪日比谷・六本木のクリスマスマーケット

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35都道府県

2018年3月21日更新

674view

お気に入り

写真:jihen2

クリスマスが近づくと、街にはイルミネーションも増えていきます。この時期はヨーロッパ、特にドイツを中心として「クリスマスマーケット」という伝統的なお祭りが開かれます。屋台でオーナメントなどの雑貨やお菓子、グリューワイン(ホットワイン)が売られ、みんなで「アドベント(=クリスマス前の4週間)」を楽しみます。そんなドイツのクリスマスのような雰囲気を楽しめる、都内で開かれるクリスマスマーケットを紹介します。

この記事の目次表示

東京クリスマスマーケット

  • 写真:jihen2

地下鉄の日比谷駅や霞が関駅から行ける、日比谷公園。ここで毎年12月に行われる「東京クリスマスマーケット」は、ドイツの伝統に倣った本場の雰囲気が楽しめる、充実度満点の野外イベントです。

ワイン・お菓子・オーナメントに加えてドイツビールや肉料理の屋台、楽団やアーティストによるライブもあり、見どころが盛り沢山!

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

テント内のステージではノリノリのバンドやサンタクロースによるクリスマスライブが行われ、みんなでクリスマスを楽しもう!という一体感のある空間に。こういう雰囲気は欧米ならではだと思います。

テントは、屋台で買ったものの飲食スペースも兼ねているので、週末はかなり混雑します。ライブを存分に楽しむなら、ステージ近くの良い席を確保しておくのがベター。

  • 写真:jihen2

クリスマスマーケットのシンボル、「クリスマス・ピラミッド」。中には人形が並んでいて、夜はライトアップされます。ドイツではクリスマスツリーよりも歴史が深い木工民芸品で、木のあたたかみが「聖なる夜」を演出してくれます。こんなふうに本場さながらの風景があるのもこのイベントの見どころ。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

あわせて訪れたいのが、フラワーショップでおなじみの日比谷花壇。日比谷公園の敷地内にお店があり、お花はもちろん、モミの木、リース、そしてお花と一緒に特別な気分を味わうためにワインも販売しています。

2017年は12月15日から始まるので、どんな企画があるのか楽しみ!(日比谷花壇以外の写真はすべて過去開催時の様子です。)都会の真ん中で満喫するドイツのクリスマスマーケットは、寒空でも心はワクワクなおすすめスポットです。

日比谷花壇 日比谷公園店
銀座・有楽町・築地 / その他ショッピング
住所:東京都千代田区日比谷公園1-1地図で見る
電話:03-3501-8783
Web:http://www.hibiyakadan.com/?sc_sid=goli_20111
日比谷公園
銀座・有楽町・築地 / 公園 / 花畑
住所:〒100-0012 千代田区日比谷公園1-6地図で見る
電話:03-3501-6428
Web:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037....

マルシェ・ド・ノエル

  • 写真:jihen2

東京メトロや都営地下鉄の六本木駅から直結している東京ミッドタウン。館内のガレリアでは毎年「マルシェ・ド・ノエル」と題した期間限定のショップが登場します。

ノエルはドイツ語でクリスマスの意味。2017年は11月15日からスタートしており、3つのショップによるオーナメント、ポストカード、靴下などの素敵なクリスマスグッズが売られています。雑貨好きなら見ているだけでも心踊ること間違いなし!

  • 写真:jihen2

おすすめは「materi(マテリ)」という輸入雑貨のショップで、クリスマスの間だけでなく普段もずっと飾っておきたいくらいかわいいグッズもたくさん扱っています。オーナメントは1,000円未満のお手軽なものから10,000円もする本格的なものまでさまざま。

2017年はショップの顔ぶれが前回までとは少し変わり、ホーム雑貨も多くなったようです。訪れる人はみんな真剣に、でもウキウキしながら選んでいます。

  • 写真:jihen2ロンハーマンにサンタクロースが!

マルシェ・ド・ノエル以外にも、ミッドタウンでは館内のいたるところでクリスマスディスプレイが展開されています。ドイツの伝統的なマーケットを楽しむだけでなく、いわば「流行の最先端のクリスマス」も同時に満喫できるのが、ミッドタウンのクリスマスマーケットのいいところ。

テレビでよく紹介される、ガーデンテラスの巨大なイルミネーションも同じ敷地にあります。

  • 写真:jihen22015年の館内ディスプレイ。キラキラ!

流行発信地ならではの素敵なラインナップとともに楽しむクリスマスマーケット。アクセスも良いので、ぜひ一度は訪れてみてほしいスポットです。

東京ミッドタウン
六本木・麻布・赤坂 / ショッピングモール・デパート
住所:東京都港区赤坂9−7−1地図で見る
電話:03-3475-3100(東京ミッドタウン・コールセンター)
Web:http://www.tokyo-midtown.com/jp/

まとめ

日本ではクリスマスのお出かけというと、最近は特にイルミネーションがメジャーになっていますが、ヨーロッパでは伝統を大切にしているところが多くあります。都内の素敵なクリスマスマーケットでショッピングやワインを楽しんで、ドイツ流の「アドベント」を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

次のページを読む

東京の旅行予約はこちら


東京のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

東京のホテルを探す

東京の航空券を探す

東京の現地アクティビティを探す

東京のレンタカーを探す

東京の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】風鈴祭り&風鈴市10選!涼やかな音色で日本の夏を感じよう

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を感じられる「風鈴祭り」。全国で開催されているおすすめの風鈴祭りを、2024年の...


1月の国内おすすめ旅行先33選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

東京を一人で観光!ひとり旅でも楽しめるおすすめスポット39選

アートスポットや動物園、水族館に神社、おしゃれなショッピングスポットやグルメスポットまで、ひとり旅で気兼ねなく行ける、東京のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介...

11月の国内おすすめ旅行先27選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...

【2023】8月のイベント・行事82選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

8月は全国各地で花火大会が開催されるほか、ねぶた祭やよさこい祭、阿波おどりなど有名なお祭りが各地で多数開催される時期です。8月に行われる全国のおすすめイベントを...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

車なしでも見どころ攻略!淡路島めぐり完全ガイド

兵庫県と徳島県の間にある淡路島は、瀬戸内海の自然美と、その立地ならではの見どころがたくさんある場所です。車がないと巡るのは難しい…というのが一般的ですが、公共交...


かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...

【岩手】三陸の恵みもスイーツも!宮古のご当地グルメ&おみやげ4選

岩手県宮古市は県東部の三陸海岸沿いのまち。三陸といえば海産物のイメージが強いですが、具体的にどんなご当地グルメがあるかご存知でしょうか。これを食べるのを目的に行...

【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります