東京
東京観光
世界から注目が集まるアジアを代表する大都市

大人の街歩きにおすすめ!東京のおしゃれな街11選

取材・写真・文:

2024年7月9日更新

39view

お気に入り

出典:tripnote.jp

アートの街・天王洲アイルや、レトロでおしゃれな雰囲気漂う西荻窪、芸能人やモデルさんもよく訪れる代官山など、大人の街歩きにおすすめな、東京のおしゃれな街をご紹介します。

この記事の目次表示

1.天王洲アイル

東京の品川区東品川の臨海地域にある約20万㎡の人工島・天王洲アイル。街のあちこちに壁画や立体作品が展示されているアートの街で、天王洲セントラルタワー1Fの「アートホール」や、寺田倉庫が運営する「WHAT MUSEUM」など、アート鑑賞を楽しめる施設も揃っています。

またお洒落なカフェやレストラン、ショップが並ぶ、かつては倉庫街だった「ボンドストリート」も散策が楽しい人気エリア。

そんなボンドストリートでも一際目立つ、天王洲運河をのぞむ位置にある建物が「T.Y.ハーバー」です。

敷地内にある、醸造所を併設したブルワリーレストランのテラス席からは、目の前の運河を通過する船を見ながらゆっくりとした時間を過ごすことができ、まるでリゾート地に来たような気分を味わえますよ。

2.西荻窪

  • 出典:tripnote.jp入口横にはショップスペースがあります。外からの様子

”にしおぎ”の愛称で呼ばれる、吉祥寺の隣にある街「西荻窪」。JR中央線で、新宿からは13分ほどです。けっして派手な街ではありませんが、個性的な雑貨屋さんや古本屋さん、文房具店、カフェなどが点在し、レトロでおしゃれな街として密かな人気を集めています。

赤いレンガが印象的な「ひぐらし古具店」は、アンティークショップ。お洒落な照明や取っ手、ドアノブ、フレーム、引き出しなど、インテリア好きにはたまらないアイテムが並んでいます。

ぺぱむら」は、メッセージカードや便箋、ポチ袋などのペーパーアイテムを中心に扱うお店です。そして「甘いっ子」は、昭和の雰囲気あふれる老舗の甘味処。昔ながらのかき氷が人気で、白玉ぜんざいやあんみつもありますよ。

3.代官山

芸能人やモデルさんもよく訪れるお洒落なエリア「代官山」。東急東横線「代官山駅」が最寄りですが、渋谷からも歩いてアクセスできます。個性あふれるお洒落なショップやカフェが点在しているので、ブラリと歩きながら、お気に入りのお店を見つけてくださいね。

木々に囲まれた大きな一軒家の「アイビー・プレイス」は、朝は近所の人が朝食を食べに、そしてランチは代官山で働く人、夜はおしゃれな人たちが集まる人気レストラン。開放感に溢れており、まるでリゾートにいるような錯覚に陥ってしまいます。

蔦屋書店を中核にした、”森の中の図書館”がコンセプトの「「代官山T-SITE」」や、東急東横線が走っていた線路跡地に造られた商業施設「ログロード代官山」にもぜひ足を運んでみてください。

4. 神楽坂

小さな石畳の路地が風情ある花街・神楽坂。 かつては武家屋敷が多くあった大人におすすめの町で、徳川家ゆかりの寺院や神社があるほか、絶品グルメが食べられる飲食店が多いことで知られています。とくにフランス料理店が多く、通称「プチ・フランス」と呼ばれるほどです。

神楽坂駅からすぐのところにある商業施設「AKOMEYA TOKYO in la kagu」は、新潮社の書庫をリノベーションした建物。お菓子や惣菜、雑貨など、日本各地の特産品を販売しているほか、カフェも併設していて、神楽坂を訪れたらぜひ立ち寄りたいスポットです。

また神楽坂では、雰囲気ある路地をぶらりとお散歩するのもおすすめ。おしゃれなカフェやセレクトショップなども集まっているので、気ままに歩いてお気に入りの風景やお店を探してみては。

5.中目黒

東急東横線「代官山駅」のおとなりが「中目黒駅」です。駅を降りてすぐ目に入るのが、2016年にオープンした「中目黒高架下」。中目黒駅から祐天寺駅の約700mに渡る高架下に、個性的な飲食店を中心にした店舗が集まっています。

中目黒でショッピングを楽しむなら、目黒川周辺を散策しましょう。春には桜並木、冬にはイルミネーションを目当てに多くの人が訪れる目黒川周辺には、大人におすすめのセンスあふれるショップが点在しています。

文筆家である松浦弥太郎さんが手がける本屋「COW BOOKS 中目黒」や、素敵な器が並ぶ「SML」、そして目黒川からは少し離れますが、旅行好きはぜひ訪れたいのが「トラベラーズファクトリー ナカメグロ」。旅がさらに楽しくなりそうなお洒落な旅行グッズが揃っています。

また2019年のオープン以来話題のお店が、スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京。世界中に展開するスタバの中でもハイクラスなコーヒーを提供するロースタリーで、世界で5番目にオープンした店舗です。4階建ての建物は、世界的建築家・隈研吾氏が設計を手がけています。

6.吉祥寺

住みたい街として人気の吉祥寺。自然豊かな井の頭公園ジブリ美術館、ゾウのはな子が飼育されていた動物園・井の頭自然文化園、昭和レトロの雰囲気漂うハモニカ横丁、お洒落なカフェや雑貨屋さんも揃い、さまざまな魅力がつまっています。

駅からそれほど遠くないエリアにキラリナ京王吉祥寺やアトレ吉祥寺、コピス吉祥寺にパルコ、丸井など商業施設が集まっており、買い物しやすいのも魅力です。

また吉祥寺で個性的なショップが集まるストリート「中道通り」も忘れてはいけません。お洒落な雑貨・インテリアショップをはじめ、カフェなども点在し、散策が楽しいですよ。

7.自由が丘

自由が丘には、アイコンとなるような大きな商業施設があるわけではありませんが、九品仏川緑道エリアを中心にセンスのいい雑貨・インテリアショップが集まり、垢抜けたカフェが点在するおしゃれな街です。

なかでも注目は「イデーショップ自由が丘」。インテリアショップ「イデー」のなかでも最大の旗艦店で、1階〜3階までに家具や雑貨がズラリと並び、そして4階には、ランチにもカフェタイムにも使える「ベイクショップ」があります。

そして、自由が丘で最もフォトジェニックなスポットとして人気なのが「ラ・ヴィータ」。”自由が丘のベニス”とも言われ、ヘアサロンやセラピースクール、革製品を販売するショップなどの施設がはいっています。

8.表参道

冬にはケヤキ並木のイルミネーションがロマンチックな表参道。ランドマークである「表参道ヒルズ」は洗練された空間に、ハイセンスなショップやレストラン・カフェが集まる大人におすすめのおしゃれスポットです。

設計したのは世界的に有名な安藤忠雄氏。地下3階~地上3階が吹き抜けになった開放的な建物で、すべてのフロアをらせん状に巡るスパイラルスロープが特徴的です。

原宿と表参道の交差点にある「東急プラザ 表参道原宿」は、鏡張りの近未来的な長いエスカレーターが印象的な商業施設です。地下1階~地上7階に、ファッション、コスメ、そして”世界一の朝食”と称される「ビルズ」や、目の前に緑あふれる「おもはらの森」が広がる、天空の「スターバックス」があり、表参道ショッピングの足休めにもぴったり。

そのほか、表参道エリアには「AO表参道」や「オーク表参道」など洗練された商業施設が集まっています。

9.蔵前

浅草のすぐ近くにある蔵前エリア。隅田川が流れていて、カフェや雑貨店、そして倉庫をリノベーションしたお洒落な建物があり、ニューヨークの「ブルックリン」に似ていることから「東京のブルックリン」とも呼ばれています。

蔵前で訪れてほしいおすすめのお店「KONCENT」は、ユニークなデザインと特徴のある雑貨を販売するショップです。オリジナルブランドの生活用品や革製品など、ちょっとしたプレゼントにもおすすめのアイテムが揃っています。

また文房具専門店の「カキモリ」には、センスのいい文房具が揃います。オーダーメイドでノートを作れるのも魅力で、せっかく蔵前を訪れたならぜひ一冊つくってみてはいかがでしょうか?

そして蔵前でランチするなら、おすすめは「結わえる本店」。健康志向の女性に人気の寝かせ玄米がいただけるカフェです。人気店なので時間によっては待つこともありますが、ぜひ足を運んでみてくださいね。

10.清澄白河

  • 出典:tripnote.jpブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ

”カフェの街””雑貨の街”とも言われ、近年人気が急上昇している清澄白河。ブームの火付け役が、サンフランシスコで人気の「ブルーボトルコーヒー」です。2015年、清澄白河に日本初上陸店をオープンさせたことから、カフェの街として脚光をあび始めました。

その後を追うように、オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェiki ESPRESSOなど、続々とおしゃれなカフェがオープンしています。

そして個性のある雑貨店も清澄白河の見どころのひとつ。なかでも「リカシツ」は、インテリア・キッチンに使える理科の実験アイテムを販売しており、雑貨好きは注目のショップです。

そんな清澄白河の癒しのスポットといえば「清澄庭園」。入園料150円で立派な日本庭園を楽しむことができ、大人がのんびり散策するのにおすすめです。それほど人も多くなく、ゆったりしたひとときを過ごすことができますよ。

11.広尾

恵比寿や六本木といったハイステータスでおしゃれな街に隣接し、外国大使館も多く点在する広尾は、異国情緒もあるおしゃれな街として有名です。また、東京大空襲で戦火を逃れたこともあり、昔ながらの街並みと現代の街並みがよいハーモニーを織りなしています。

  • 出典:tripnote.jp蕎麦たじまの盛り蕎麦(ランチセットで1,000円)

名店と呼ばれる飲食店も多く、おすすめはミシュランガイドの1つ星を獲得したこともある蕎麦屋「蕎麦 たじま」。芸能人も通う有名店ながら、気取らないお店の雰囲気とおいしい料理、昔ながらの値段と伝統を守り続けています。

  • 出典:tripnote.jpバーガーマニアのアボガドチーズバーガー

また完成度の高いハンバーガーが評判の「Burger Mania(バーガー・マニア)」もおすすめ。店舗限定の「チェリーバーガー」はパテの上にクリームチーズと煮詰めたチェリーが乗っており、その甘じょっぱい味がクセになる人も多いそう。

広尾で一休みするなら、かつての有栖川宮の御用地に造られた「有栖川宮記念公園」へ。四季の移ろいを肌で感じられる自然豊かな公園で、都心のオアシス的な存在です。

東京の旅行予約はこちら


東京のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

東京のホテルを探す

東京の航空券を探す

東京の現地アクティビティを探す

東京のレンタカーを探す

東京の高速バスを探す

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


50代女性におすすめの東京観光スポット14選!

美しい庭園が眺められる「東京都庭園美術館」や、東京を代表するショッピングエリアである「銀座」、優雅な時間が過ごせる「シンフォニー東京湾クルーズ」など、定番から穴...


【関東から日帰り一人旅】人生に疲れた時に行く場所15選

海に向かって木の桟橋が伸びる原岡桟橋や、“四万(よんまん)の病を癒す”四万温泉を堪能できる積善館、百尺観音や大仏が出迎えてくれる鋸山 日本寺など、人生に疲れた時...

【2024】風鈴祭り&風鈴市10選!涼やかな音色で日本の夏を感じよう

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を感じられる「風鈴祭り」。全国で開催されているおすすめの風鈴祭りを、2024年の...

【2023年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP31!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...

夏の国内旅行におすすめの観光地27選!夏休みにもぴったりの旅先ガイド

暑い夏でも涼を感じられる観光地やこの時期だけの絶景に出会える場所など、夏ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みな...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2024】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


東京女子旅のおすすめ観光スポット22選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...


仙台で買うべきお土産22選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

北海道で買うべきお土産54選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

【東京】カップル旅行で行きたいおすすめデートスポット45選!

おしゃれな街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、カップル旅行で行きたい東京のおすす...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります