お台場・豊洲
お台場・豊洲観光
ウォーターフロントの景色が広がりカップルやファミリーにも人気

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:26都道府県

2018年10月5日更新

1,530view

お気に入り

写真:あやか

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチームラボは、2020年秋までの期間限定オープン。今回は「チームラボプラネッツ」の魅力をご紹介します。

この記事の目次表示

チームラボプラネッツ東京とは?

2018年7月7日(土)に新豊洲駅前にオープンしたのがチームラボプラネッツです。

  • 写真:あやかチームラボプラネッツ東京 入り口

2016年に入場6時間以上待ちになるほどに大人気だった「DMM PLANETS Art by teamLab」がアップデートされ「チームラボプラネッツ」となって帰ってきました。こちらの施設は、2020年秋までの2年間の期間限定オープンとなっています。

チームラボプラネッツ東京では「他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入する」というコンセプトのもと、訪れた人がその空間に「没入」できることが最大の魅力です。靴を脱いで裸足になって場内を歩いて鑑賞するというアート施設としては、とても珍しい鑑賞の仕方なのです。また、水の中に足を踏み入れたりと身体全体で作品を感じることができます。

チームラボって?

プログラマ、CGアニメーター、絵師、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナーなどデジタル社会の様々なメンバーによって構成されたテクノロジー集団です。アート、サイエンス、テクノロジーの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに国内外で活動しています。

DMM.comって?

DMM.comとは、動画配信事業とオンラインゲーム事業、FX等の金融サービスを主力として、2018年現在、約40以上のサービスを展開している会社です。

チームラボプラネッツ東京の入場方法

  • 写真:あやかチームラボプラネッツ東京 外観

後程また紹介しますが、豊洲では、入場時間の指定があり、チケット購入時に希望の時間を選択します。

チケットに記載された時間に来館し、まずは建物外のテント内に並びます。混雑時でも30分程度で入場できます。テント内で並んでいる際に、スマートフォンを入れる防水ケースが渡されます。先程も説明しましたが、これは水の中を歩くエリアがあるためです。

  • 写真:あやか入場後に配られるスマートフォン用ケース

建物内に入ったら、作品を鑑賞する前に簡単な注意事項の説明があります。説明が終わり次第、コインロッカーへ向かいます。

コインロッカーに荷物を預け、裸足になって、防水ケースに入れたスマートフォンのみでエントランスへ!

  • 写真:あやか入場後、荷物を預けるコインロッカー

カメラの持ち込みも可能ですが、水が流れるエリアもあるため、落とさないようしっかり自己管理してくださいね。不安という方はやはりスマートフォンのみでの来館をおすすめします。

防水ケースは、出口で回収となりますので、持ち帰らないように気をつけてください。

全部で7つ!チームラボプラネッツ東京の作品紹介

坂の上にある光の滝

薄暗い道を進んで行くと、水が流れる坂が目の前に現れます。足で冷たい水を感じながら前へと進んで行くとキラキラと光る滝が現れます。これが坂の上にある光の滝という作品です。

  • 写真:あやか坂の上にある光の滝/Waterfall of Light Particles at the Top of an Incline

真っ白でキラキラと光る滝に見惚れてしまうことでしょう。

やわらかいブラックホール-あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である

作品の中へと一歩踏み入れると足がすくわれ、なかなか上手く歩くことができない場所がやわらかいブラックホール-あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体であるという作品です。

空間自体に色がなく本当にもこもこででこぼこになっています。混んでいなければ、ダイブをしても楽しいのではないでしょうか。

  • 写真:あやかやわらかいブラックホール-あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である

筆者が来館した際は、このように両端に人だらけ。このように座ってゆっくり過ごすのも楽しみ方の一つです。

注意して頂きたいのが、スタッフさんも案内していましたが、来館者が多い場合は長時間の滞在は他のお客さんの迷惑となってしまいますので、ある程度休んだら次の作品へと進みましょう。

また、写真だけでは伝わりにくいですが、囲まれている壁もモチモチとした素材で出来ています。子連れでも楽しめる作品となっています。

The Infinite Crystal Universe

全面鏡張りの空間に無数のライトが輝くのがThe Infinite Crystal Universeという作品。

豊洲のチームラボの中でも特にフォトジェニックな作品です。

  • 写真:あやかThe Infinite Crystal Universe

無数のライトは常に様々な変化をしています。暗闇になったと思えば小さな光を発したり、今度はピンクから青、そして真っ白の光の世界に変化したりします。

  • 写真:あやかThe Infinite Crystal Universe

こちらは、天井を見上げて撮影したものです。

  • 写真:あやか天井を撮影したもの

どこを見ても全面鏡張りなので、様々な撮影を楽しむことができます。そして、まるで自分自身が万華鏡の中に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

ライトと人との間隔がかなり近いですが、壊れやすいようですので、触れないように気を付けながら前へと進みましょう。また、お台場のデジタルアートミュージアムにも似たような作品(Crystal World/クリスタルワールド)がありますが、お台場とはまた違った雰囲気ですので、お台場を訪れた人でも楽しむことができます。

次のページを読む

お台場・豊洲の旅行予約はこちら

お台場・豊洲のホテルを探す

お台場・豊洲の航空券を探す

(羽田空港)

お台場・豊洲のパッケージツアーを探す

お台場・豊洲の現地アクティビティを探す

お台場・豊洲のレンタカーを探す

お台場・豊洲の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?チケット入手方法や展示内容、レストラン情報な...

定番から穴場まで!東京のおすすめ美術館22選

世界遺産に登録された「国立西洋美術館」や、日本最大級の展示スペースを誇る「国立新美術館」などの定番から穴場まで、個性もさまざまな東京のおすすめの美術館を紹介して...


チケット完売の大盛況!森ビル×チームラボのデジタルアートミュージアム【東京・お台場】

2018年6月、東京・お台場パレットタウンにオープンしたデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSO...

【冬花火とレインボーブリッジの絶景】12月のお台場は土曜日がお勧め!

冬のお台場はいくつかのエリアでイルミネーションが輝き、とても煌びやかな空間に。更に12月の土曜日には、花火も打ち上げられます。今回は冬限定の特別仕様にライトアッ...


東京で感性を磨こう③!科学と芸術に触れるスポット4選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選」の記事に続...

この記事を書いたトラベルライター

学芸員トラベラー
学生時代は日本史を専攻。現在は、博物館関係のお仕事をしながら、カメラ片手に大好きな旅を続けています。
近場の日帰りから海外まで旅の種類は幅広いですが、基本的に日本国内が多いです。

【旅の主なキーワード】
博物館、美術館、水族館、歴史スポット、城、アート、カフェ、海、島、温泉、絶景

【興味のある事柄】
韓国:ドラマや音楽が好きで韓国語をマイペースに勉強中、韓国文化や韓国料理好き
北欧:北欧雑貨、特にマリメッコが好き、北欧の世界を感じられる場所に興味あり

【訪問エリア】
海外:韓国、フィンランド、スウェーデン、グアム
国内:26/47

取材依頼もお待ちしております!

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

鎌倉女子旅で行きたいおすすめの観光スポット&グルメ7選

神奈川県の三浦半島西側の付け根に位置する鎌倉市。神社仏閣などの多くの歴史的遺産があり、海、山などの豊かな自然環境に恵まれた鎌倉は、神奈川県の定番の観光地として国...


金沢に行ったら絶対飲みたい!食べたい!買いたい!おすすめ10選

2015年、東京~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、ますますアクセスが便利となり、観光地として人気を集めている石川県金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など金沢市...

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


チケット完売の大盛況!森ビル×チームラボのデジタルアートミュージアム【東京・お台場】

2018年6月、東京・お台場パレットタウンにオープンしたデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSO...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?