横浜
横浜
海のある風景から西洋の町並みまで魅力いっぱいの港町

横浜観光の決定版!おすすめスポット58選

2018年1月16日更新

1,794view

お気に入り

出典:tripnote.jp

街歩きが楽しい、異国情緒ただようお洒落な港町「横浜」。見て、遊んで楽しい観光スポットも多く、また中華街グルメや横浜らしいカフェ、お土産、そして”パン発祥の地”だからこその、足を運んでみたいパン屋さんも数多くあります。この記事では、横浜を観光して、食べて、ショピングして満喫するためのおすすめスポットを一挙にご紹介していきます。

この記事の目次表示

【1】日本郵船氷川丸

港に佇む姿がなんともフォトジェニックな「氷川丸」は、戦前の日本製としては、現存する唯一の貨客船です。

1961年から山下公園で係留保存され博物館船となった氷川丸は、2008年に「日本郵船氷川丸」としてリニューアルオープン。2016年には、重要文化財に指定されました。

クラシカルな雰囲気が漂う船内を歩いていると、まるでタイムスリップしたよう。

オープンデッキから見渡す海の先にはベイブリッジやみなとみらいが広がり、陸側は山下公園や「ホテルニューグランド」、「横浜マリンタワー」を一望します。

日本郵船氷川丸
横浜 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:神奈川県横浜市中区中区山下町 山下公園地 先
電話:045-641-4362
Web:http://www.nyk.com/rekishi/

【2】オービィ横浜

横浜みなとみらい地区の商業施設「マークイズ」の5階にある自然体験型ミュージアムです。

館内には等身大の生きものに会える「アニマルペディア」や、大自然を上空から眺める「アースクルージング」、まるで海中散歩してるみたい「ブルーレイヤー」など15個ほどのエキシビジョンがあり、週末は各アトラクションの待ち時間も長くなりますが、スムーズに全てこなした場合、所要時間の合計は2~3時間。

オービィ横浜
横浜 / 博物館・美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号 MARK IS みなとみらい 5F
電話:045-319-6543 
Web:http://orbiearth.jp/

【3】八景島シーパラダイス

人工の島「八景島」にある複合エンターテイメント施設。

ぐるっと360度海に囲まれており、水族館エリア「アクアリゾーツ」と、スリル満点のアトラクションを楽しめる遊園地エリア「プレジャーランド」の2つのエリアからなります。

水族館エリアには幻想的な世界が広がる「ドルフィンファンタジー」や、イルカショーも楽しめる「アクアミュージアム」、海の生き物を身近に感じることができる「ふれあいラグーン」など様々な施設が揃います。

横浜・八景島シーパラダイス
横浜 / テーマパーク・レジャー / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
電話:045-788-8888
Web:http://www.seaparadise.co.jp/

【4】カップヌードルミュージアム

世界で初めてインスタントラーメンを発明した、安藤百福の功績をたたえる記念館です。

目玉は「自分だけのオリジナルカップヌードルがつくれる」こと!
空のカップを自由にデザインし、スープと具材を選んでパッキングして完成です。
味の組み合わせは5,460通りもあるのだそうですよ。

そのほか館内には8か国の麺を楽しめるフードコート「NOODLES BAZAAR」や、チキンラーメンを手づくりする「チキンラーメンファクトリー」などがあります。

カップヌードルミュージアム
横浜 / 博物館・美術館
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
電話:045-345-0918
Web:http://www.cupnoodles-museum.jp/

【5】金沢動物園

植物区エリアと動物園エリアに分かれており、入場無料の散歩道やこども広場、手ぶらでもOKなバーベキュー場が併設されています。

約25種類の動物が飼育・展示されており、種類はそんなに多くないものの、キリンやゾウなど動物園のアイドル的存在はしっかりおさえつつ、コアラやカンガルー、ガウルといった日本ではあまり見かけない珍しい動物にも会えます。

コアラは飼育が難しいため、日本でも金沢動物園を含めて8つの動物園でしか見ることができないんですよ。

横浜市立金沢動物園
横浜 / 公園・動植物園
住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5−15−1
電話:045-783-9100
Web:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

【6】崎陽軒 横浜工場

レトロなシウマイ娘の看板が出迎えてくれる、崎陽軒横浜工場。

会議室で崎陽軒の歴史や製造工程の説明を受けたあと、いよいよ工場へ向かいます。15名ほどが1グループになって、スタッフの説明を聞きながらまわりますよ。

工場見学を終えると、最大のお楽しみ「試食タイム」!
普通のシウマイ2個と、ホタテ多めでちょっと大きい特製シウマイ1個がいただけます。

1階には見学以外の方も自由に入れる「ミュージアムショップ」があり、シウマイや肉まん、シウマイ弁当、月餅、オリジナルグッズなどのお土産が買えます。

崎陽軒 横浜工場
横浜 / 工場・施設見学
住所:神奈川県横浜市都筑区川向町675番1号
電話:045-472-5890
Web:http://www.kiyoken.com/factory/

【7】三渓園

製糸・生糸貿易で財をなした実業家・原三渓氏によって造られた庭園。

東京ドーム約4個分の広大な敷地は、原氏の私庭として使われていた「内苑」と、当時から一般にも公開され、文化人たちの交流場所にもなっていた「外苑」とにわかれています。

春は桜やツツジ、秋には紅葉も楽しめますが、古くから梅の名所として知られ、毎年2月~3月には約600本の梅が咲き乱れることで有名です。

この時季、三渓園では「観梅会」という梅まつりも開かれ、盆栽展や猿まわしなどのイベントとともに賑わいを見せます。

三渓園
横浜 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58−1
電話:045-621-0634
Web:http://www.sankeien.or.jp/

【8】横浜赤レンガ倉庫

明治末期から大正初期に、横浜の貿易拠点として使われた「横浜赤レンガ倉庫」。

現在はおしゃれなインテリアや雑貨を扱うショップ、レストランなどがある商業施設として使われています。

赤レンガ倉庫はショッピングやグルメだけでなく、横浜港の美しい風景を楽しめるスポットでもあり、横浜ベイブリッジの他、運が良ければ日本の「飛鳥Ⅱ」など世界の豪華客船も見られますよ。

夜は雰囲気のある赤レンガの建物がライトアップされ、バックに見えるみなとみらいのビルの灯りと混ざり合い、大変美しい夜の景色が広がっています。

横浜赤レンガ倉庫
横浜 / 観光名所 / ショッピングモール・デパート
住所:神奈川県横浜市 中区新港一丁目1番1号
電話:045-211-1515(1号館)
Web:http://www.yokohama-akarenga.jp/

【9】横浜中華街

約200軒以上の中華料理店はもちろん、お土産、食べ歩き、アミューズメントまで、約600軒の店がひしめく世界最大級のチャイナタウン。

一歩足を踏み入れると、天津甘栗を売る威勢の良い声や、華やかな点心食べ放題の看板などが押し寄せてきて、目移りしてしまいそう。

横浜中華街のメイン通りは、中華街大通りと関帝廟通りの2本なので、初めての方はまず2つのメインストリートを散策してみましょう。

中華まんや、餃子、シュウマイ、かき氷などのお手軽フードを食べ歩きしたり、中華スイーツめぐりをしたりと、楽しみ方は無限大!

横浜中華街
横浜 / 町・ストリート / 観光名所
住所:神奈川県横浜市 中区山下町
電話:045-662-1252(横浜中華街発展会協同組合 事務局)
Web:http://www.chinatown.or.jp/

【10】横浜関帝廟

中華街を代表するパワースポット!

横浜大世界近くにある「横浜関帝廟(よこはまかんていびょう)」は、幕末、「三国志」に登場する武将・関羽の木像を祀ったのがきっかけで建てられました。

商売繁盛にご利益があるといわれており、中華街で働く華僑の方をはじめ多くの観光客が参拝に訪れています。

横浜関帝廟
横浜 / 社寺・教会
住所:神奈川県横浜市山下町140
電話:045-226-2636
Web:http://www.yokohama-kanteibyo.com/

【11】山下公園

横浜港に沿って約700m続く細長い臨海公園。

園内にはバラやセージなどの花が咲き、童謡「赤い靴」に登場する女の子をイメージした銅像や、天井のモザイク模様が美しい「インド水塔」などの記念碑やオブジェもあります。

週末になるとギターの演奏や大道芸などのパフォーマンスをする人も登場するので、タイミングが良ければちょっと面白いショーが見れるかもしれません。

山下公園
横浜 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:神奈川県横浜市 中区山下町279
電話:045-671-3648

【12】横浜マリンタワー

元祖・横浜のシンボル!

元々灯台として使われていた展望塔で、高さ94mの展望台からは、昼夜を問わず楽しめるみなとみらいや横浜中華街の街並み、そして天気が良ければ房総半島や富士山をも眺めることができます。

限定のお土産品も充実しており、とくにマリンタワーを忠実に再現した「マリンタワー立体オブジェ」が人気です。

横浜マリンタワー
横浜 / 展望・景観 / 観光名所
住所:神奈川県横浜市中区山下町15
電話:045-664-1100
Web:http://marinetower.jp/

【13】横浜ランドマークタワー

70階建て・高さ296mと日本屈指の高さを誇る、横浜・みなとみらい地区のシンボルタワー。

おすすめは69階にある展望フロア「スカイガーデン」で、地上3階の専用入口から日本最速のエレベーターで約40秒で展望台に到着します。

昼は天候が良ければ富士山や房総半島が、夜はみなとみらいのビル群の夜景を楽しめます。

展望フロアにある「スカイカフェ」でソフトドリンクやデザートを味わいながら景色を堪能するのもおすすめ♪

横浜ランドマークタワー
横浜 / 展望・景観 / ショッピングモール・デパート
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1
電話:045-222-5015
Web:http://www.yokohama-landmark.jp/page/

【14】横浜開港資料館

かつてイギリス領事館として使われていた旧館と新館からなる資料館。

新館では幕末、ペリーが上陸した時を描いた図など開港後の横浜の歴史に関する資料が展示されています。

注目は旧館と新館の間にある中庭に生えている「たまくすの木」。

幕末頃、横浜港周辺で生えていたといわれており、ペリーに同行したアメリカ人画家がこの木を含めた絵を描いたといわれています。

現在生えている木は、関東大震災で被害を受けた後に移植したもの。

横浜開港資料館
横浜 / 博物館・美術館
住所:神奈川県横浜市中区日本大通3
電話:045-201-2100
Web:http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

【15】よこはまコスモワールド

大観覧車「コスモクロック21」が目をひく、入園無料の遊園地。地上112.5mからはみなとみらいのロマンチックな景色が楽しめます。

3つのゾーンに分かれた園内では、回転ブランコ「オーシャン・スインガー」など約30のアトラクションを楽しめます。

よこはまコスモワールド
横浜 / テーマパーク・レジャー
住所:神奈川県横浜市中区 新港2丁目8番1号
電話:045-641-6591
Web:http://cosmoworld.jp/

【16】ホテルニューグランド

1927年に開業した横浜の老舗ホテル。
横浜の名所のひとつ山下公園の目の前に建ち、クラシックな外観からも大人の気品が漂います。

ホテルは新館と本館に分かれており、タワーと呼ばれる現代的な新館とは違って、本館は重厚な佇まいが残り開業当時そのままの雰囲気を味わえます。

「スパゲティナポリタン」「シーフードドリア」「プリン・ア・ラ・モード」の3品は、ホテルニューグランドで生まれたと言われており、館内のレストランでいただくことができます。

ホテルニューグランド
横浜 / ホテル
住所:神奈川県横浜市中区山下町10
Web:https://www.hotel-newgrand.co.jp/

【17】象の鼻パーク

横浜赤レンガ倉庫から、海沿いを少し歩いた場所にある象の鼻パークは、港の景色が広がるのんびりとした雰囲気の公園。

明治時代に作られた防波堤が、象の鼻のように湾曲した形になっていたことからこの名前がつけられたそうです。

敷地内には象の鼻テラスというカフェやイベントスペースのある建物もあり、人々の憩いの場として利用されています。

象の鼻パーク
横浜 / 公園・動植物園
住所:神奈川県横浜市中区海岸通1
電話:045 - 671 - 2888
Web:http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/guide/gaiyou/...

【18】横浜港大さん橋国際客船ターミナル

みなとみらいを眺めるベストポジション!

くじらのせなかと呼ばれるデッキからはランドマークタワーに観覧車、それから横浜赤レンガ倉庫が真正面に見え、さらに先端へ行くとベイブリッジをはじめとした横浜港の景色が一面に広がります。

足元がウッドデッキになっているためどこかやわらかな温もりがあり、横浜特有の港の情緒が感じられます。

建物内部には最大約1,200名が収容できるという大さん橋ホールがあり、そこで様々なイベントも行われていますよ。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル
横浜 / 観光名所
住所:横浜市中区海岸通1-1-4
電話:045-211-2304
Web:https://osanbashi.jp/

【19】横浜三塔

  • 横浜税関
  • 神奈川県庁本庁舎
  • 横浜市開港記念会館

横浜港周辺のシンボルとして親しまれている、キングの塔(神奈川県庁本庁舎)・クイーンの塔(横浜税関)・ジャックの塔(横浜市開港記念会館)の3つの塔の総称。

全て大正~昭和初期に建てられた歴史的建造物で、現役で活躍している建物です。

この3つの塔を同時に見られる場所である、「赤レンガパーク」、「大さん橋」、「神奈川県庁分庁舎前」をめぐると幸せにされるという伝説があります。

神奈川県庁本庁舎
横浜 / 建造物
住所:神奈川県横浜市中区日本大通1
電話:045-210-1111
Web:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f380088/
横浜税関
横浜 / 建造物
住所:神奈川県横浜市 中区海岸通1−1
電話:045-212-6053
Web:http://www.customs.go.jp/yokohama/
横浜市開港記念会館
横浜 / 建造物
住所:神奈川県横浜市中区本町1-6
電話:045-201-0708
Web:http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

【20】マリンアンドウォークヨコハマ

赤レンガ倉庫の隣に2016年3月にオープンしたばかりの屋外ショッピングモール。

お洒落なセレクトショップや関東初上陸のレストランなど、センス抜群の25店舗が並んでおり、ウィンドウショッピングにも最適です。

モール内には自由に使える椅子やテーブルが設置してあり、海を見ながらくつろいだり、ペット用の水飲み場もあるので、犬の散歩をしたりと周辺住民の憩いの場ともなっています。

マリンアンドウォークヨコハマ
横浜 / ショッピングモール・デパート
住所:神奈川県横浜市中区新港1-3-1
電話:045-680-6101
Web:http://www.marineandwalk.jp/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月31日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

こんなに似てる!【横浜と神戸】二大港町を徹底比較8つのポイント

似ていると言われる、日本を代表する港町「横浜」と「神戸」。実際にふたつの街を訪れてみると、関東と関西ということもあり雰囲気はやっぱり違います。しかしそれでも似て...

「山東」横浜中華街初のミシュラン掲載店で絶品水餃子を堪能!

横浜中華街には、なんと200以上の中華レストランがあるそうです。これだけあると、どこに入ったらよいのか迷いますよね。せっかくの中華街なんだから美味しいものを、で...

ここで買いたい!定番から珍品まで!横浜中華街のお勧めお土産17選

神戸、長崎と並び「日本三大中華街」で知られる横浜中華街。1859年の横浜開港以来、華僑たちによって外国人居留地に造られた街です。現在では、横浜で最もエキゾチック...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

迷ったらコレ!地元民おすすめ、横浜中華街・食べ歩きカタログ11選

横浜を代表する観光スポット、横浜中華街。通りを歩けば、美味しそうな香りと威勢のいい呼び込みで、何を食べるか迷ってしまいますよね。レストランでのオーダーバイキング...



この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

6月・7月・8月の夏旅におすすめの国内旅先23選!夏休みの旅行先にも

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

女性が喜ぶシンガポールのお土産7選

お土産さがしは楽しいけれど、正直ちょっと難しくて大変!とくに男性の方にとって、女性へのお土産は悩みどころだと思います。そんな方のために、今回の記事では女性が喜ぶ...

間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先22選〜春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴったりな旅先を...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?