明石・加古川

明石・加古川の人気・新着記事

明石・加古川の新着旅フォト

竹中半兵衛の終焉地
半兵衛は美濃(岐阜県)出身の兵法家で、秀吉の片腕として活躍しました。三木城攻防戦の最中、平井山の陣中で病死しました。
本営のあった山に続いたぶどう畑のまん中の、白い練りべいに囲まれて墓があります。

#サント船長の写真 #歴史的人物の終焉地

竹中半兵衛の墓

竹中半兵衛の終焉地半兵衛は美濃(岐阜県)出身の兵法家で、秀吉の片腕として活躍し...

サント・船長

竹中半兵衛の終焉地
天正7年6月、半兵衛は陣中でなくなった。36歳であった。秀吉は遺体にとりすがり、人前もはばからず泣きくずれ「お先真っ暗」と言うたらしいです。
しかし秀吉は運が有りましたね、
黒田官兵衛が居ましたから。

でも竹中半兵衛が居たから秀吉は生きて要られた、半兵衛のキレキレの天才的なアドバイスが信長からの難題に乗り切れた。
しかし墨俣の一夜城は誰の考えかな?

#サント船長の写真 #歴史的人物の終焉地

竹中半兵衛の墓

竹中半兵衛の終焉地天正7年6月、半兵衛は陣中でなくなった。36歳であった。秀吉...

サント・船長

竹中半兵衛の終焉地
竹中 重治は、戦国時代から安土桃山時代にかけての天才武将。初名は重虎、のちに重治。通称は半兵衛。父は竹中重元、弟に重矩。子に重門。従弟に竹中重利。 羽柴秀吉の参謀として活躍し、黒田孝高とともに「両兵衛」「二兵衛」と称された。

#サント船長の写真 #歴史的人物の終焉地

竹中半兵衛の墓

竹中半兵衛の終焉地竹中 重治は、戦国時代から安土桃山時代にかけての天才武将。初...

サント・船長

明石丁

明石焼き 😋

明石丁

明石丁明石焼き 😋

ASTRO2

もっと見る

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります