今出川・北大路・北野

今出川・北大路・北野観光

金閣寺や北野天満宮、京都御所があるエリア

鴨川の西側、京都随一の繁華街・河原町や烏丸の北側に広がるエリア。京都を代表する観光名所のひとつであり世界遺産の金閣寺や、学問の神様で知られる北野天満宮、そして優美な建物や庭園に魅了される京都御所があります。

  • Facebookで共有する
  • Twitterで共有する
  • はてブで共有する
  • Pocketに保存する

今出川・北大路・北野の人気・新着記事

今出川・北大路・北野の定番スポット

今出川・北大路・北野の新着旅フォト

北垣国道の銅像

随分と昔の話ですが、此処で踏水会が有り、当時は泳げ無い僕は、夏休みに此処で泳ぎを習って居ました。
そこに此の銅像の土台だけが有り、その前でうどん屋が有り、確か一杯10円か15円だと思いますが、練習の後のうどんはメチャ美味しいですね♪しかし何回食べたかなぁ〜 小遣いの無い僕は40日間で5回も食べていないと思います、貧かったのですね。
また小舟の有る場所は上級生の練習場で僕は間違えて、此処に並んで居て、順番が来て泳げない僕は飛び込んで溺れました。
遥か昔の話しです♪

#サント船長の写真 #銅像 #京都三大銅像

北垣国道の銅像

北垣国道の銅像随分と昔の話ですが、此処で踏水会が有り、当時は泳げ無い僕は、夏...

サント・船長

北垣国道の銅像

疏水建設に尽力した第三代京都府知事・北垣国道の像。明治35(1902)年に建てられた初代の像は、第二次世界大戦中の金属供出で撤去されました。

此の銅像は京都三大銅像の一つです。(諸説あり)

#サント船長の写真 
#銅像 #京都三大銅像

北垣国道の銅像

北垣国道の銅像疏水建設に尽力した第三代京都府知事・北垣国道の像。明治35(1...

サント・船長

北垣国道の銅像

北垣 国道は、幕末期の志士、明治時代の官僚、政治家。幼名は捨蔵。通称は晋太郎。号は静屋。 高知県令、徳島県令、京都府知事、北海道庁長官、貴族院議員、枢密顧問官を歴任した。



#サント船長の写真 #銅像石像#京都三大銅像

北垣国道の銅像

北垣国道の銅像北垣 国道は、幕末期の志士、明治時代の官僚、政治家。幼名は捨蔵...

サント・船長

高桐院 (大徳寺)
細川ガラシャの墓

大徳寺塔頭。細川忠興により創建された。千利休の邸宅を移築したものといわれている書院、二畳台目の簡素な茶室松向軒や忠興・ガラシャ夫妻のお墓がある。

#細川ガラシャ #大徳寺 #墓地

高桐院

高桐院 (大徳寺)細川ガラシャの墓大徳寺塔頭。細川忠興により創建された。千...

サント・船長

高桐院 (大徳寺)
細川ガラシャの墓
細川忠興さんとガラシャさんの墓です。
細川ガラシャが残した辞世の句は、『散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ』。 
人であれ花であれ、散る時をわきまえてこそ美しい、と書いた句です。

#細川ガラシャ #大徳寺 #墓地

高桐院

高桐院 (大徳寺)細川ガラシャの墓細川忠興さんとガラシャさんの墓です。細川...

サント・船長

もっと見る

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります