宇治・長岡京・木津川

宇治・長岡京・木津川観光

10円玉で有名な平等院がありお茶の産地である宇治周辺エリア

10円玉硬貨に描かれている左右対称の美しいお堂「平等院」がある宇治市。JR京都駅から快速電車でたった18分ほどでアクセスできます。お茶の産地でも知られ、日本三大茶のひとつ”宇治茶”も有名ですね。このエリアでは宇治市のほか、長岡京市、木津川市をはじめ、京都市の南側にある市町村をまとめています。

  • Facebookで共有する
  • Twitterで共有する
  • はてブで共有する
  • Pocketに保存する

宇治・長岡京・木津川の人気・新着記事

宇治・長岡京・木津川の定番スポット

宇治・長岡京・木津川の新着旅フォト

海住山寺の五重塔
海住山寺(かいじゅうせんじ)は、京都府木津川市加茂町例幣海住山にある真言宗智山派の寺院。山号は補陀洛山(ふだらくさん)。本尊は十一面観音。かつて恭仁京があった瓶原(みかのはら)を見下ろす三上山(海住山)中腹に位置する。奈良時代の創建を伝え、鎌倉時代に貞慶によって中興された。国宝の五重塔で知られる。仏塔古寺十八尊第3番札所。
京都には五基の五重塔がありますが、此の塔が一番低くて17.7mですが国宝です。因みに東寺は54.8m・八坂は46m・醍醐寺は38m・仁和寺32.7mです。東寺は日本で一番高く世界遺産、醍醐寺と仁和寺も世界遺産ですね。

#サント船長の写真 #五重塔

海住山寺

海住山寺の五重塔海住山寺(かいじゅうせんじ)は、京都府木津川市加茂町例幣海住山...

サント老船長

黄檗山万福寺のランタンフェスティバル
令和5年1月31日迄開催中
黄檗ランタンフェスティバル 〜境内を彩る夜の特別拝観〜
17時30分から21時

#サント船長の写真 #万福寺

萬福寺

黄檗山万福寺のランタンフェスティバル令和5年1月31日迄開催中黄檗ランタンフ...

サント老船長

京都黄檗山万福寺の総門

 萬福寺の総門は、1661年(寛文元年)の建立(重文)。
 中央の屋根が高く、左右の屋根が低い牌楼式(ぱいろう)の中国的な門。

 中央の屋根の左右に乗せられているのは想像上の生物・摩伽羅(まから)。

 摩伽羅は、ガンジス河の女神の乗り物で、そこに生息しているワニをさす言葉だという。
 聖域結界となる入口の門・屋根・仏像等の装飾に使われている。

#サント船長の写真 #万福寺

萬福寺

京都黄檗山万福寺の総門 萬福寺の総門は、1661年(寛文元年)の建立(重文)...

サント老船長

浮島の十三重の石塔
京都府宇治市の浮島
高さ15mのわが国最大の石塔
宇治橋上流の塔の島にある高さ15mのわが国最大の石塔で、1286年に西大寺の僧叡尊により建立されました。叡尊は、朝廷の命により宇治橋の修復を行いましたが、殺生禁断の思想の持ち主で、網代や漁具を埋め、その上にこの石塔を建立し、魚霊の供養と宇治橋の安全を祈りました。

5枚の写真は京都伏見深草の藤森神社の手洗い鉢の台座(苔生した石)は石川五右衛門が運び込んだ物です。
此の十三重の石塔の上から5番目の石だそうです。
#サント船長の写真

十三重石塔

浮島の十三重の石塔京都府宇治市の浮島高さ15mのわが国最大の石塔宇治橋上流...

サント老船長

萬福寺(まんぷくじ)(京都府宇治市
摩伽羅(マカラ)
黄檗宗大本山の寺院。山号は黄檗山、開山は隠元隆琦、本尊は釈迦如来。

総門 は寛文元年(1661年)建立。瓦屋根の中央部分を高く、左右の部分を低く、段差を設けている。日本の社寺建築ではあまり見かけない形式である。屋根上左右に乗る魚のようなものが摩伽羅(マカラ)という想像上の生物で、鯱ではない。ヒレの代わりに足が生えている。

良く竜宮門の屋根の上にもマカラが乗せて有り、その門の説明では、マカラはガンジス川におり、おと姫様の乗り物とか・・・

#サント船長の写真 #万福寺

萬福寺

萬福寺(まんぷくじ)(京都府宇治市摩伽羅(マカラ)黄檗宗大本山の寺院。山号は...

サント老船長

もっと見る

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります