エクアドル
エクアドル観光
ガラパゴス諸島や首都キトが見どころ

これぞガラパゴス諸島!!魚市場にやってくるのは人間だけじゃない?

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:17ヶ国

2017年6月29日更新

786view

お気に入り

写真:藍ai

エクアドルから飛行機で約1時間半、見えてくるのはガラパゴス諸島。様々な動物が共存すると言われています。ガラパゴス諸島の中で2番目に大きい島、サンタ・クルス島にある魚市場では、なんとも物珍しい光景が見られます。漁師が釣った魚やロブスターを目当てにやってくる現地の人々と○○と○○…。その光景が珍しいと話題になってやってくる観光客。ここは柵がない、まるで天然の動物園?水族館?

野生の動物と魚が集まる魚市場「Fishing piers Muelle del pescador」

サンタ・クルス島の中で南岸に位置し、一番栄えているエリア、プエルト・アヨラ。そこから東に向かって10分程歩けば、小さなわずか約12畳の小さな魚市場「Fishing piers Muelle del pescador」が見えてきます。

地元の人と同様に観光客も自由に出入りができるので、立ち寄ってみると楽しい光景にきっと出会えるでしょう。

ツッコミどころ満載!魚目当ての真剣勝負

おあずけ状態のペリカン!

  • 写真:藍ai

観光客で賑わっている魚市場。その理由は、魚を狙う野生の動物たちに出会えるからなのです。魚の処理をする傍をずっと離れず、じっとチャンスを見計らっているペリカン。

処理の途中でいらない部分を、ポイッと捨てるのを待っているのです。耐えきれずじりじりと魚に近づいては、怒られるペリカンの姿に思わず笑ってしまうこと間違いなし!

仲良くおあずけ状態のペリカンとアシカ!

  • 写真:藍ai

じーっと、おこぼれを貰えないかと、大人しく待っています。ペリカンが立っている場所は、魚やロブスターの処理をする台ですが、そんなのお構いなしの野生のペリカン。

台に乗っかるペリカン、市場周辺をウロウロしているペリカン、別の水鳥と争っているペリカン等、小さな魚市場に沢山いるので、きっとシャッターチャンスの連続です。

おやつをねだる子供…ではなくアシカ!

  • 写真:藍ai

左に映っている白いBOXに魚が入っていることを知っているアシカは、「ちょうだい」と現地人を突き続けていますが、彼女も驚く様子もなく、お構いなしの状態。

これがガラパゴス諸島の魚市場…。ここ、ガラパゴス諸島では、人間とアシカの距離の近さに驚くことばかりです。

  • 写真:藍ai
  • 写真:藍ai

賢いアシカは、白いBOXへ少しずつ近づき、女性が目を離したすきに、なんとBOXを開けてしまいました!慌てて女性が蓋をし、アシカの頭をパシッと平手打ち。こんな珍しいやりとりが見られるのも、ここならではです。

  • 写真:藍ai
  • 写真:藍ai

この日の収穫はなかったようで、ふてくされて帰っていくアシカ。

魚市場は海に面した場所に位置している為、魚市場の閉店頃に行くと、海へ向かって鳴きながら歩き、ダイブして帰っていくアシカも見ることができます。

魚をめぐる真剣勝負の後の市場

  • 写真:藍ai

ほぼ閉店の時間には、閑散としています。人もいなければ、ペリカンもアシカもおりません。魚が沢山いることで動物たちも集まってきますので、午前中の方がより沢山の動物たちに出会えるようです。

ガラパゴス諸島といえば野生の動物があちらこちらにいる、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうでもないのです。イグアナ、ペリカン、アシカ等々に出会いたい方は、ぜひ魚市場へ行かれることをお薦めします!


魚市場「Fishing piers Muelle del pescador」に行く際の注意点

  • 写真:藍ai
  • シエスタ (昼休憩:13時~16時が目安)がある場合は、昼に閉鎖されていることもあるので要注意。
  • 通常は16時半に閉店ですが、19時まで営業していることもあります。
  • 営業時間の看板が設置しているわけではない為、上記時間は目安に考えて、正確な時間は現地で確認されることをお薦めします。
Fishing piers Muelle del pescador
エクアドル / 市場・朝市
住所:Ave Charles Darwin, Puerto Ayora, エクアドル地図で見る

エクアドルの旅行予約はこちら

エクアドルのホテルを探す

エクアドルの航空券を探す

エクアドルの現地アクティビティを探す

エクアドルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

リアルな姿を激写!ガラパゴス諸島で必ず出会える珍しい動物たち

大小多くの島と岩礁からなるガラパゴス諸島。現在、123もの島に名前が付いているそうです。今回はその中でも、観光客が最も訪れやすい「サンタ・クルス島」「サン・クリ...

【エクアドル】治安対策と観光地化が進む街!ぜひとも訪れたいグアヤキルの見どころ3選

エクアドル最大の都市グアヤキルは、国内で最も治安が悪い都市として有名。しかし、今では街をあげて治安維持に力を入れ、観光地化も進んでいる見どころ満載の街でもありま...


【ガラバゴス諸島・イサベラ島】自由奔放な野生のアシカと出会える島!

ガラパゴス諸島には、渡し船などを使って自力で行ける島が3つあります。そのうちの一つが「イサベラ島」。3つの島の中でも、自然や野生の動物が多く存在すると言われてい...

カラフル!楽しい写真スポット満載!知られざるガラパゴスの街並み

ガラパゴス諸島の中でも一番栄えている町、プエルト・アヨラ。ガラパゴス諸島の中でも2番目に大きい島、サンタ・クルス島の南に位置するところにあります。町の中心部は、...


この記事を書いたトラベルライター

出国時は1人、旅先で2人★旅先で友達作って一緒に旅する、おおざっぱ計画トラベラー
南国の宮崎生まれ、宮崎育ちです!
最近、上京してきて、日々道に迷っております!

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、
2か月間で弾丸一人バックパッカーを実行!

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。

宮崎や海外の情報をこれから掲載していくので
よろしくお願いします^^

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩い...

【台北】観光客急増中!今しか見れない奇岩スポット「野柳地質公園」

台湾大好きっ子に必見!奇岩がゴロゴロと並ぶなんとも魅惑的な景色が広がる「野柳地質公園」。5年後にはなくなるかもしれない岩があったり、「ここどこの国?!」なんてい...


【京都】京都Love女子が教える、ハズさない厳選お土産を買えるお店7選

京都が大好きで、8年も通い続ける友人と小旅行した際に紹介してもらった、絶対買いたい絶品お土産。そんな京都Love女子が教える、おすすめ土産を買えるお店を7店紹介...

【ペルー・クスコ】マチュピチュと一緒に行くべき遺跡おすすめスポット6選

クスコにはマチュピチュ以外にも多くの遺跡が存在していることを知っていますか?クスコの街そのものが遺跡と言われているほどなのです。それもそのはず、ペルーの首都はリ...


【ペルー・クスコ】グルメ情報6選!可愛いアルパカの串焼き&おしゃれカフェ&叩いて食べるフルーツ!?

クスコは、多くの観光客がマチュピチュに行く前後に立ち寄る場所です。今回はクスコに1週間ほど滞在した中での、食べてほしいグルメ、行ってほしいレストランやカフェにつ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?