ハンガリー
ハンガリー観光
ドナウの真珠と言われる首都の夜景が美しい

【これで完璧】ハンガリー・ブダペストの夜景の楽しみ方徹底解説

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:38ヶ国

2018年5月25日更新

5,602view

お気に入り

写真:てりやき

ドナウの真珠と評されるほどの美しさをもつハンガリー・ブダペストの夜景。世界で最も美しいといっても過言ではない夜景を徹底攻略するために、今回はおすすめの巡り方や、是非立ち寄りたいスポットを中心にご紹介していきます。

この記事の目次表示

ドナウの真珠?!ハンガリー・ブダペストの夜景とは?

  • 写真:てりやき

ブダペストはハンガリーの首都。街の中心部をドナウ川が流れ、ブダ側とペスト側の2つの地域をまとめてそう呼ばれます。

そんなブダペストのドナウ川周辺は、「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」として世界遺産にも登録されているのですが、特に美しいのが夜景です。

キラキラと金色の光を放ち輝く様々な建造物や橋や城は、その美しさから「ドナウの真珠」「東欧のパリ」「ドナウの薔薇」などと讃えられています。

ブダペストの夜景を100%楽しみ尽くす!おすすめの夜景スポットとその巡り方

  • 写真:てりやき

そんな死ぬまでに一度は見ておきたいヨーロッパを代表する夜景。ここからは特におすすめの夜景スポットとおすすめの巡り方を実際の写真と共にご紹介していきます。

まずはハンガリー名物のお菓子で腹ごしらえ

  • 出典:www.flickr.comDifferent kinds of Kürtőskalács spit cake photo by Marco Verch

夜景を見に行くなら夕方から出発するのがおすすめですが、その時間帯といえばちょうど小腹が空くころ。この後の夜景観光に向けても、腹ごしらえのためにまずは立ち寄りたいスポットがハンガリー名物「クルトゥーシュカラーチ」が食べられる人気のカフェ「Molnár's kürtőskalács, cafe, ice cream」です。

クルトゥーシュカラーチは、棒に生地を巻いて炭火で焼いたバームクーヘンのようなお菓子です。食べてみると、生地は思いの外ホワホワで、外は香ばしく焼けており、2つの食感がくせになりそうな甘くて幸せな味。

「Molnár's kürtőskalács, cafe, ice cream」は、クルトゥーシュカラーチが名物の人気のカフェ。店内には香ばしくて甘い香りが立ちこめます。夜景の前に甘いお菓子で小腹を満たす。これが、ブダペスト夜景観光の第一歩ですよ。

Molnár's kürtőskalács, cafe, ice cream
ハンガリー / カフェ・喫茶店
住所:Budapest, Váci u. 31, 1052 ハンガリー地図で見る
電話:01 407 23 14
Web:http://www.kurtoskalacs.com/

まずは川沿いを散歩、対岸から夕日のブダ城を眺める

  • 写真:てりやき

夕方、日が傾いてきたらまずはドナウ川の川岸を散歩してみましょう。ブダペストのドナウ川周辺の街並みは、夜景はもちろんのこと明るいうちから訪れても十分に風情があって素敵です。

特におすすめしたいのは、ペスト側の地域から対岸のブダ城を眺めること。夕方にいけばちょうど夕焼けとマッチして、とても荘厳な景色が見られます。

いよいよ夜景鑑賞、まずは「セチェーニ鎖橋」へ

  • 写真:てりやき

川沿いを散歩して、サンセットを楽しんだあとはいよいよ夜景鑑賞の始まりです。まず目指したいには「セチェーニ鎖橋」。こちらの橋は、ブダペスト市内で初めてドナウ川に架かった橋です。

橋に取り付けられた多数のランプが光を灯す姿は圧巻です。鎖橋の伝統の趣と、ランプの光が調和して、見ている人、渡っている人を圧倒させる姿が夜のドナウ川に浮かび上がります。

セチェーニ鎖橋まで行ったら、橋を渡りながらそのライトアップを楽しんで、対岸のブダ側まで行ってみましょう。橋を渡りながら周りを見回すと、すでにライトアップされた素敵な建造物がいくつか見えてきます。焦りは禁物です。どこの方角に何があるかを確認しつつ、思いを巡らせながら橋の先まで歩いてみましょう。

セーチェーニ鎖橋
ハンガリー / 建造物
住所:Budapest, Széchenyi Lánchíd, 1051 ハンガリー地図で見る

ロープウェイを利用して「王宮の丘」へ

  • 写真:てりやき

さて、セチェーニ鎖橋を渡り終わったあとは、その先にある「王宮の丘」へ登りましょう。この時におすすめなのが、ロープウェイです。丘の麓のロープウェイ乗り場で、往復チケットを購入します。値段は1,800HUF(約900円)です。

ロープウェイは、レトロな雰囲気で可愛く、どこからも夜景が楽しめる造りになっています。これに乗って丘を登りながら、先ほどのセチェーニ鎖橋を眺めると、渡っていた時には見えなかった全貌が見えてきて、また違った趣が。

ライトアップされた街並みもとても綺麗に見えて、ここからの夜景だけでも大興奮間違いなしですよ。

ロープウェイ(ブダペスト)
ハンガリー / 乗り物
住所:Buda Castle Funicular, Budapest, Clark Ádám tér, 1013 ハンガリー地図で見る
電話:01 461-65-00
Web:https://www.bkv.hu/hu/jarmuveink/siklo_menetrend/?...

ライトアップされた「ブダ城」を間近で眺める

  • 写真:てりやき

ロープウェイで丘の上まで登ったら、まず目の前に現れるのがライトアップされた「ブダ城」です。対岸から眺めていたブダ城は、近くへ行くとより荘厳で大きくもあり、ライトアップで優しい雰囲気でもあり、一見の価値あり。

城の周辺を散策するだけなら入場料もかかりません。まずは、光に照らされるブダ城周辺をじっくり散策してみてくださいね。

ブダ城
ハンガリー / 建造物
住所:Budapest, Szent György tér 2, 1014 ハンガリー地図で見る
Web:http://www2.budavar.hu/index.php?menu=136

歩いて次の夜景スポット「マーチャーシュ聖堂」へ

  • 写真:てりやき

ブダ城を楽しんだあとは、丘から少し北へ歩いて「マーチャーシュ聖堂」へ向かいます。こちらの聖堂は、14世紀後半に建てられた歴史ある教会です。

後期ゴシック様式の教会の白い壁に光があたって輝く姿は、まさしく神秘的です。特徴的な屋根の模様も見所です。

マーチャーシュ教会
ハンガリー / 社寺・教会
住所:Budapest, Szentháromság tér 2, 1014 ハンガリー地図で見る
Web:http://www.matyas-templom.hu/

絶対に逃してはならない「漁夫の砦」

  • 写真:てりやき

そんな素敵なマーチャーシュ聖堂の隣にあるのが、「漁夫の砦」です。まるでおとぎ話の世界から飛び出してきたかのようなこちらの建物は、白亜の7つの塔とそれを結ぶ回廊によって構成されています。

ライトアップされた漁夫の砦はよりメルヘンさを増し、回廊や階段を歩くと本当におとぎ話の世界に自分が迷い込んだかのよう。

  • 写真:てりやき
  • 写真:てりやき

また、ここからは対岸の国会議事堂や大聖堂が一望でき、そちらの夜景を鑑賞するのにも絶好のスポット。素敵な回廊の小窓に光り輝く国会議事堂を収めて写真を撮れば、インスタ映えは間違いなし。フォトジェニックなポイントが多すぎて、逆に困ってしまうほどの光景が溢れています。

国会議事堂
ハンガリー / 建造物 / 観光名所
住所:Budapest, Kossuth Lajos ter 1-3地図で見る
漁夫の砦
ハンガリー / 建造物
住所:漁夫の砦, ハンガリー 〒1014 Budapest, Szentháromság tér地図で見る
Web:http://www.fishermansbastion.com/

夜のブダペスト 治安は大丈夫?

漁夫の砦から街全体の夜景も眺めたら、先ほどのロープウェイで帰路へ。後ろ髪引かれそうになりながら、最後に地上からもう一度街のライトアップを楽しんでホテルへ帰りましょう。

ちなみにブダペストの治安はヨーロッパの中では良い方だといわれています。「人通りの少ないところは歩かない」など、最低限のことに気をつけながらも、楽しく夜の街歩きができるのも嬉しいところですね。

まとめ

さて、今回はハンガリー・ブダペストの夜景スポットとおすすめの巡り方を紹介しました。世界の中でも屈指の夜景スポットである、ブダペストの夜景。心の底から感動できる、死ぬまでに絶対見たい光景がそこにはあります。

皆さんも次のヨーロッパ旅行の行き先は、ハンガリー・ブダペストでいかがですか?

ハンガリーの旅行予約はこちら

ハンガリーのパッケージツアーを探す

ハンガリーのホテルを探す

ハンガリーの航空券を探す

ハンガリーの現地アクティビティを探す

ハンガリーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

旅と島と海をこよなくを愛する文筆家
世界を放浪した元中学校教師の旅ライター

島と海を中心に、世界のいろんな場所を気のおもむくままに書いてます。

世界35ヶ国を放浪したあと、日本に戻り旅ライターを中心にフリーランスで仕事してます。

ライターとしてのお仕事以来絶賛募集中です。どうぞ、よろしくお願いいたします!
https://www.teriyaki44.com

ビジネスクラスで世界一周を格安で叶える!ワンワールドの世界一周航空券

今回はワンワールドの「世界一周航空券」を使って、「ビジネスクラスで世界一周」を格安で叶える方法をご紹介します。「ビジネスで世界一周なんて高くて到底無理!」と思っ...


【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...


【カンクンより魅力的?!】メキシコのプラヤ・デル・カルメン滞在をおすすめする理由

メキシコのリゾートに旅しようと考えた際、真っ先に思い浮かぶカンクン。でも実は、カンクンよりもおすすめのリゾートが、同じユカタン半島にあるんです。今回は、メキシコ...

アメリカ西海岸 LAで行きたいビーチ5選

アメリカ第2の都市ロサンゼルスには、世界中から多くの観光客が訪れます。そんなLAに行ったらぜひ訪れたいのが、ビーチです。今回は、そんなアメリカ西海岸を存分に味わ...

アメリカ フロリダ州のおすすめビーチ5選

アメリカの東海岸を代表するビーチリゾート、フロリダ。多くのセレブも綺麗な海と、燦々と照りつける太陽を求めて足を運ぶ場所。今回はそんなフロリダから、それぞれ雰囲気...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?