モロッコ
モロッコ観光
活気あるマラケシュから世界遺産の町にサハラ砂漠まで

保存版!マラケシュからの2泊3日サハラ砂漠ツアー♪最終日にフェズへ抜ける方法も!

取材・写真・文:

東京在住

2018年5月29日更新

68,487view

お気に入り

この記事の目次表示

実際に参加して分かった!サハラ砂漠ツアーに持っていった方がいいもの

  • マスク
  • 防塵用iPhoneケース、一眼レフ(カメラ)カバー
  • スカーフ(コットン素材、少し大きめがなお良し)
  • 粉状アクエリアス
  • リップクリーム
  • ジーパン
  • 上が閉まるサブバッグ又はリュックサック
  • カップラーメン(お湯を注ぐだけで食べられるもの)
  • 保冷バッグ(夏の場合)

マスク

  • 写真:Ayapeco

マスクは本当に必需品です。保湿シート入りマスクだと更に良いですが、普通のマスクも何枚か持っていくと良いでしょう。砂漠は風がかなり強かったので、日本のマスクにとても助けられました。乾燥対策にもgood!

防塵用iPhoneケース、一眼レフ(カメラ)カバー

  • 写真:Ayapeco

これも必須です。裸で電子機器を使用すると、本当に砂で壊れます。ジップロックで代用している人もいましたが、ケースに入れたまま操作が出来て、かつストラップ付きタイプがおすすめです。筆者も日本で購入したものを実際に使用しましたが、これは本当に重宝しました!おかげでラクダに乗りながらiPhoneを落とす心配がなく写真が撮れましたよ♪ 

一眼レフを持って行かれる方はカメラカバーは絶対買って行きましょう。カメラをむき出しで使っていたら、壊れてしまった...と言っていた人が数人いました。一眼レフを持って行く方はブロワーも忘れずに。

スカーフ(コットン素材、少し大きめがなお良し)

  • 写真:Ayapecoストールが長めだと頭に巻いた時にボリューム感が出て本物のベルベル人っぽくなります!

砂嵐対策&モロッコ感の演出に、砂漠ツアー中はぜひとも頭に巻きたいですね♡スカーフを買うチャンスはツアー中もあると聞いており、素敵なものがあれば買ってもいいかなと思っていたのですが、アイト・ベン・ハッドゥやティネリールのオアシスの売店に売られている物は、ただの布をざくっと切って着色しているようなもの。わざわざ買うものではないかなという印象です。

ということで、スカーフは日本から持って行った方が良いと思います。もしくはマラケシュで可愛いものをゲットしておくのもいいですね。キャメルスタッフに頼むと、ベルベル人巻きをしてくれます!(ちなみに彼らの頭のスカーフは4mあるそうです)

粉状アクエリアス

これはツアーで一緒だった日本人の男の子が持ってきていて、とても良いと思いました。8月下旬の砂漠キャンプでは、気温自体はそこまで上がらなかったのですが、乾燥や砂でかなり水分が持っていかれる感じがあります。

また、モロッコ旅行中に体調が悪くなった際も使えるので、もしものときはとても役立つはずです。筆者達は旅行中みな食あたりを起こしました...。24時間やっているコンビニなどは皆無ですので、万が一の時のためにも!

リップクリーム

女性向けのアドバイスになってしまいますが、筆者はこの砂漠ツアー中未だかつてない乾燥に襲われました...。帰国しても真夏なのに唇の皮が剥け続けたほど(泣)。砂漠には、高保湿&UV対策ありのリップをぜひ持って行ってください。

筆者はキャンプ中の夜にシートパックをしていたので、少しはマシだったかなと思います。また、乾燥対策としての保湿は、クリームよりもバームの方がいいと思います。

ジーパン

ラクダに乗る際は、ジーパンがおすすめです。キャメルライドはかなりアップダウンが激しく、薄い生地だとお尻や太ももが擦れてかなりダメージを受けます。キャメルライドの際は少し硬めのしっかりした素材のものを履いて臨みましょう。

上が閉まるサブバッグ又はリュックサック

  • 写真:Ayapeco水も無理やり挟みました。簡単に抜けなかったので、リュックに入れていたペットボトルをラクダに揺られながら出して飲みました(笑)。 ペットボトルホルダー等あれば良かったかもしれません!

こちらは砂漠のキャンプに持っていく用です。上の写真のように、バッグはラクダさんの取っ手に無理やりひっかけることができます。バッグが閉まらないタイプだと、ラクダさんのアップダウンで中身が落ちないかひやひやするので、ファスナー付きを持っていきましょう。それかリュックサックでもいいですね。

カップラーメン(お湯を注ぐだけで食べられるもの)

理由は言わずもがな、小腹を満たすためです。キャンプ場でも、キャメルスタッフに自分で用意した水を渡して頼めばお湯くらいは沸かしてくれるでしょう。

保冷バッグ(夏の場合)

1泊目のホテルの部屋を始め、ツアー中に冷蔵庫を使用することはできませんので、冷やす、ということが3日間通して出来ません。日頃から飲み物は常温で飲まれている健康的な方には何も苦痛はないと思いますが、暑い時には冷たい飲み物をゴクッと!という筆者のような志向の方にはかなり苦行です。特に砂漠で1日持ち歩いた水は、夜には暖かいお湯になっています。

どうすればそこそこ冷たい飲み物を砂漠の夜までキープ出来たか…を考えると、面倒ですが捨ててもいいような保冷バッグを持参して1泊目のホテルに頼んで凍らせてもらうのが確実な方法かと思います。たまに売店で、凍らせたペットボトルの水を売っているところもありますが、毎回あるかは分かりません。

またビールも、1泊目のホテルで余分に購入しておけば砂漠に持っていけます!キャンプ場にある井戸の水は冷たいので、多少は冷やせます。砂漠で飲むビール、絶対に美味しいはずです。筆者はそれを味わえませんでしたが、ぜひこれから行かれる方はトライして欲しいです。

ちなみに、Sabaku toursに持参はしたが出番がなかったものは、ホッカイロとウルトラライトダウンです。冬の砂漠では必須だそうですが、夏場は持参しなくても大丈夫そうです。

最後に

サハラ砂漠ツアー2泊3日、いかがでしたか?ツアーはあっという間に終了しますが、色々と内容が盛りだくさんです。移動ばかりで体力を使いますが、どこまでも続く砂漠や満点の星空を見ると、あー来て良かった!と必ず思うはずです。

また、砂漠に着くとついつい砂漠の写真ばかり撮ってしまうのですが、後から見返すと砂山写真ばっかり…となります。しっかり自分たちも写真に入れて撮ってきてくださいね。また、胃袋に自信がない方は、ツアー前日にマラケシュのフナ広場での屋台ご飯は避けましょう。想像以上に移動距離は長く、道中に清潔なトイレは少ないです。

準備は万全に!素晴らしい砂漠ツアーを体験してきてください♪

モロッコの旅行予約はこちら

モロッコのパッケージツアーを探す

モロッコのホテルを探す

モロッコの航空券を探す

モロッコの現地アクティビティを探す

モロッコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


一度は行きたい!世界の秘境・絶景スポット30選!

旅先にもおすすめ!美しい大自然から可愛い街並みまで、一度は訪れてみたい秘境・絶景スポットをご紹介。アジアからヨーロッパまで幅広くご紹介していますので、ぜひ旅の参...


【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【モロッコ】サハラ砂漠でいざキャンプ!砂漠での過ごし方とは?

モロッコにある世界一大きな砂漠である「サハラ砂漠」。サハラ砂漠でテント泊を楽しめる「ドュンズ・ラグジュアリー・キャンプ」と砂漠での過ごし方についてご紹介します!...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第二弾

大好評「女子ひとり旅シリーズ」の第二弾!女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさ...

魅惑のモロッコ旅行完全ガイド!人気8都市のおすすめ過ごし方やアクセス・周遊のコツ

モロッコ観光で絶対訪れたいマラケシュやサハラ砂漠を始め、カサブランカ、シャウエン、フェズ、トドラ、ワルザザード、エッサウィラの主要な8都市を巡ります。それぞれの...

この記事を書いたトラベルライター

普段は丸の内で働くOLトラベラー☆
旅行は手間も時間もお金もかかるもの。

いつか余裕が出来たら
いつかもう少し英語が話せるようになったら
いつかお金がたまったら
いつか子供が大きくなったら
いつか、いつか…

そんなふうに考え、旅行することをつい後回しにしている人はとても多いと感じます。

しかし。
You only live once!
人生は一度きり。今日が人生で一番若いのです!
あ、ここ行ってみたい…と思ったら、いつかにせず、すぐに次のお休みに予定を立てましょう!
ネットでほとんどのチケットや移動は予約ができますし、LCCを駆使すれば海外だって1万円以内でフライトを予約できてしまうことも最近は珍しくありませんよ♪

旅は自分を映す鏡。いつでも新しい発見や経験があります。
ちょっと無理をしてでも、知らない世界や異なる文化を訪れることは、人生を何倍にも豊かなものにしてくれます。

少しでも多くの方に、ここ行ってみたい!と思えるきっかけとなるよう、すてきな旅先をたくさんご紹介していきたいと思います☺

オシャレ雑貨の宝庫♡モロッコ、マラケシュのおすすめショップ5選♪

アフリカ北西部に位置するイスラムの国、モロッコ。北にはスペインを始めとするヨーロッパ、東にはアルジェリアと、西洋とアフリカの文化が共存する魅力いっぱいの国です。...


【保存版】女子旅の持ち物はこれで決まり!OLトラベラーが選ぶ、オススメ旅準備&旅行グッズ23選♡

1人旅もいいけれど、やっぱり友達と行く旅行もやめられない!そんな筆者は、今まで25か国60都市を訪れましたが、そのほとんどは女子旅なのです。気兼ねない友達と回る...


クアラルンプールに行ったらmust buy!オススメのお土産3選

東南アジアでも大都市の1つであるマレーシア、クアラルンプール(KL)。LCCを使えば、羽田からは約6時間半なので、2泊3日の弾丸旅行で行くことも出来ます。そんな...

ビールと美食の街!チェコ、プラハの定番&隠れ家グルメツアー♪

東欧を代表する国の一つ、チェコ、プラハ。中世ヨーロッパの面影が今も色濃く残る、大変美しい街として知られています。モルダウ川が流れる対岸にはプラハ城がたたずみ、架...

【モロッコ】フェズの公認ガイドと行く!迷路の街で美しい工芸品とインテリアを巡る1日♪

マラケシュと並び有名な街である、フェズ。モロッコの北に位置する、大きな街です。別名「迷宮都市」と呼ばれる所以は、旧市街の複雑すぎる街の構造。その複雑さゆえ、旧市...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?