ニューヨーク
ニューヨーク
24時間眠らない、世界一の大都会

【NY】あふれるパストラミ!カッツデリカテッセンの魅力と注文方法

2018年2月25日更新

680view

お気に入り

日々美味しいものが産み出され、世界中から絶品グルメが集まるNY。そんな場所に1888年創業、今も人気が衰えない老舗があることをご存知でしょうか?その名も「カッツデリカテッセン」。今回は、そんな老舗のカッツデリカテッセンの名物パストラミサンドのご紹介です。

カッツデリカテッセンとは?

  • お店の前はいつ行っても行列が

カッツデリカテッセンは1888年に創業された、ユダヤ料理を売る老舗デリカテッセンです。

120年以上も、味にうるさいニューヨーカーや世界中の観光客から愛され続けるこちらのお店。いまだにその人気は衰えることを知らず、お店の前には常にその味を求めるお客さんの行列が。

実はこちらのお店、メグ・ライアン主演の『恋人たちの予感』のロケ地として使われたことでも有名です。

店内の雰囲気も素敵

カッツデリカテッセンの魅力は、美味しさだけにはとどまりません。老舗だけあって、店の外観や店内の様子も独特で素敵。

店の中には、過去に来店したことがあるスターの写真がずらり。まさにNYの老舗といった雰囲気の店内は活気に溢れ、店の中にいるだけでもテンションが上がります。


カッツデリカテッセンのおすすめメニュー「パストラミサンド」

カッツデリカテッセンで一番人気のおすすめメニューは、絶品のパストラミサンド。

パストラミとは塩漬けにした牛肉の燻製を胡椒やパプリカ、マスタードなどの香辛料で味付けした食品のこと。そんなパストラミを豪快にこぼれ出るほど挟んだサンドイッチを求めて、多くの人がやってきます。

大きな口でサンドウィッチにかぶりつくと、パンは柔らかく中のパストラミはしっかりとした味付け。パンとパストラミだけのシンプルなサンドですが、それで十分。しっかり燻製された牛肉は柔らかく、マスタードなどの香辛料でしっかり味付けされたパストラミは絶品です。

お値段は1つ21ドル(約2,300円)とこちらも豪快ですが、1つのサイズが大きいので何人かでシェアしても十分満足できます。

箸休めには、サイドでついてくるピクルスを。こちらのピクルスも大きめで大量。

パストラミサンド以外のおすすめメニューも

パストラミサンド以外にも、ローストビーフサンドやコーンビーフサンドなど美味しそうなメニューがたくさん。

その中でも、パストラミサンドと並んで人気なのがホットドッグ。実はこちらのお店、オープン当初はホットドッグを売ることからスタートしたそう。歴史が詰まったホットドッグも、ぜひ味わいたいところですね。

注文方法は?

さて、こちらのデリカテッセンですが注文方法が少し特殊です。慣れてしまえば簡単なのですが、初めての来店では少しわかりにくいかもしれませんので、簡単に注文から支払いまでの流れをまとめておきます。

まずは入店時に注文表をもらおう

入店する際に紙をもらいます。こちらは注文した際に書き込んでもらうための紙なので、なくさずに最後まで持っていてくださいね。

カウンターに並んで注文

入店したらまずは、厨房カウンターにて注文します。各カウンターではそれぞれに列が作られていますので、並んで順番を待ちましょう。

自分の番がきたら、カウンターのお兄さんに注文を伝えます。お兄さんはとても親切で、英語が苦手でも親切に対応してくれます。

目の前でパストラミが捌かれる

注文を終えると、厨房のお兄さんが実際に目の前でパストラミを捌きだします。豪快にお肉を捌くお兄さんのたくましさも必見。

この時お兄さんがお肉の味見をさせてくれるので、一足お先にお肉を味わってみましょう。この味見で、期待値が更に高まること間違いなしです。

注文表に記入をしてもらおう

頼んだ商品が仕上がったら最後に、入店の際にもらった注文表をお兄さんに渡しましょう。注文内容を記入してもらい、その紙を受け取ってから席に向かいます。

注文から受け取りまでの1通りの流れを説明しました。活気付いた店内で厨房のお兄さんと大きな声でやりとりしたり、豪快にサンドウィッチを作る姿を見るのも、カッツデリカテッセンの醍醐味です。

支払いは現金のみ

食べ終わったら、最後に店の出口にあるレジに向かいます。この時、先ほど記入してもらった注文表を忘れずに。

支払いは現金のみで、カードは受け付けてもらえません。入店前にしっかり現金の確認をしておいてくださいね。


まとめ

今回はNYの老舗デリカテッセン「カッツデリカテッセン」のパストラミサンドを中心にご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

長い歴史を持った老舗デリカテッセンの雰囲気を味わいながら、こぼれ出そうなパストラミサンドにかぶりつく。NYに来たらぜひ、カッツデリカテッセンに訪れてみてくださいね。

カッツデリカテッセン
ニューヨーク / 食料品・デリ
住所:205 East Houston Street (corner of Ludlow St) New York City, 10002
Web:https://www.katzsdelicatessen.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

超話題沸騰中!ニューヨーク5番街・ティファニー本店4Fの魅力♪

ニューヨークの5番街にあるティファニー本店は、4Fのホーム&アクセサリー売り場が一新され、2017年11月10日にはティファニー初のオリジナルカフェ「ザ・ブルー...

ニューヨーク・最新&定番の喜ばれる絶品チョコレートお土産ガイド♪

ニューヨークのチョコレート土産というと、ニューヨークらしいパッケージがセンス良く、空港で手軽に買える「アスターチョコレート(Astor Chocolate)」や...

週末はNY最大級の名物フリーマーケット「ブルックリンフリー」へ!

NYのブルックリンで行われる“ブルックリンフリー”は、NY最大級規模のフリマ!冬は屋内、夏は屋外で、ニューヨーカーから古着やハンドクラフト雑貨など、お洒落でお買...

NY・マンハッタンで絶対食べたい!日本未上陸の絶品スイーツ3選♪

ニューヨーカーたちは甘いスイーツが大好き、マンハッタンはスイーツ天国です!パンケーキやブラウニー、チョコーレートやカップケーキなど、NYの人気スイーツ店は続々と...

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...



この記事を書いたトラベルライター

旅するフリーランス
生田芳貴(teriyaki44)

「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。

1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。


神戸市で7年間中学校の先生をやったたあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。

世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。

現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。

お仕事の依頼、相談は随時受け付けています!
https://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...

ヨーロッパ 幻想的で美しすぎる 観光におすすめの図書館5選

みなさんは図書館と聞いて、どんなイメージを持ちますか?本を読むところ?調べ物をするところ?しかし、ヨーロッパにはそれだけにとどまらない存在意義を持った、図書館が...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?