シェムリアップ
シェムリアップ観光
アンコールワットがあるカンボジア随一の観光都市

朝焼けのアンコールワット遺跡が幻想的、誰でも綺麗に撮れる撮影ポイントはここ!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:20ヶ国

2018年10月31日更新

845view

お気に入り

写真:たっきー

カンボジアのアンコールワットは、ヒンドゥー教寺院で王の墓でもあります。死者が向かう方角の西向きに建てられたため、朝日鑑賞では、東から昇る太陽を背にした、幻想的なアンコールワット遺跡が撮れるのです。

この記事の目次表示

シェムリアップのおすすめツアー
【サマーセール】<残り10席!まだ間に合うお盆休みの夏旅行!>★感動の朝日&夕日も拝めるアンコール1日観光付き★ ~弊社人気NO.1!立地抜群の5つ星シティリゾート~『プリンス・ダンコール(5つ星)』 シェムリアップ3泊5日[日本語送迎&全朝食付]
59,700円~75,800円
【2カ国周遊/贅沢に”世界遺産×世界遺産”】 …━格安で世界遺産を巡る お手頃旅プラン♪━…シェムリアップ2泊×ホイアン1泊[朝食&送迎付]<燃油込み>5日間
79,800円~172,800円
【2カ国周遊/贅沢に”世界遺産×世界遺産”】 …━リーズナブルに世界遺産を巡ろう♪━…シェムリアップ2泊×ホイアン1泊[朝食&送迎付]<燃油込み>5日間
79,800円~181,800円

アンコールワット朝日鑑賞の基本情報

  • 写真:たっきー日の出時刻1時間後のアンコールワット遺跡。雨季なので昨夜の雨で水たまりがあります。

ベストシーズン

天候面でのベスト

雲が少ない12月~3月上旬の乾季が、朝日が見える確率も高くなるため撮影に適しています(筆者は雨季に2日間の撮影をしましたが、両日とも厚い雲が多くありました)。

撮影面でのベスト

春分の日(毎年3月20日か21日頃)と秋分の日(毎年9月22日か23日頃)の年2日間が、特別な瞬間が撮影できるチャンスです。朝日が昇る位置が、アンコールワットの3塔のうちの中央党の頂点にちょうど重なって出るからです。ただし、年に2日のこの日を狙って訪れるプロやカメラ愛好家は少なくありません。混雑を覚悟してお出かけください。

ホテルの出発時間

遺跡観光の拠点となるシェムリアップには、観光客が泊まるホテルが密集しています。多くのホテルからアンコールワット遺跡(の駐車場)までは、トゥクトゥクで15~30分圏内です。

日の出時刻は毎日異なり、2018年の場合は、日の出が一番早い6月1日は5時33分ですが、一番遅い2月1日では6時25分です。雨季のオフシーズンでも世界中から観光客が集まるので、まだ周辺が暗い、日が昇る30分前には撮影ポイントに到着することをおすすめします。

遺跡までの足はトゥクトゥク

  • 写真:たっきートゥクトゥク

大人3~4人迄・乗車30分程なら、トゥクトゥクでの移動がおすすめです。ただしシェムリアップのトゥクトゥクは、椅子を乗せた2綸をバイクに繋げて引っ張る、ちょっと不安定な形状です。そして木製の椅子がミシミシ音を立てているようなトゥクトゥクでも現役で活躍中ですから、大勢・長時間での乗車は止めた方がよさそうです。

(トゥクトゥクといえばタイも有名ですが、あちらは「客席と運転席が一体化している三輪車」です。スピードを出しても安定していますし、座席部分も金属製の骨組みで頑丈です。)

アンコール遺跡の入場券

アンコールワット敷地内での朝日鑑賞には、入場券が必要です。事前に入場券を購入していない場合は、朝5時から営業しているチケットセンターに立ち寄ってから、朝日鑑賞へと向かいます。チケットの購入には15~20分かかることを見込み、余裕を持って行動しましょう。

  • 写真:たっきーアンコール遺跡群の入場チケット3日券(表面)
  • 写真:たっきーアンコール遺跡群の入場チケット3日券(裏面)

アンコール遺跡群へ入場するためのチケットの価格は、以下の通りです(アンコールワット以外の遺跡へも入場できるチケットとなります)。

  • 1日券:37ドル(約4,150円)
  • 3日券:62ドル(約6,950円)
  • 7日券:72ドル(約8,065円)

撮影ポイントへの行き方・日の出前後の様子

【1】アンコールワットを囲むお堀(日の出12分前)

  • 写真:たっきー日の出12分前。日の出方向の東の空が赤く染まり、すでに青空も見え始めています。

チケットが手元に揃ったら、いよいよ朝日鑑賞に向けて出発です!

アンコールワット遺跡の近くまで来ると、周辺をぐるっと囲んだお堀が見えてきます。筆者の場合は出発が遅れてしまったので、このお堀に着いたのは日の出12分前でした。すでに東の空だけが、燃えるように赤く染まっています。

【2】駐車場でトゥクトゥク下車。この位置で鑑賞する人々の姿も(日の出5分前)

  • 写真:たっきー日の出5分前。

お堀の手前にある駐車場でトゥクトゥクを降りると、周辺に座って朝日を待つ人の姿が多く見られます。かなりの人数が集まっていますが、この辺りが撮影スポットと勘違いしないでくださいね。お堀の外側は入場チケットが不要なので、チケットを持たない人々がここに集まっているのです。

【3】入場券チェック後、お堀りを渡る(日の出3分前)

  • 写真:たっきー日の出3分前。

中央祠堂(アンコールワットの3塔のうち真ん中の塔)に繋がる西参道が2018年8月時点で工事中で閉鎖していたため、近くに掛けられている仮設の橋を進みました。ガイドさん曰く、参道の修復は日本の上智大学の修復プロジェクトチームにより行われているそうです。橋を渡る前に、アンコール遺跡の入場チケットの提示を求められます。

【4】西塔門をくぐる(日の出時刻ちょうど)

  • 写真:たっきー日の出時刻ちょうど!雲の隙間から太陽が出たのか辺りが少し明るくなりました。

まだアンコールワットの塔は見えません。門の向こうが撮影ポイントとなっており、西塔門からは徒歩3分ほどです。

【5】参道から、左の階段を下りる(日の出3分後)

  • 写真:たっきー日の出3分後。この日は雲が多く太陽が見えません。

参道の先に、アンコールワット遺跡のシンボルである3塔のシルエットが見えてきます!この参道を進むと、左右両側に池が見えてきます。撮影スポットは左側の池なので、参道から左の階段を下りましょう。※足場の石組みが崩れており、階段とは言い難い状態です。

【6】朝日鑑賞の撮影ポイントに到着(日の出8分後)

  • 写真:たっきー日の出時刻8分後。相変わらず太陽の姿は雲に隠れて見えそうにない。

池の手前の左寄りが撮影ポイントです。曇り空でも、太陽が出た瞬間に池の水面に映る「逆さアンコールワット」を撮るために、大勢の人が集まっています。

次のページを読む

シェムリアップの旅行予約はこちら

シェムリアップのパッケージツアーを探す

シェムリアップのホテルを探す

シェムリアップの航空券を探す

シェムリアップの現地アクティビティを探す

シェムリアップのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


【カンボジア】現地SIMカードはシェムリアップ国際空港で買える、しかも激安の$3で!

海外旅行中、自分のスマホでインターネットを使うには、現地のSIMカード(シムカード)を購入するのが安くすむ方法です。アンコールワット観光の拠点であるシェムリアッ...


摩訶不思議!一度は見たい「世界の秘境・絶景スポット」11選

世界には想像を絶する景色がたくさんあります。秘境から有名な観光スポットまで、一生に一度は見てみたい摩訶不思議な絶景をご紹介。ちょっと人とは違う所に行きたい!地球...

はじめての女子ひとり旅はアジアで決まり!おすすめの国3選

社会人になると友達と予定が合わず、人と一緒に旅行する事がなかなか難しくなってきます。しかし、旅好きの女子としてはやっぱり年に何回かは海外に旅行に行きたいと思うも...

知ってる?アンコールワットだけじゃないカンボジア新名所3選

行ってみたい世界遺産ランキングで常にトップを誇るアンコールワット。カンボジアと言えばミステリアスで謎を秘めたアンコールワットでおなじみの方も多いかと思いますが、...

【カンボジア】シェムリアップで女子におすすめなお洒落レストラン4選

カンボジアといえば、アンコールワットをはじめとする遺跡巡りがメインの旅になります。でも実は、カンボジアの観光街シェムリアップはとってもおしゃれで、有名シェフが手...

この記事を書いたトラベルライター

クラフトビール大好き♡Webディレクター&デザイナー
Web業界約15年のフリーWebディレクター・デザイナーです。15歳でNYに留学したことをキッカケに海外に興味を持ち、これまで20ヶ国41都市を訪れました。

旅行の楽しみは、ハーブや香辛料の効いたおいしい料理とビール♡。最近はクラフトビールにハマっています。

日本では見られない絶景や遺跡も大好きで、(かなり昔の)新婚旅行ではアフリカのタンザニアにサファリへ行き、気球で空からゾウやシマウマの群れを眺めました。

最近新しい一眼レフカメラを購入。カメラを勉強して、旅の思い出を素敵に残したいです!
横浜在住、2児の母。
http://www.takitakita.jp/

【カンボジア】現地SIMカードはシェムリアップ国際空港で買える、しかも激安の$3で!

海外旅行中、自分のスマホでインターネットを使うには、現地のSIMカード(シムカード)を購入するのが安くすむ方法です。アンコールワット観光の拠点であるシェムリアッ...


【福島・猪苗代湖】湖面の白鳥に逢える飛来地へ行こう!

会津磐梯山の麓に広がる、日本で4番目に広い湖の猪苗代湖(いなわしろこ)。毎年2,000羽以上の白鳥がシベリアから渡来し、10~4月にかけて猪苗代湖で羽を休めます...

【シェムリアップ】旅先でできたてのクラフトビールが飲める幸せを!「Siem Reap Brewpub」

アンコールワット観光の拠点となるシェムリアップにも、マイクロブルワリーがあります。ビール醸造所「シェムリアップブリューパブ」は、ビールを醸造するその場所で、でき...

【横浜】煙にまみれて味わう、プルプルのホルモン焼「野毛とんちゃん」

ホルモン焼と韓国料理のお店「野毛とんちゃん 本店」がある野毛エリアは、ホルモン焼・焼肉の激戦区です。15時から開店する店も野毛では珍しくありません。赤ちょうちん...

国内最大級のスケール!大自然の動物達に会える「よこはま動物園ズーラシア」

よこはま動物園ズーラシアは、敷地面積53.3ヘクタールで東京ドーム10個分の国内最大級の動物園です。メインテーマに「生命の共生・自然との調和」を掲げるとおり、緑...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?