南アフリカ
南アフリカ観光
市街地と自然を楽しめるケープタンが観光の中心

南アフリカ【Tshukudu Game Lodge】へ野生動物に会いに行こう!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:15ヶ国

2017年6月9日更新

399view

お気に入り

写真:えちこ

南アフリカのクルーガー国立公園に隣接する私営保護区内にあるTshukudu Game Lodge(シュクドゥゲームロッジ)。ここでは宿泊だけでなく、保護区内にいる野生動物を探すサファリドライブが楽しめます。また、管理されている人慣れしたチーターはかなり間近で観察でき、時には触れ合うこともできます。スタッフの皆さんもとてもフレンドリーでファミリー経営のアットホームなロッジ。今回は、規制の厳しい国立公園内よりも自由に動物探しができるTshukudu Game Lodgeの魅力をお伝えします。

この記事の目次表示

Tshukudu Game Lodge(シュクドゥゲームロッジ)について

Tshukudu Game Lodgeの最寄りはHoedspruit Airport - Eastgate空港。空港からロッジまでは車で約30分ほどで、私営保護区のメインゲートに到着です。

  • 写真:えちこ

しかし、ここから宿泊エリアまではまだ6kmの距離があります。未舗装の道の両側には既に動物がいそうな気配・・・と車窓を眺めていると早速イノシシ発見!

  • 写真:えちこ筆者たちの到着を出迎えてくれた(?)イノシシ
  • 写真:えちこ

宿泊棟はそれぞれ独立しており、お部屋には広いシャワー&トイレエリアと蚊帳付のベッド。冷蔵庫や湯沸かし器、紅茶のティーパックなども用意されており快適に過ごすことができます。

  • 写真:えちこシャワールームのガラスにもアニマル柄が。
  • 写真:えちこ蚊対策は絶対必須!蚊帳を降ろしてさらに虫除けスプレーもするのがベスト。

宿泊棟エリアにもサファリらしさが満点!

動物保護区内に存在しているロッジのため、野生動物の生息エリアは目と鼻の先。そのため、宿泊棟エリアと動物生息エリアの間には電流が流れるフェンスが張り巡らされています。

  • 写真:えちこここより先は、動物保護区内のため立ち入り禁止。

飾られているオブジェが動物の骨だったり、歩道スペースから少し外れた場所には大きな蟻塚があちらこちらにあったりと、さすがサファリ!と思わずにいられません。

  • 写真:えちこ所々にあるオブジェがワイルド!!
  • 写真:えちこ保護区内でよく見かけるアリ塚。掘った土が積み上がりこのような形になるのだそう。

オープンスペースのレストランでは、鳥の声を聴き、ブッシュを眺めながら朝食、昼食の他にアフタヌーンティーや朝一のコーヒーサービスも楽しめます。ブッフェスタイルのご飯はどれも美味しく、ティータイムにはどれを飲もうか迷うほど沢山の種類のティーパックがありました。

  • 写真:えちこスタッフや経営者ファミリーも食事を取られるレストランスペース
  • 写真:えちこレストラン前のオープンテラスには鳥もやって来ます。

1日の始まりは、朝のブッシュウォーク

  • 写真:えちこ何かいないかと辺りを見回しながら、動物たちの生息エリアをウォーキング。

チーターに大接近!

ロッジのアクティビティスケジュールは、毎日決まっています。まずは朝6時半から始まるブッシュウォーク。

途中まで車で移動した後、ガイドさんの後ろについて保護区内を歩いてお散歩です。

ここで目の前で会えるのが、2頭のチーター。

  • 写真:えちこ
  • 写真:えちこ

こちらで幼少期から保護管理されており、人慣れしているチーターとの間にはフェンスなどもありません。まさにこのロッジならではの醍醐味。

ゴロゴロと寝転んでいる姿は、まるで大きな猫。愛くるしい表情に思わず「可愛い!」

  • 写真:えちこ無防備な寝姿からは、獰猛さよりも可愛さが溢れています。
  • 写真:えちこ「テヘペロ」!?

残念ながら筆者が訪れた際はできなかったのですが、運が良ければ一緒にウォーキングすることも可能です。

人慣れしてるとは言え、食事などは自分で狩りに出かけて行く半野生のチーターなので、お散歩できるかは本人たちのご機嫌次第なので悪しからず。

シマウマにばったり遭遇

  • 写真:えちこ
  • 写真:えちこ

朝活動しだすのは人間だけではありません。筆者が遭遇したのは、シマウマの群れ。目の前をちょっとこちらを警戒しながら、通り過ぎて行きました。

朝夕2回のサファリドライブで、野生動物を探しに行こう!

お待ちかね!ジープに乗ってのサファリドライブです。

こちらでは午前9:00~11:00と午後15:30~18:30の1日2回がサファリドライブの時間となっています。

  • 写真:えちこ

窓も屋根も無いオープンタイプのランドクルーザーに乗って、いざ!

キリンや象が目の前に

私営保護区として区切られたスペースではありますが、あくまでも生息しているのは野生動物。どこで何に出会えるかは運次第。

車を走らせていると、突如キリンや象が間近に現れて大興奮!でも大声を出して騒ぐのは禁物です。

静かに観察していると、餌である草木を引きちぎる音や足音がはっきりと聞こえてきて迫力満点です。

  • 写真:えちこ
  • 写真:えちこ
  • 写真:えちこお母さん象の側を行ったり来たりする子象たち
  • 写真:えちこ兄弟喧嘩?じゃれ合い?子供と言えどその力強さは見ていて圧倒されます

出会うのは、生きている動物ばかりではありません。

  • 写真:えちこ

ライオンに食べられたキリンを目の前にし、自分たちがいるのは弱肉強食の自然の世界なのだと実感します。

その他にも、水辺ではカバやワニに遭遇することも。

  • 写真:えちこ
  • 写真:えちこ

探知機を使ってライオン探し

  • 写真:えちこ

先にご紹介したチーターの内の一頭と、ライオンにはGPSが付けられており、探知機を使ってその音の状態から近くにいるかどうかを知ることができます。

  • 写真:えちこ

近くにいると分かれば、木をなぎ倒しながらブッシュの中、道なき道へと車を走らせます。隣のクルーガー国立公園内は規制が厳しくこのように道を逸れての走行などはできないそう。私営保護区だからこそできる自由でワイルドなサファリドライブです。

残念ながら、かなり近くに気配を感じていたものの筆者たちはライオンに出会うことができませんでした。でも、これもサファリパークのように居場所が特定されていない場所でのドライブならでは。

目を凝らしながら、保護区内を走る行為そのものが非常に楽しく2~3時間のサファリドライブの時間があっという間に感じるほどでした。

シュクドゥゲームロッジ
南アフリカ / ホテル
住所:Tshukudu Game Lodge, Hoedspruit, South Africa地図で見る
Web:https://www.tshukudulodge.co.za/

アクセス

Tshukudu Game Lodgeの最寄りであるHoedspruit Airport - Eastgate空港へは、日本から香港等を経由し南アフリカのヨハネスブルクへ。さらに国内線に乗り換えて1時間ほどです。

非常に小さな空港ですが、カフェやお土産屋さんも併設されています。

  • 写真:えちこカフェスペースの椅子はアニマル柄!
  • 写真:えちこチェックインカウンターは木造。カウンターは2箇所のみ。
フッドスプロイト・エアポート - イーストゲート空港
南アフリカ / 駅・空港・ターミナル
住所:フッドスプロイト・エアポート - イーストゲート空港, R40, ホエドスプルート, リンポポ, 南アフリカ地図で見る

南アフリカの旅行予約はこちら

南アフリカのパッケージツアーを探す

南アフリカのホテルを探す

南アフリカの航空券を探す

南アフリカの現地アクティビティを探す

南アフリカのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

文武両道 目指してます
歴史が大好きで、史跡巡りを中心に日本国内旅しています。
100名城制覇、四国八十八箇所結願が目標。
ランニングも趣味なので、年に数回フルマラソンに出場。
旅行がてら全国のマラソン大会に出るラン旅もおすすめです。
欲しいのは、女子力より知力と体力。
http://ameblo.jp/fm59

日本で体験できない。アメリカ「ユニバーサル・オーランド・リゾート」のおすすめアトラクション8選

アメリカのフロリダ州オーランドにある「ユニーバーサル・オーランド・リゾート」には、「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー」2つ...

世界三大墳墓の一つ【大阪】仁徳天皇陵古墳の楽しみ方あれこれ教えます

エジプトのピラミッド、中国の始皇帝陵と並び世界三大墳墓の一つとされている場所が日本にあるってご存知ですか?それが大阪の堺市にある仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょ...


札幌から一足伸ばして行ける!おすすめスポット3選

旅行先として、大人気の北海道札幌市。市街には多数の観光地やグルメスポットがあり、何度でも訪れたくなる街です。ですが、札幌市街から一足伸ばせば自然豊かなスポットが...

走るために旅しよう!関西4大フルマラソンのおすすめポイント!

今や趣味の定番ともなりつつあるマラソン。毎年市民ランナーが参加できるマラソン大会が、日本各地で開催されています。遠方の大会に「走るために旅をする」のもランナーの...


願いを込めて大空へ!台湾・十分でランタンを飛ばそう!

台湾の台北郊外にある十分では、毎年元宵節(中国・台湾の祝日)に「平渓天燈節」が開催されています。このお祭りでは願いが書かれた1,000個以上のランタンが空に飛び...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?