ウィーン散策に疲れたらカフェに行こう!おすすめカフェ5選

376

view
   2017年4月19日更新

ウィーンには様々なカフェがあります。伝統的なカフェは「カフェハウス」と呼ばれ、芸術家たちの書斎や社交場として使われてきた歴史があり、カフェ文化は無形文化遺産として世界遺産にも指定されています。また、伝統的なカフェばかりでなく、若者が集まる新しいカフェも見逃すことはできません!観光のついでに訪れたい、おすすめカフェ5つを紹介します。

CAFE WEIMAR(カフェ・ワイマール)

歴史がなお息づいている伝統的なカフェ

  • cafe weimarの外観
  • cafe weimarの看板

まずは伝統的なカフェからご紹介しましょう!こういったお店はカフェハウスと呼ばれ、「自宅の外にある第二のリビングルーム」という意味が込められています。

カフェで思い思いの時間を過ごす

  • 伝統的なカフェには常連さんが多い

新聞を読みふける人、談話を楽しむ人など、思い思いの時間を過ごしています。旅行者もガイドブックを読んだり、ポストカードを書いたりしながら観光の足を止めてゆっくり休むことができます。

  • cafe weimarの店内に置かれたピアノ

タイミングが良ければ、このピアノによる生演奏を楽しむこともできます。カフェハウスでは、ピアノ演奏などがよく行われているのです。

ケーキはザッハートルテだけではない

  • メランジュとケーキ (9.9ユーロ/1160円)

こちらは、ドボシュトルタというハンガリー発祥のケーキです。オーストリア=ハンガリー帝国という一つの国であったため、ウィーンにはハンガリーの文化も根付いています。

このカフェ・ワイマールのドキュメンタリー動画です。ここで働く人や過ごす人の様子がよくわかる映像です(ドイツ語のみ)。

カフェ・ワイマール

オーストリア / カフェ・喫茶店

 

住所:Währinger Straße 68 1090 Wien

Web:http://www.cafeweimar.at/

CAFE HAWELKA(カフェ・ハヴェルカ)

タイムスリップしたような空間

  • cafe hawelkaの店内と常連客の姿

タイムスリップしたようなレトロな雰囲気が味わえる、カフェ・ハヴェルカ。開店当初からほとんどお店の改装をしていないため、この独特の雰囲気が味わえるのだそうです。

看板商品はブフテルン

  • 昔と変わらぬcafe hawelkaの店内
  • カフェメランジュと名物のブフテルン (11ユーロ/1300円)

このお店の看板商品は、ブフテルンというちぎりパンです。ウィーンのカプチーノはメランジェと呼ばれ、シルバーのトレイと水のグラス、その上にスプーンが乗って出てきます。

カフェ・ハヴェルカ

オーストリア / カフェ・喫茶店

 

住所:Dorotheergasse 6, 1010 Wien

Web:http://www.hawelka.at/cafe/de/

aida(アイーダ)

ウィーンに複数店舗を構える

  • aidaの外観

値段もお手頃、味も良く、地元の人に定評があるのがこのお店、アイーダ。店舗がいくつかあるので、旅行者にもありがたいお店です。

ウィーンにウィンナーコーヒーあり!

  • カフェメランジュとザッハートルテ (6.1ユーロ/720円)

日本では、泡立てた生クリームを浮かせたコーヒーのことをウィンナーコーヒー(ウィーン風コーヒー)と呼びますが、この名称の由来となったウィーンには、実はこのようなコーヒーはありません。

しかし、アイーダにはメランジェとして存在していました!

アイーダ

オーストリア / カフェ・喫茶店

 

住所:Singerstraße 1, 1010 Wien

Web:http://aida.at/

DEMEL(デーメル)

ザッハートルテ名門店の一つ

  • DEMELの店内に並ぶケーキ

やはりウィーンに来たからには、ザッハートルテを食べなくてはいけませんね。ウィーンのザッハートルテの名門店の一つが、こちらデーメルです。

ケーキだけでなくカフェとしても最高

  • DEMELの店内と注文したケーキとカフェメランジュ(10ユーロ/1180円)

ケーキの味もさることながら、ゴージャスな雰囲気がありつつ、居心地もいいのがデーメルの魅力です。

デーメル

オーストリア / カフェ・喫茶店

 

住所:Kohlmarkt 14, 1010 Wien

Web:http://www.demel.at/frames/index_wien_kaffeehaus.h...

cafe couture(カフェ・クチュール)

全国のカフェ総合第一位になったことも

  • cafe coutureのある通り
  • cafe coutureの外観

オーストリアのミシュラン的存在・ファルスタッフという格付けランキングで、全国のカフェ総合第一位にもなったことがあるカフェ。豪華なアーケードの中に店を構えています。

新しいスタイルのカフェ

  • cafe coutureの店内
  • 店内では思い思いの時間をゆったりと過ごすお客さん

このお店は、伝統的なカフェとは一線を画している新しいスタイルが特徴です。設備費用・維持費が膨大にかかる豪華な内装は避け、できるだけシンプルにデザインされているのが新しいスタイルと言われる所以です。

お客さんが思い思いに「自宅の外にある第二のリビングルーム」として過ごしているところは、そのまま引き継がれています。

  • カフェメランジュ (3.2ユーロ/380円)

カプチーノを注文すると、素敵なラテアートで用意してくれました。

格付けランキングではコーヒーの品質だけでなく、店内の雰囲気、明るさなどの環境なども重要なポイントになっているのですが、さすが一位に選ばれるだけあって、毎日でも通いたいくらい居心地のいいお店です。

カフェ・クチュール

オーストリア / カフェ・喫茶店

 

住所:Freyung 2, Palais Ferstel Passage, 1010 Vienna, Austria

Web:http://www.caffecouture.com/

※記事内のレートは、すべて2017年4月現在。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2015年4月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
カフェと朝ごはん、音楽を求めて冒険中です

広島在住です。
ドイツパン修行を経て世界放浪に繰り出しました。
カフェと食(特に朝ごはん)、音楽を巡り現在訪問した国と地域は70カ国以上。とことん凝り性で、興味があることには入れ込む性格なので、世界で集めたいろんなものを紹介していければと思います!
国内旅行は神社と寺巡りが好きです。

http://sahnemiz.exblog.jp/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!