千葉
千葉観光
東京ディズニーリゾートで有名な海に囲まれた県

【房総】ホタル狩りも滝つぼプールも!「清和の森」で贅沢キャンプ❤

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:41都道府県

2019年5月22日更新

11,258view

お気に入り

写真:かなたあきこ

夏に向かうにつれ、キャンプにも最適な気候になってくる6月。千葉県君津市にある「清和県民の森」には、キャンプサイトから徒歩圏内に「清和ほたるの里」があり、毎年5月下旬~6月下旬にかけてホタル狩りが楽しめます。広大な敷地内には大きな滝があり、暑い日には豪快な“滝つぼプール”で遊泳も!キャンプだけじゃなく、様々なアクティビティが楽しめる「清和県民の森」。東京アクアラインを使えば、都心から車でわずか1時間半というアクセスの良さも魅力❤

この記事の目次表示

都心から車でわずか1時間半。アクアラインを通って、一気に日常を抜け出そう!

今回のキャンプ地「千葉県立清和県民の森」は、君津市と富津市の境にある山中にあります。東京からは、アクアラインを利用して木更津経由で向かうのがいいでしょう。道が空いていれば、わずか1時間半ほどでキャンプ場に到着!アクアラインが渋滞中の場合は、千葉市の方から回っても、到着まで2~3時間です。

「清和県民の森」までのアクセス
URL:http://www.chiba-forest.jp/seiwa/access.html

テントもいいけど、ロッジも◎。ホタルの時季は早めの予約を

ホタルの時季は、イコール梅雨の時季。テント泊だと雨が心配・・・という時は、ロッジを利用しましょう。清和県民の森には、高床式のキノコ型が24棟、低床式の家型が5棟、計29棟のロッジがあります。

定員は全て5名で、照明付きです。ホタルシーズンの土日は、かなり早くから予約が埋まってしまうので、早めの予約をおすすめします。

  • 写真:かなたあきこキノコ型のロッジ。中央のはしごを使って上り下りします

キノコ型ロッジは高床式で「ツリーハウス」っぽく、冒険心をくすぐる設計。大人もワクワクしてしまいます♪居住スペースの下にテーブル、イスが備えられていて、小雨でも濡れることなく食事ができます。

  • 写真:かなたあきこ意外と広いロッジの中。小学生二人+大人二人が余裕で寝れます

ロッジ内部はけっこう広い!毛布・シーツも完備されており、暑い時季はシュラフがなくても大丈夫でしょう。寝っ転がっておしゃべりしたり、トランプしたり・・・キャンプとは思えないほどの快適さ☆

ちなみにこちらのキャンプ場、トイレの清潔さも群を抜いています。もちろんすべて水洗で、洋式トイレもあるため、小さい子ども連れには本当に重宝します。コイン式シャワーもピカピカ!コインはチェックイン時に、受付で一人一枚(3分間分)もらえます。

初夏ならではの特権!川遊び&滝つぼプールで泳いでみよう

滝へのアクセスも徒歩でラクラク

テント設営やロッジでの荷下ろしが終わったら、歩いて数分の「豊英大滝」へ行ってみましょう。テントサイトからは10分くらい、ロッジ村からは3分くらい歩くと滝への降り口が見えてきます。

「清和県民の森」施設案内図
URL:http://www.chiba-forest.jp/seiwa/images/figure/map.pdf

泳いだり、登ったり。大自然に抱かれた天然のプール!

  • 写真:かなたあきこ一段目の滝つぼから、二段目までは天然の滑り台に

森の中に設置された道を5分ほど下れば、川に到着。さらに滝の音を聞きながら上流へ歩いていくと、すぐ目の前に大きな滝が!滝幅は15mを超し、ゆるやかな斜面で二段の滝つぼを形成。とくに一段目の滝つぼが広く、泳いでいる人もたくさんいます。

  • 写真:かなたあきこ

水量によっては大人でも足のつかない深さのため、子どもは浮き輪やライフジャケットがあると安心です。

  • 写真:かなたあきこ小さいお子さんは浮き輪、ライフジャケットをお忘れなく!

滝の端っこの水の流れが少ないところを選べば、滝の上にも登れます。とても滑りやすいので、マリンシューズは必須。ビーチサンダルや裸足では危険です。コンディションはその日の水流の多さ次第なので、安全を優先して“滝クライミング”を楽しみましょう!

  • 写真:かなたあきこ滝の端からクライミングに挑戦!
豊英大滝
千葉 / 自然・景勝地
住所:千葉県君津市豊英659−4地図で見る

次のページを読む

千葉の旅行予約はこちら

千葉のパッケージツアーを探す

千葉のホテルを探す

千葉の航空券を探す

(成田空港)

千葉の現地アクティビティを探す

千葉のレンタカーを探す

千葉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...


日本の人気の島TOP50!旅行好きが行っている島ランキング

沖縄・古宇利島や長崎・軍艦島、鹿児島・桜島をはじめとする日本の有名な島の中で、トリップノートの4万2千人の旅行好きトラベラー会員(2019年8月現在)が実際に行...

全国の人気水族館TOP20!旅行好きが行っている水族館ランキング

全国各地に数多ある水族館の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている全国の人気水族館ランキングTOP20をご...

全国の人気動物園TOP15!旅行好きが行っている動物園ランキング

全国の数ある動物園・サファリパークの中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている全国の人気動物園ランキングTO...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆トラベルライターアワード 2018年上半期・2018年年間・2019年上半期
◆◆「国内記事部門 アクセストップ賞」三期連続受賞中!
◆◆https://tripnote.jp/minna/award/2019/1



学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?チケット入手方法や展示内容、レストラン情報な...


【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...


【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

【豊洲市場】見学者コース・飲食店・マグロのせりetc見どころ最新ガイド!

2018年10月11日にオープンした【豊洲市場】。築地市場に代わり、新しい東京の中央卸売市場となる「豊洲市場」をいち早く体験♪充実した見学者コースや飲食施設、屋...

【奈良】女子旅で買いたい“かわいい”お土産10選

奈良の女子旅で買いたい、ビジュアルが可愛いお土産を厳選!人気の鹿モチーフをはじめ、奈良でしか買えないキュートすぎるお土産10点をご紹介します。奈良を旅する女子必...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?