宜野湾市

【沖縄・宜野湾市】沖縄一美味しい!タコス一品で勝負する「メキシコ」

取材・写真・文:

東京在住

2021年4月21日更新

897view

お気に入り

写真:Emily

沖縄県で地元の人々にも観光客にも人気のフードといえば「タコライス」ですが、それと同じくらい地元の人々に愛されているのが「タコス」です。沖縄にはタコスを提供しているレストランやショップが沢山ありますが、今回は、多くの沖縄県民から「沖縄で一番美味しいタコスを出す」と賞賛されているレストラン「メキシコ」を紹介します。

この記事の目次表示

「メキシコ」とは?

  • 写真:Emily

沖縄県中部の宜野湾市にあるタコスのレストランです。お店の外観は、名前の通り「メキシコ」の国旗をイメージした「白・赤・緑」カラーの入り口で、そこまで大きくなく、こじんまりした感じ。

  • 写真:Emily

中に入ると、外から予想していたよりも広くてゆったりした店内です。テーブル席とソファー席の2種類があり、どちらも広めで、ゆったりくつろげます。

アメリカンなカフェ、といった感じですが、壁際のコーナーにはシーサーや三線など、沖縄を感じさせるアイテムもあり、落ち着いた雰囲気です。女性一人で来ても気軽に入れそうな雰囲気!

メニューは?

席に着くと店員さんが「何人前ですか?」と聞いてくれます。「何がありますか?」と聞くと、「タコス1種類です」とのこと。そう、この「メキシコ」のメニューはたった一品、「タコス」のみ。

タコス4つで1人前ですが、2つ単位でタコスの数を増やせるそうです。お腹の空き具合によって調整してみましょう。

お値段もとっても魅力的!

このタコス、1皿4つ入った1人前で、600円!とってもリーズナブルです。

ドリンクはセルフサービスで店内冷蔵庫から取ってこよう

ドリンクは、タコスに絶対合いそうなペプシ、ビール(コロナもある!)を始め、ウーロン茶やノンアルコールビールなど。ここもお店のこだわりなのか、全てビン!海外のレストランに来たかのようなちょっと特別な雰囲気をここでも味わえます。

いざ、タコスをいただきます!

  • 写真:Emily

1皿に「ちょっと小ぶりかな?」と思うくらいの大きさのタコスが4つ。タコスミート・レタス・チーズ・トマトが、トルティーヤに盛り付けられています。

このトルティーヤなのですが、ハードシェルではなく、かといって、ペラペラのものではなく…しっとり、もちもち、ふんわり、というちょっと表現が難しいトルティーヤですごくおいしい!

トルティーヤの秘密

  • 写真:Emily

実はこのトルティーヤは、お店で一枚一枚手作り。トルティーヤが売り切れてしまって閉店してしまう日もあるのだとか。定休日を週2日に増やして仕込みの時間にあてているほど、このトルティーヤに力を入れているそうです。

そんなトルティーヤは食感だけでなく、大きさもちょうどいいサイズ。乗せられた具材の量がちょうどいい塩梅で、食べ進めても具がトルティーヤからはみ出すことなく食べられます。

自家製サルサソースもおいしい!

ここ「メキシコ」のもう一つの自慢が、自家製サルサソース。このサルサソースだけを買い求めに来ることもあるのだとか。辛さがそんなに強くないので、辛いのが苦手な人も、タコスにアクセントをつけるためにサルサソースをつけるといいですよ。

全ての具のバランスが絶妙

トルティーヤの食感と、ジューシーなビーフ、シャキシャキしたレタス、全てをマイルドにするチーズ、全てのバランスが絶妙で、1皿4つのタコスもいつの間にかペロリ。お代わりしたくなるタコスです。

お代わりしたいけど、今は食べられない!という方はテイクアウトも可能。筆者が食べている間にも、テイクアウトで買っていく方がかなりいました。

最後に

いかがでしたか。沖縄一のタコスを食べられる「メキシコ」。こだわりがたくさん詰まったタコスを食べに、ぜひお店に行ってみてください。

タコス専門店 メキシコ
宜野湾市 / 中南米料理 / ご当地グルメ・名物料理 / タコス
住所:沖縄県宜野湾市伊佐3−1−3地図で見る
電話:098−987−1663

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...


【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...

【山形・鶴岡】 山形のお土産がたくさん!日本一癒されるトイレも名物!?「HOUSE 清川屋」

旅のお土産に、その土地の特産品は必須ですよね。今回は山形の特産品を使った商品をたくさん取りそろえたお土産やさん「HOUSE 清川屋」をご紹介します。実はこの「H...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります