東川町(上川郡)

北海道の最高峰にして大雪山の主峰!日本百名山【旭岳】を登ろう!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2021年7月7日更新

761view

お気に入り

写真:SaoRi

北海道の最高峰「旭岳」は、大雪山の主峰としても知られ、日本百名山にも選ばれている人気の山です。標高は2,291mはありますが、5合目まではロープウェイで行けるので、本格的な登山を比較的気軽に楽しめます♪今回は、5合目から登る旭岳登山についてご紹介します!

この記事の目次表示

「旭岳」とは?

標高2,291mを誇る「旭岳」は、北海道上川郡東川町にある火山で、大雪山の主峰であると共に、北海道の最高峰です。

登山シーズンは6月下旬から10月初旬までと短いものの、日本百名山にも選ばれていて、多くの登山者が訪れる人気の山です。

  • 写真:SaoRi

また、麓の旭岳温泉から標高1,600m地点の5合目まではロープウェイで行くこともできます。

  • 写真:SaoRi

1周約1時間で巡ることができる散策路も整備されているため、登山者に限らず、絶景やハイキングを楽しむ観光客も多いです。

  • 写真:SaoRi

6月に雪解けがはじまったかと思うとあっという間に夏山にかわり、美しい高山植物が咲き誇ります。

  • 高山植物が美しい夏の旭岳

そして9月中旬から下旬にかけては紅葉がピークを迎え、日本で最も早く紅葉が訪れる場所としても知られています。

  • 紅葉が美しい秋の旭岳

短い期間でめまぐるしく季節が変わっていく旭岳の大自然へ、さっそく出発しましょう!

まずはロープウェイで5合目まで登ろう!

まずは旭岳温泉街にある「大雪山旭岳ロープウェイ」で5合目へと向かいましょう!

  • 写真:SaoRi

チケットは片道でも往復でも買うことができるので、体力や登山プランに合わせて購入しましょう。標高1,600m地点にある姿見駅までは、約10分で到着することができます!

  • 写真:SaoRi

車窓からは大雪山のダイナミックな景色を楽しむことができ、ロープウェイでの空中散歩だけでもとても感動的です。

  • 写真:SaoRi

姿見駅に到着後はハイキングコースの簡単なレクチャーや、その季節に咲いている高山植物の紹介などがあり、その後は自由行動開始です!

  • 写真:SaoRiレクチャーの様子

さっそく登山口へと向かいましょう!

大雪山旭岳ロープウェイ 山麓駅
東川町(上川郡) / 駅
住所:北海道上川郡東川町 大雪山旭岳ロープウェイ地図で見る
電話:0166-68-9111
Web:http://asahidake.hokkaido.jp/ja/
大雪山旭岳ロープウェイ 姿見駅
東川町(上川郡) / 駅
住所:北海道上川郡東川町 姿見駅地図で見る

5合目からは自力で!いよいよ登山道へ

5合目の散策路から旭岳山頂への登山口は、ハイキングコース内で特に人気の姿見の池にあります。

  • 写真:SaoRi姿見の池の横にある、旭岳山頂へと続く登山道

旭岳石室と第5展望台を背に、石がゴロゴロとした傾斜を登っていくと、旭岳登山道へと続いています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

ロープウェイ降車時のレクチャーでも説明がありますが、右の写真の看板を目印にハイキングコースから外れ、登山装備を要する本格的な山登りとなるので覚悟を決めましょう!

姿見の池
東川町(上川郡) / 自然・景勝地
住所:北海道上川郡東川町旭岳温泉 姿見の池地図で見る

5合目~6合目

5合目のハイキングコースを後にし、6合目へと向かって歩いていく際の景色がこちらです。

  • 写真:SaoRi

見える限り、岩、岩、岩です!「どこまでこの岩の道が続くのだろう…」と思われる方も多いかもしれませんが、山頂までほぼこんな感じです。

  • 写真:SaoRi

なので、足元に気を付けながら、ひたすら地道に登っていきます。

  • 写真:SaoRi

左側の地獄谷の噴煙を見ながら、慎重に一歩一歩登っていくと、ほどなくして6合目に到着です!

  • 写真:SaoRi地獄谷
  • 写真:SaoRi6合目

6合目~7合目

6合目の道標を過ぎたあとも、これまでと変わらず岩がごろごろとした道を進んでいきます。

  • 写真:SaoRi

登り始めてまだそう時間は経っていませんが、振り返るともうこんなに姿見の池が小さく見えます。

  • 写真:SaoRi

登り始めの標高が既に1,600mを超えているので、すぐに壮大な景色を楽しめるのも嬉しいポイントです。

岩だらけで歩きづらそうに見えますが、よく見ると人が通った道がしっかりと残っているので、その跡を辿っていけば比較的楽に登れます。

  • 写真:SaoRi

空や雲が近く感じ始めてきたら、すぐに7合目です。

  • 写真:SaoRi7合目

7合目~8合目

7合目を過ぎても、岩だらけの道は変わりません。足場の悪さに加え、更に傾斜もきつくなってくるので、頑張りどころです。

  • 写真:SaoRi

この日は途中から曇り始め、8合目手前で深い雲に包まれ、視界も悪くなっていきました。標高が高いこともあり、天気が変わりやすいので、装備を含め、十分に注意しましょう!

赤褐色の岩が見え始め、足元が更に滑りやすく感じてきたところで8合目に到着です。

  • 写真:SaoRi8合目

8合目~9合目

「あんなに高いところまで登れるだろうか…」と不安に思いながら出発した方も、きっと気が付けば9合目が目前のはずです!

  • 写真:SaoRi

滑りやすさやごろごろとした岩など、足場の悪さは8合目とそう変わりませんが、それ以外に難しいところや危険なスポットはほぼないので、ゆっくりでもいいので1歩ずつ確実に登っていくと、いつの間にか自分でも驚くような標高に到達しています。

  • 写真:SaoRi

大きな岩の合間を縫って進んでいくと、ほどなくして9合目に到着です。

  • 写真:SaoRi

9合目~山頂

9合目の道標を過ぎ、砂利のような道を登っていくと、少しだけ歩きやすい道へと変わります。

  • 写真:SaoRi

頂上を示す看板が見えてくるので、案内に従ってコースを取ります。

  • 写真:SaoRi

しばし緩やかな坂道を登っていくと、いよいよ最後の急傾斜です!

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

距離が少し長く感じられるかもしれませんが、この岩の道を登り進めていくと、北海道の最高峰である旭岳の山頂に到着です!!

  • 写真:SaoRi

北海道の最高峰!旭岳山頂

旭岳の頂上は広々としていて、ランチや休憩スポットにピッタリです。

  • 写真:SaoRi

この日の山頂は雲に包まれていて視界不良でしたが、それでも北海道最高峰の道標との記念撮影はかなりの達成感があります!

お天気がいい日には、周辺の山々をはじめ、大パノラマも楽しむことができ、より一層の満足感が得られるはずです。

  • 晴れてる日の旭岳山頂

頂上までの道のりは楽とは言えないものの、5合目まではロープウェイで楽々と行くことができるため、比較的気軽に楽しめる登山といえます。

北海道の最高峰かつ大雪山の主峰、そして日本百名山にも選ばれている「旭岳」の登頂は、きっと忘れられない経験となるに違いありません!十分に準備のうえ、ぜひチャレンジしてみて下さいね♪

旭岳
東川町(上川郡) / 自然・景勝地 / 紅葉 / 花畑(6月) / 花畑(7月) / 花畑(8月) / 秋のおすすめ観光スポット / ハイキング / ツーリング
住所:北海道上川郡東川町 旭岳地図で見る

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年9月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...


【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります