北海道
北海道観光
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

【北海道】地元民から観光客にまで人気!「道の駅 おとふけ」の魅力

取材・写真・文:

鳥取在住
訪問エリア:20都道府県

2018年11月29日更新

107view

お気に入り

写真:SaoRi

北海道河東郡音更町の国道241号線沿いに建つ「道の駅 おとふけ」。音更町をはじめ、十勝管内や道内の特産品が販売され、お得に本格中華が楽しめるバイキングレストランなどもあり、多くの地元民や観光客で年中賑わっています。今回は「道の駅 おとふけ」の魅力についてご紹介します。

この記事の目次表示

「道の駅 おとふけ」とは?

「道の駅 おとふけ」は、北海道河東郡音更町にある、国道241号線沿いに建つ道の駅です。

  • 写真:SaoRi

道東自動車道音更インターからや、国道241号などの主要道路からのアクセスが大変便利な立地にあり、地元民や観光客など多くの人々が利用します。

  • 写真:SaoRi

「道の駅 おとふけ」は、まるで工事中かのような独特な外観をしており、ブルーのパイプで屋根と壁面が覆われています。

  • 写真:SaoRi

1階は特産センターになっており、2階は本格中華を楽しめるバイキングレストラン、敷地内には農産物直売所もあります。

観光客をはじめ、地元民も多く訪れる「道の駅 おとふけ」の魅力についてご紹介していきます。

お土産選びやご当地グルメを楽しめる!「特産センター」

「道の駅 おとふけ」の1階では、音更町はもちろんのこと、十勝管内や北海道内の特産品が販売されています。

  • 写真:SaoRi

音更町は豆が有名なので、煮豆や生豆、音更産の大豆を使用したお菓子の数々は特に注目です。また、十勝は酪農が盛んなので、新鮮な牛乳を使用して作られた乳製品もチェックしてみて下さいね。さらに、レジで注文できる、種類豊富なフレーバーが取り揃えられたソフトクリームもオススメです。

  • 写真:SaoRi

一番食べてみてほしいのは、音更町の特産品でもある黒豆や小豆、きなこを使用したソフトです。

  • 写真:SaoRi小豆ソフト(ミニカップ)230円

十勝の美味しい牛乳を使用したソフトクリームと、音更町の美味しい豆のコラボレーションが楽しめるご当地ソフト、ぜひ食べてみて下さいね。


お得に本格中華が食べられる!2階レストラン「中華バイキング桃花」

2階にある「中華バイキング桃花(とうか)」では、お得なお値段で本格的な中華料理バイキングを楽しめます。

  • 写真:SaoRi

料金は、ランチが980円、ディナーが1,400円。どちらも食べ放題のバイキング形式で、コーヒーやソフトドリンクなどの飲み放題つき。道の駅内の飲食店でこの料金はかなりお得です。

バイキングメニューは常時24品以上並び、山椒と2種の辛みを用いた麻婆豆腐や、2種類あるチャーハンは特にオススメです。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

中華の食べ放題ときくと、油が強く、なかなか満足いくまで食べられない印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、桃花の味付けは、あっさりとしていて飽きがこず、たくさん食べられるということでも評判です。

「常に出来立てを食べてもらう」というのがシェフのモットーで、バイキングメニューは大皿に少なめに盛られており、なくなり次第すぐに新しい料理が並ぶので、出来立てのお料理を楽しめます。

また、時間がない方には、テイクアウトがオススメです。専用のお弁当箱に、お値段650円でフタが閉まるまでつめ放題です。

お仕事の合間で寄られた方や、次の目的地までに時間がない方などはぜひテイクアウトを利用してみて下さいね。

【中華バイキング桃花】
営業時間 11:00~15:00(オーダーストップ14:00)、17:30~21:00(オーダーストップ20:00)
定休日 毎週月曜日(※月曜日が祝日の時は翌日。夜間は臨時休業する場合あり)

新鮮野菜をGETできる!「農産物直売所」

道の駅の敷地内には農産物直売所も設けられており、町内の農家が収穫した新鮮野菜が直売されています。

  • 写真:SaoRi

また、5月~10月の第2・第4日曜日の朝には、地元の朝採り野菜や手芸・工芸・園芸・陶芸品、リサイクル品など多彩な出店がされる青空市も開催されています。

十勝は農産物も大変美味しいことで有名なので、収穫されたばかりの新鮮野菜をぜひ食べてみて下さいね。地方発送もできるので、まとめ買いもオススメです。

【農産物直売所】
営業時間:10:00~17:00(8月10日~12月10日)
※5月~10月の第2・第4日曜日は青空市のため8:00~17:00(青空市は8時~9時半まで)

おわりに

地元民から観光客にまで人気の「道の駅 おとふけ」の魅力はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

主要道路からのアクセスも良く、また近くには十勝ならではの温泉「モール温泉」を日帰りで楽しめる施設も数多くあるので、車中泊される方にもオススメです。

  • 写真:SaoRi

道東方面への旅行や十勝観光に訪れた際には、ぜひ一度足を運んでみて下さいね。

道の駅 おとふけ
北海道 / 道の駅・サービスエリア
住所:北海道河東郡音更町木野大通西19丁目5番地地図で見る
電話:0155-31-8511
Web:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/825/

北海道の旅行予約はこちら

北海道のホテルを探す

北海道の航空券を探す

北海道のパッケージツアーを探す

北海道の現地アクティビティを探す

北海道のレンタカーを探す

北海道の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じキーワードの記事

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

地産地消にこだわったお洒落カフェ【北海道・音更】LOW café

クロスタウンおとふけ内に建つLOW café(ロウ カフェ)では、木の温もりあふれるオシャレな店内と共に、北海道産や十勝産にこだわった食材を使用したお料理が注目...


【函館市】 縄文文化を体験学習出来る施設で中空土偶(国宝)などの遺物を見学しよう!

縄文時代の遺跡が数多く発掘されている函館市南茅部地域では、北海道初の国宝「中空土偶」が出土しています。国宝をはじめ、現地で発掘された貴重な遺物を展示公開している...

【北海道鹿部町】地球の生命力をご覧あれ!道の駅しかべ間歇泉公園

鹿部町は、渡島半島の付け根に当たり、噴火湾や太平洋という海の幸に恵まれた漁業の町です。でも実はそれだけではなく、泉源が30箇所以上もある北海道南地域有数の「温泉...


ナウマン象やゆり根グルメを楽しもう!【北海道・十勝】道の駅 忠類の見所&ご当地グルメ

北海道中川郡幕別町は、日本で初めて全身骨格の復元に成功したナウマン象の化石が発見された地です。発掘現場があるのはもちろんのこと、ナウマン象をモチーフにした名物の...

この記事を書いたトラベルライター

生粋の転勤族ライター
トリップノートでトラベルライターをさせて頂いている傍ら、鳥取県の地域情報メディア「とっとりずむ」で、観光・グルメ・育児のライターをさせて頂いています!

敏腕編集長と地元民のライターさんに混ぜて頂き、鳥取勤務の間は、メジャーな情報はもちろんのこと、マイナーでコアな鳥取情報も発信していきます。

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...


税込980円でこの鮮度!【鳥取県】賀露港・市場食堂で新鮮海鮮を!

日本海に面している鳥取県は海の幸にも恵まれています。今回ご紹介する賀露港・市場食堂は鳥取県賀露港のすぐそばにあり、新鮮な海鮮物をまさかの税込1,000円を切る値...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...


【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?