北海道
北海道観光
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

ロープウェイとリフトで楽々♪ファミリー登山にもオススメな「黒岳」へ【北海道・大雪山】

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:20都道府県

2020年9月18日更新

244view

お気に入り

1年を通して多くの登山者や観光客で賑わう、標高1,984mの「黒岳」。標高だけきくと、「とっても登れない…」と思う方も多いかもしれませんが、7合目まではロープウェイとリフトで楽々と行くことができます。層雲峡渓谷の壮大な眺めや高山植物を気軽に楽しめ、また7合目から山頂までは約1時間半で登れるため、ファミリー登山にもオススメです。今回は、ロープウェイとリフトを使って、大雪山の秀峰「黒岳」に登ってみましょう!

この記事の目次表示

「黒岳」とは?

北海道上川郡上川町に位置する「黒岳(標高1,984m)」は、北海道の大屋根と呼ばれる大雪山の秀峰として知られています。

麓の層雲峡温泉街から出ているロープウェイとリフトを利用すれば簡単に7合目まで行くことができ、子供から大人まで気軽に登山やトレッキングを楽しめます。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

1年を通して大自然の魅力を満喫できます。春や夏には高山植物、秋には彩り豊かな紅葉、冬にはスキーやスノーシューなどを楽しむことができ、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

ロープウェイとリフトを使って黒岳山頂を目指そう!

標高1,984mと聞くと構えてしまう方が多いかもしれませんが、前述のとおり7合目まではロープウェイとリフトで楽々行くことができます。

7合目から山頂までは自力で登ります!岩がごろごろとした道を約1時間半ほど歩くので登山靴は必須です。

  • 写真:SaoRi

登山道中はやや険しいところもありますが、慎重に歩み進めれば小学生くらいのお子さんでも十分にチャレンジできます。壮大な層雲峡渓谷の景観や高山植物、そして山頂での達成感を楽しみに、さっそく登りだしましょう♪

まずはロープウェイで5合目へ!

まずは層雲峡温泉街にある「大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ」から5合目まで向かいましょう!

  • 写真:SaoRi

チケットはロープウェイやリフトだけ、またはロープウェイとリフトがセットになったロープウェイリフトセット券などがあります。それぞれ片道か往復かも選ぶことができるので、お値段などの詳細はホームページをご確認下さい。

  • 写真:SaoRi今回はロープウェイリフトセット券の往復(3,000円)を購入

ロープウェイは通常20分間隔で運行していて、片道7分ほどで一気に5合目まで行けます!

  • 写真:SaoRi

ゴンドラからは層雲峡渓谷をはじめ、大雪山連邦の山々を一望することができ、この時点で既に感動が大きいです!

  • 写真:SaoRi

絶景を満喫しながら、あっという間に標高1,300m地点(5合目)の黒岳駅に到着です♪

  • 写真:SaoRi

お次はリフトに乗って7合目へ!

黒岳駅に到着してロープウェイを降りたら、案内に従い、リフト乗り場へと向かいましょう!

  • 写真:SaoRi

看板にもありますが、ここより先にはお手洗いがないので、心配な方は5合目で済ませておきましょう。道標に従って歩いていくと、ほどなくして1,320m地点のリフト乗り場に到着です。

  • 写真:SaoRi

今度はリフトに乗って、標高1,520mの7号目まで一気に標高をあげます!

  • 写真:SaoRi

確実に標高はあがっていってるものの、リフトに乗っているだけなので全く疲れもなく、むしろ小鳥のさえずりや足元に咲く高山植物などを楽しめ、まったり気分です♪

  • 写真:SaoRi

ゆったりとした気分で片道15分ほどの空中散歩を終えたら、いよいよ7合目に到着です!

  • 写真:SaoRi

最後は自力で山頂へ!

ロープウェイとリフトを使って楽々と7合目まで来ましたが、ここからはいよいよ自力で登っていきます!

リフトを降りたら、七合目ロッジから登山口へと向かいます。登山口前にある入林者名簿に記入を終えたら、さっそく歩き出しましょう!

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

七合目ロッジ横の石段を登っていくと、木道が続き、すぐに岩がごろごろとした道になります。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

7合目の道標を過ぎると、より岩だらけの登山道が続きます。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

歩き始めは少し大変に思えるかもしれませんが、既に標高が高いため、振り返れば常に絶景が励ましてくれます。

  • 写真:SaoRi

大雪山は本州の山々に比べて過酷な山岳環境にあるため、森林限界点が1,500mほどと低く、8合目を過ぎた辺りからかなり見晴らしも良いです。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

足元に注意しながら、まるで天空に登っていってるかのような木の階段を上っていくと、ほどなくして9合目に到着です。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

更に木の階段と岩の道を登り進めていくと、左側の斜面にまねき岩が見えてきます。

  • 写真:SaoRi

このまねき岩を超えたら、山頂はもう間近!疲れたら少し振り返って絶景を楽しんで、それを励みに最後のもうひと頑張りです!

  • 写真:SaoRi9合目から振り返った景色

岩の道がより一層険しくなってきたと感じたら、そのすぐ先がゴール!

  • 写真:SaoRi

標高1,984m、黒岳頂上です!

  • 写真:SaoRi

7合目から歩き出して、僅か1時間~1時間半でこの標高と景色はたまりません!

  • 写真:SaoRi

山頂からの景色はもちろんのこと、石室や他の山々へと続く縦走路の眺めも最高です。

  • 写真:SaoRi山頂からのびる黒岳石室へと続く道

山頂から約800mで黒岳石室まで行けるので、体力がある方はぜひそちらも歩いてみて下さいね♪

おわりに

ファミリー登山にもオススメな大雪山の秀峰「黒岳」のご紹介はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

ロープウェイとリフトを使って7合目まで楽々と行けて、最後には本格登山も味わうことができて、とってもオススメです!

  • 写真:SaoRi

また、山頂からは旭岳などの他の大雪山の山々への縦走も可能なので、体力やレベルに合わせて幅広い楽しみ方ができます。

  • 写真:SaoRi

登山好きな方にはもちろんのこと、これから登山を始めてみたいという方にもとってもオススメなので、ぜひチャレンジしてみて下さいね♪

黒岳
北海道 / 自然・景勝地 / 絶景
住所:北海道上川郡上川町 黒岳地図で見る

北海道の旅行予約はこちら

北海道のパッケージツアーを探す

北海道のホテルを探す

北海道の航空券を探す

北海道の現地アクティビティを探す

北海道のレンタカーを探す

北海道の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年9月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

日本未発売!ハワイ州限定の【日焼けドラえもん】グッズが可愛すぎ♡

ハワイでは、これまでに「日焼けスヌーピー」や「日焼けキティちゃん」など、日焼けしたキャラクターシリーズが注目を浴びてきましたが、2018年についに「日焼けドラえ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?