【ニセコ】道産子絶賛!地元で人気の行列ができる名店4選!

263

view
   2017年10月11日更新

国際的なリゾート地としてその名を轟かせているニセコ。2016年には地価上昇率日本一となるなど、現在でもインバウンド需要による商業施設の建設ラッシュが続いています。外国人の移住や長期滞在のための施設も多く、異国の雰囲気さえ放っている特異なリゾート地として現在進行形で成長しているエリアです。そんなニセコで道産子絶賛の地元の人気店を4軒紹介いたします。行列ができるほどのその味に、あなたもきっと魅了されるはず!

はじめに

ニセコとはどこでしょう?こんな質問はおかしいと思われるかもしれませんが、道内の人がひとくちに「ニセコ」と言うときには、決して「ニセコ町」だけを指しているわけではないことが多々あります。むしろ倶知安(くっちゃん)町とその周辺、あるいは羊蹄山麓にある町のほとんどを指している場合があります。

倶知安町やニセコ町はすぐ隣り合っているので、このあたりを車でドライブしているとどこであっても「ニセコ」と表現してしまう、ということですね。今回もニセコの名店と言いつつ、倶知安町と真狩(まっかり)村が含まれているのはそういった理由になります。

JRニセコ駅の構内にある茶房「ヌプリ」は知る人ぞ知るカレーの名店!

JRニセコ駅構内にある小さなお店「ヌプリ」は喫茶店でありながら、カレーが美味しいことで有名。北海道は車社会なのでJRニセコ駅は利用したことがないという人でも、カレー目当てに駅舎に足を踏み入れたことがあるという人は少なくないはずです。

壁には古時計がいくつも飾られており、少しガタついたテーブルはすべてが古いミシン台を利用したもの。レトロな店内でいただくカレーは、コクのある甘さと後からやってくるスパイシーさが特徴的です。家で作るカレーとはひと味もふた味も違う、専門店で食べるカレーに似ているかもしれません。

小さなお店で席数も少なめなので、週末の昼時は混み合います。時間帯をずらして行くのがオススメです。9〜10月のハロウィンシーズンにはたくさんのカボチャが駅前に飾られ、絶好のフォトスポットにもなっているんですよ!

  • 長いもとベーコンカレー(1,080円)
  • ヌプリカレー(760円+大盛り110円)

ちなみに、「ヌプリ」とはアイヌ語で「山」の意。羊蹄山(ようていざん)をはじめ、ルスツにニセコひらふにニセコアンヌプリ、チセヌプリと、多くの山々に囲まれたスキーリゾート地にふさわしい店名です。

ヌプリ

北海道 / カフェ・喫茶店 / カレー

 

住所:北海道虻田郡ニセコ町字中央通142-1 JRニセコ駅構内

電話:0136-44-2619

牧草ロールにトラクター!フォトジェニックが叶う高橋牧場の「ミルク工房」!

今やニセコを代表するスイーツの名店、高橋牧場のミルク工房。筆者もここの牛乳の味が濃厚なさっぱり味のソフトクリームと、酸味と甘さのバランスが絶妙なのむヨーグルトの大ファンです。

旅行雑誌の編集者だった15年も前から、こちらののむヨーグルトを機会があるごとに推していたのですが、当時に比べてスイーツの種類が豊富になり、工房はどんどん大きくなり、新しい施設も続々と増え、ついには東京吉祥寺にも出店とのこと。新鮮なミルクの味を生かしたシンプルな味わいは、誰もが認めるところとなりました。

ミルク工房の敷地内には、カフェやレストランの他にチーズ工場やピザショップなども併設。さらにはキャンドルや木材で作られたお土産にぴったりの雑貨を扱っているショップや、とんぼ玉やアクセサリー作りなどが楽しめるとんぼ玉工房もあります。

さらに嬉しいのはニセコのシンボル「羊蹄山」がバッチリ映るフォトスポットが用意されていること!牧草ロールとトラクターは記念撮影用に置かれているので、どこから写しても絵になります。乗ったり触ったりしてもOKなので、家族やカップルで存分に北海道らしさを味わってください!

  • のむヨーグルト 大370円(500ml) 小160円(150ml)
  • アイスクリーム ダブルのみ 320円 コーンまたはカップを選択可
高橋牧場「ミルク工房」

北海道 / スイーツ

 

住所:北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1

電話:0136-44-3734

Web:http://www.niseko-takahashi.jp/milkkobo/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月22日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
毎日が旅の途中。写真と言葉とデザインと。

旅行情報誌の編集者(エディター)を皮切りに、コピーライター、ディレクター、デザイナー、プランナーと数々のカタカナ職種を制覇。旅行や観光とは切っても切れない関係で、最近はロケコーディネーターとしてのお仕事も。カメラマンの夫とともに年間100泊近い出張&プライベート旅行をしながら、旅するように暮らしています。撮影のための年間総走行距離は7〜10万km。年間総撮影枚数もおそらくそれくらい。取材やロケも含め、実体験に基づいた旅レポをどんどんお伝えしていきたいと思います。
撮影・旅レポ・食レポ・泊レポなどお仕事のご依頼もお待ちしています!

https://www.facebook.com/shiori.tsukiyono

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!