北海道
北海道観光
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

【北海道】帯広名物豚丼、今食べるべきはこの3軒!

取材・写真・文:

北海道在住

2018年11月9日更新

602view

お気に入り

北海道で丼といえば、新鮮な海の幸がこれでもかというほど乗った海鮮丼を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、忘れてはいけないのが帯広名物の「豚丼」です!帯広市内に40軒以上がひしめく豚丼激戦区から、2018年現在どのお店がオススメなのかを指南します!

この記事の目次表示

帯広名物「豚丼」の魅力!

帯広豚丼のはじまり

帯広名物「豚丼」。道内ではかなりブランド力のあるご当地グルメで、道東エリアでは文句なしのno.1グルメと言えるでしょう。全国展開している牛丼チェーンの豚肉版などとはまったく異なるもので、帯広ならではの特徴があります。イメージとしては、まさかの鰻丼です!

帯広豚丼を考案したのは「元祖豚丼のぱんちょう」の創業者で、昭和8年から提供を始めました。それまでは大衆食堂として定食などを提供していましたが、豚丼を始めてからは専門店として営業しています。その際参考にしたのが、甘辛いタレで白米がすすむスタミナ食の鰻丼だったと言われています。

当時の帯広は養豚が盛んになってきた頃で、牛肉よりも安く手に入るため、帯広の郷土料理として他の店にも根付いていったと言われています。現在、帯広豚丼を提供しているお店はおびひろ観光ナビによると42軒にものぼります(2018年11月時点)。

帯広豚丼の定義

自然発生的にご当地グルメとして根付いたものなので、「帯広豚丼」の明確な定義はありませんが、取材などで何軒も食べ歩いた筆者が思うこれぞ帯広豚丼!という定義は以下のとおりです。

  • 肉がとにかく分厚い!なかには1cm近いお店も
  • ロース肉またはバラ肉、あるいはその両方が味わえる
  • 薬味以外の余計な具材が極力入っていない
  • 彩りは枝豆やグリンピースが数粒、あるいは入っていない
  • 甘辛い醤油ベースのタレがかかっている

これが炭火で網焼きしてあれば完璧な「ザ!帯広豚丼」です。丼と言うからにはご飯が入っているのはもちろんなのですが、この料理はとにかく一心不乱に“豚肉を喰らう”料理だと思っています。少々行儀の悪い表現ですが、お肉があまりに厚く大きいので、一瞬たりとも油断できないのです!

先述した「元祖豚丼のぱんちょう」は、現在でも食べログの帯広市内豚丼ランキングで1位を独走しています。ガイドブックでも必ず取り上げられる超有名店なので、ここではあえて「ぱんちょう」以外の実力・人気・個性ともに他を圧倒する、訪れるべき3軒をご紹介します。

①人気・知名度ともに抜群!行列必至の「ぶた丼のとん田」

地元での評価が特に高い「ぶた丼のとん田」。その評判ぶりは、口コミで全道へと拡大を続けています。駐車場で車のナンバーを見てみると全道各地から、あるいはレンタカー利用によって全国からお客さんが来ていることがよくわかります。

十勝産のお肉を使用した豚丼は、バラ・ヒレ・ロースより好きな部位を選ぶことができ、バラとロースは盛り合わせも可能です。食べやすい大きさに均一に手切りされたお肉は丁寧に筋切りされているので、肉に厚みがあってもとても食べやすくなっています。

とん田のバラ肉の甘さと柔らかさは、特筆すべき味わいです。炭焼きではありませんが、丁寧にじっくりと網焼きしてあるので脂身の多いバラでも余計なしつこさがなく、甘みだけが口の中に広がります。

  • バラぶた丼(お肉・ご飯の大盛り)1,100円

人気メニューはお肉もご飯も大盛りの「バラぶた丼」。バラ肉が薔薇のように、丼からはみ出すほどに大輪を咲かせており、インスタ映えするとお客さんから言われるのだそうです。普通の女性ではまず完食できないボリュームですので、二人で訪れたらもう一人は通常メニューを頼んだ方が無難です。

  • バラぶた丼オニオンのせ(バラのみ)820円

もう一つ、とん田ならではのメニューがこちらの「オニオンのせ(バラのみ)」です。写真ではあまり乗っていないように見えますが、お肉とご飯の間にもオニオンが挟んであります。名物のバラ肉を食べたいけれど、脂身が気になる…という方にオススメのメニューです。生のオニオンスライスの程良い辛みが口の中をさっぱりとさせ、薬味のように良いアクセントになっています。

とん田の味付けは比較的さっぱりとしている方ですが、料理と一緒にタレの壺が運ばれてくるので、好みの濃さになるよう自分で調節することができる点も魅力です。このタレが後を引く美味しさ。店頭販売もしているので、お土産にぴったりです。

2017年8月に移転してきた店舗はまだ真新しい雰囲気。以前の店舗より席数が増え駐車場もかなり広くなったので、とても利用しやすくなりました。食事時は行列必至ですが、少し時間をずらせば待ち時間も少なく、落ち着いて食事を楽しむことができます。

カーナビに入力する際は電話番号で検索すると以前の店舗に案内されてしまう可能性が高いので、必ず住所または店名で入力してください。

ぶた丼のとん田
北海道 / 肉料理
住所:北海道帯広市東10条南17丁目2
電話:0155-24-4358

次のページを読む

北海道の旅行予約はこちら

北海道のホテルを探す

北海道の航空券を探す

北海道のパッケージツアーを探す

北海道の現地アクティビティを探す

北海道のレンタカーを探す

北海道の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

酒と肴で楽しむ帯広の夜!【北海道・十勝】北の屋台と十勝乃長屋

北海道や十勝ならではのお料理や地酒を楽しむことができ、地元民や観光客で賑わう北の屋台と十勝乃長屋(とかちのながや)。どちらも道路を一本挟んだ向かいに建っており、...

舌の肥えた地元民も納得!十勝で絶対に行っておきたい大定番スイーツ店6選

十勝と言えば、北海道内ではもちろん、全国的にもスイーツの宝庫として有名です。六花亭や柳月など、北海道を代表する老舗菓子店の本拠地でもあり、「スイーツ王国」と呼ば...


小麦生産量日本一の十勝民から愛される老舗パン屋さん!ますや&麦音

日本で一番の小麦の生産量を誇る、北海道の十勝エリア。その作付面積は、なんと国内全体の4分の1を占める大産地です。小麦日本一の収穫量を誇る十勝のパンが美味しくない...

帯広でジンギスカンを食べるならココ!大人気店【じんぎすかん北海道】!

北海道帯広市で美味しいジンギスカンを食べたいという方にオススメのお店、その名も「じんぎすかん北海道」。市内で数多くあるジンギスカンを食べられるお店の中でも人気で...


【函館】人気ご当地バーガーショップ「ラッキーピエロ」を食べつくそう!

日本各地にあるご当地バーガー。旅先でもしあったら、絶対食べて帰りたいですよね?北海道にも数多くのご当地バーガーがありますが、中でも、知名度バツグンの函館ご当地バ...

この記事を書いたトラベルライター

毎日が旅の途中。写真と言葉とデザインと。
旅行情報誌の編集者(エディター)を皮切りに、コピーライター、ディレクター、デザイナーなどのカタカナ職種を歴任。旅行や観光とは切っても切れない関係で、カメラマンの夫とともに年間100泊近い出張&プライベート旅行をしながら、旅するように暮らしています。

撮影のための年間総走行距離は7〜10万km。年間総撮影枚数もおそらくそれくらい。SAFARI Graphicsの屋号でふたりで活動しております。SAFARIのクレジットが入っている写真はおもに主人が撮影したものですが、月夜野が撮影したものやディレクションのみ月夜野というものもあります。

取材やロケも含め、実体験に基づいた旅レポをどんどんお伝えしていきたいと思います。
撮影・旅レポ・食レポ・泊レポなどお仕事のご依頼もお待ちしています!
https://www.facebook.com/shiori.tsukiyono

【ハワイ・オアフ島】ALL10ドル以下!ハワイのプチプラお土産大集合!

アロハ〜!ハワイでの楽しみの1つと言えば、免税店やセレクトショップでのショッピング!日本未上陸のコスメやMADE IN HAWAIIのハワイアンジュエリーなどに...

【札幌】絶対オススメ!日本屈指の夜景が見えるご褒美レストラン3選!

札幌市は「日本新三大夜景」に選ばれるなど、夜景がとても美しい街です。ここでは、そんな日本屈指の夜景を見ながら食事ができるオススメのレストランを3軒ご紹介。窓から...


混雑も回避!ひたち海浜公園のネモフィラ&あしかがフラワーパークの藤を一日で攻略する方法!【茨城・栃木】

茨城県の「国営ひたち海浜公園」といえば、一面のネモフィラを目当てに多くの人が訪れる大人気スポット。ネモフィラは4月中旬〜5月上旬に見頃を迎えることから「GW中も...

札幌女子旅にもオススメ♪かわいくて美味しいインスタ映え抜群の一品グルメ専門店8選!

近年流行の「女子旅」「インスタ映え」というキーワード。これらのキーワードにぴったりな札幌のかわいくておいしい一品グルメの専門店を札幌在住の筆者がご紹介します。見...


【ハワイ・オアフ島】滞在時間を徹底的に充実させるための知っ得情報5選!

ダイヤモンド社の『地球の歩き方』調べによると、「今年行きたい海外旅行先ランキング」や「行ってよかった海外旅行先ランキング」などで、毎年ぶっちぎりの1位を独走して...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?