兵庫
兵庫観光
2つの海に面する、観光資源が豊富なエリア

【兵庫・城崎温泉ロープウェイ】4分の3チケットで温泉寺や下山お散歩も楽しもう!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2018年12月24日更新

1,051view

お気に入り

写真:まき子

城崎温泉ロープウェイは、ただ山頂からの景色を楽しめるだけではありません。中間駅には歴史ある由緒正しき「温泉寺」があり、中間駅から山の麓まではちょっとした散策も楽しめます。今回は「4分の3チケット」という裏技?!を使ったコースをご紹介します。

この記事の目次表示

城崎温泉ってどんな街?

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

城崎ロープウェイをご紹介する前に、少し城崎温泉 のお話を。城崎温泉は兵庫県を代表する温泉の1つで歴史は古く、今から 1300年 も前、平安時代にはすでに知られていたと言われています。日本海がすぐそばなので、ローカルグルメは魚介類、特に 冬はカニ で人気を集めます。

  • 写真:まき子

街の中心を流れる 大谿(おおたに)川 の光景も、城崎温泉の名物ですね。柳の木が枝垂れて良い雰囲気です。この川の南にある 駅前通り と、北にある 湯の里通り がメインストリートです。

  • 写真:まき子

街全体が温泉街で「外湯めぐり」と呼ばれる7つの温泉巡りも有名。日中は多くの観光客で賑わっていますし、夜になると浴衣姿と下駄で外湯めぐりをしている人たちの足音が “からん♪ ころん♪” と響き渡ります。

そんな温泉街の西にある 大師山 には、“温泉の守護寺” として信仰を集めてきた【温泉寺】があり、麓には泉源もあります。

今回は、その麓と山頂を結ぶ【城崎温泉ロープウェイ】の楽しみ方をご紹介します。このロープウェイ、2017年に 国登録有形文化財 にも登録されたのですヨ!

城崎温泉
兵庫 / 町・ストリート
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島地図で見る
電話:0796-32-3663(城崎温泉観光協会)
Web:http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

【城崎温泉ロープウェイ】に乗ってみよう!

1963年に城崎温泉と大師山の山頂を結ぶロープウェイを開業させたのは 太田垣 士郎 さん。と言ってもピンとこないかもしれませんが、関西電力の初代社長で、かの有名な 黒部ダム の建設を指揮した方です。城崎温泉ロープウェイは2017年に 国登録有形文化財 に登録されたことで、さらに人気が向上しました!

  • 写真:まき子

ロープウェイの乗り場へ行くにはけっこう長い階段を登りますし、山頂や中間駅にも階段がたくさんあります。大きな荷物を預けるコインロッカーや、ベビーカー置き場もありますので、麓に預けて身軽で登る方が無難です。

小さめのワンコであれば一緒に登れます

小型犬などの小さい動物であれば、体がすっぽり入るタイプのキャリーバッグなどに入れて一緒にロープウェイに乗車することができます。筆者も愛犬をキャリーバッグ(上記写真の黄色のバッグ)に入れて一緒に乗りました。山頂までは7分程度なので、ワンコたちも我慢できる程度の時間かと思います。

4分の3チケットもあり!

チケット売り場は、階段を登りきってたどり着く乗り場のすぐ近くにあります。山頂駅までの往復で 900円、中間にある「温泉寺駅」までの往復で 560円 。小動物や幼児は無料です。

山頂駅までの往復チケットで中間駅に途中下車することもできるのですが、今回オススメするのは「4分の3チケット」城崎温泉ロープウェイのHP やチケット売り場には「4分の3チケット」の表示はないのですが、「中間にある温泉寺駅から徒歩で下山したい」と伝えれば、750円 で購入することができます。

いざ出発!まずは山頂駅へ

  • 写真:まき子

山頂の標高は231mで、山頂まで約7分。わりと大人数が乗れるロープウェイで、行きと帰りそれぞれ1台ずつ、合計2台が運行しています。

中間駅の「温泉寺駅」では降りる人が居なくても一旦止まります。その際、すぐ隣にある「温泉寺 本坊」の様子が垣間見られます。

展望台からの眺めは絶景!

  • 写真:まき子

山頂駅に到着したら、ぜひ最初は展望台へ!そこからの眺めはなかなかの絶景です。山の合間に見える街が城崎温泉街、その向こうを流れるのは円山川、さらに遠くの方には、「天橋立」で有名な丹後半島や日本海も見えます。

山頂駅(城崎温泉ロープウェイ)
兵庫 / 駅・空港・ターミナル
住所:城崎温泉ロープウェイ, 山頂駅地図で見る
Web:http://kinosaki-ropeway.jp/index.html

「城崎珈琲 みはらしテラス&ガーデン」でまったり♪

  • 写真:まき子

山頂駅を降りたすぐ左には、「城崎珈琲 みはらしテラス&ガーデン」というカフェがあります。以前は「みはらしカフェ茶屋」という名前のお店で、お客さんが自分で焼く団子が名物でしたが、 ロープウェイが2017年に国登録有形文化財に登録されたのと同時にリニューアルオープン。

  • 写真:まき子

スペシャリティーコーヒー専門自家焙煎カフェ として生まれ変わり、珈琲をいれるこだわりの器などが展示されています。ブレンド珈琲はホットで420円、アイスで450円です。

  • 写真:まき子

店内は、木をメインにした柔らかな雰囲気がありつつも、椅子やソファに凝ったおしゃれな造り。

なお、お店のOPENは10:00となっていますが、筆者がロープウェイ始発9:10に乗車した際は、到着してすぐの9:20頃にはお店を開けてくれました。繁忙期だったからかもしれませんが、ご参考まで・・・。

“地産地消” にこだわった名物がいっぱい!

珈琲以外のソフトドリンクはもちろん、ビールやシードルもあります。地元のクラフトビア 城崎ビール も600円で飲めます。この日は夏にぴったりの ピルスナー のみでしたが、冬は スタウトカニビール も楽しめるかもしれません。

  • 写真:まき子

また、こだわりの食べ物も揃っています。リニューアル前からある団子も形を変えて健在!今ではお客さんが自分で焼くスタイルではなく、お店が焼いた、みたらし団子ならぬ「みはらし団子」を450円で提供してくれます。地元の たにぐち農場 の無農薬のあいがも米を使用しているんだそう。

  • 写真:まき子

ソフトクリームもただのソフトクリームではありません。これにも たにぐち農場 さんの無農薬玄米入りでボリュームはたっぷり♪ もっとしっかりご飯を食べたい方は、地元の名物「八鹿豚」「田島牛」を使ったホットドックがオススメです。

注文しなくても利用OK!

  • 写真:まき子

入口のカウンターで注文をしますが、お店で飲食をしなくても自由にくつろいで良いのです!テラス席には眺めの良い場所に椅子とテーブルも並んでいて、先ほどご紹介した展望台と同じような光景をまったり座って眺めることができます。

  • 写真:まき子

お店の前にもテント付きのテラス席がたくさんあり、とても良い雰囲気♪

子供が喜ぶ遊具もある「山上ひろば」

  • 写真:まき子

お店の前には綺麗に整備された「山上ひろば」が広がっていて、ベンチでゆっくりすることもできます。

  • 写真:まき子

奥に行くと遊具もあるので、お子様を遊ばせておきながら、パパママはゆっくり珈琲を楽しんではいかがでしょうか?

城崎珈琲 みはらしテラスカフェ
兵庫 / カフェ・喫茶店
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島, みはらしテラスカフェ地図で見る
電話:0796-32-3365
Web:http://www.kinosakicoffee.com/

次のページを読む

兵庫の旅行予約はこちら

兵庫のパッケージツアーを探す

兵庫のホテルを探す

兵庫の航空券を探す

兵庫の現地アクティビティを探す

兵庫のレンタカーを探す

兵庫の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【神戸】シティー・ループで観光・グルメを満喫♪7つの楽しみ方

関西を代表する港町・神戸。異国情緒な「北野」エリアをはじめ、神戸港の絶景を楽しめる「ベイエリア」など見どころ満載!そんな神戸で効率良く楽しみたい方におすすめのア...

関西女子旅にぴったりな観光・お出かけスポット28選!旅行好き女子がおすすめ

パワースポットにショッピングスポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えスポットなど、旅行好きの女性トラベルライターがおすすめする、関西女子旅にぴったりな観光...


姫路&神戸1日観光モデルコース「姫路城&神戸北野異人館」を巡る!グルメも♡

姫路と神戸の人気観光スポット「世界遺産・姫路城」と「神戸北野異人館」。効率よく周れば、1日で充分2つのスポットを満喫できます!ランチには、神戸名物ビフカツ(牛カ...

青い海を眺めてくつろごう!神戸で海の見えるカフェ4選

港町神戸を散策していると、あちこちにカフェを見かけます。スイーツが人気のお店、紅茶専門のお店など、個性的なカフェも多いのですが、眺望を売りにしたカフェもまた良い...


高速道路でスタバ!?SA・PAスタバでドライブ旅をもっと楽しく♪

皆さんは高速道路のSA・PA(サービスエリア・パーキングエリア)に、世界的に有名なコーヒーチェーン店「スターバックスコーヒー」があることをご存知ですか?今回はS...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?