イスラエル
イスラエル
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

【イスラエル】テルアビブのゆるいノリが心地いいローカルカフェ「Nehama Vahetzi」

2018年4月13日更新

298view

お気に入り

イスラエル・テルアビブのローカルな暮らしも垣間見えるカフェ「Nehama Vahetzi」。大木がそびえる店内やイスラエル料理と融合した独特のビーガンサンドイッチなど、お店の魅力を紹介します!

いかにもテルアビブらしいカジュアルなカフェ「Nehama Vahetzi」

「Nehama Vahetzi」はテルアビブの中心部にあるカフェで、観光客よりは地元の利用客で賑わっている印象です。ノマドワーカーらしき人たちもたくさんいます。

洗練されたお洒落なカフェというよりは、テルアビブらしいラフで肩の力が抜けた地元のカフェといった感じです。

では行ってみましょう!

「Nehama Vahetzi」の外観

がっつりおしゃれに構えたような気配はなく、さりげない事務所のような佇まいです。階段を上って中に入ります。


「Nehama Vahetzi」の中の雰囲気

直射日光が入ってくる心地いい店内には大木が放置されています。インテリアは気取っておらず、あるもので工夫するといったDIYな雰囲気を感じます。

お客さんも見る限りではテルアビブの地元の人たちで賑わっているという感じです。

「Nehama Vahetzi」メニュー

ローカルカフェといえど英語のメニューがあるのはさすがといったところです。グルテンフリーやビーガンメニューがあるのも、今時の欧米カフェといった様子です。

ビーガン(vegan)とは動物製品を一切摂取しない食のスタイルのことです。ベジタリアンよりさらに制約を突き詰めたベジタリアンといったところでしょうか。

参考までに、以下にメニューの一例を紹介します。

ドリンクメニュー

ワインリストは約30種類とカフェにしては多いのでおすすめです!

ワイン

  • スパークリングワイン グラス17シェケル(510円)/ボトル65シェケル(1,950円)〜
  • 白ワイン グラス19シェケル(570円)/ボトル59シェケル(1,770円)〜
  • 赤ワイン グラス33シェケル(990円)/ボトル69シェケル(2,070円)〜

ビール

  • ドラフトビール200ml 10シェケル/300円
  • ビール各種 ボトル1本 16〜18シェケル/480〜540円
  • グルテンフリーのオーガニックビール ボトル1本22シェケル/660円

その他ドリンク

  • テイクアウト専用コーヒー 6シェケル/180円
  • カプチーノ 小13シェケル(390円)/大16シェケル(480円)
  • ペプシコーラ 14シェケル/420円

炭酸水はボトル一本15シェケル(450円)です。

フードメニュー

  • 朝食セット 18シェケル(540円)/コーヒー付き26シェケル(780円)
  • サラダ 39シェケル(1,170円)〜
  • ミートボール&マッシュポテト 56シェケル(1,680円)

「Nehama Vahetzi」の料理

ビーガンサンドイッチ(Vegan sandwich)

ガーリックブレッドのトースト、ネギ、ナスのロースト、スイートポテトのロースト、タヒーニ、アボカド、ひまわりの芽、アルグラと具沢山です。

イスラエルを含む中東の代表的料理のゴマのペースト「タヒーニ」も入っており、イスラエルならではなメニューです。

チーズなどの動物製品を一切使わないビーガン料理ですが、追加トッピングでフェタチーズを頼んでみたところ、柔軟に対応してくれました。

  • ビーガンサンドイッチ 49シェケル(1,470円)
  • 追加トッピング(フェタチーズ) 9シェケル(270円)

ハンバーガー(Steak and cheddar sandwich)

ビーガンサンドイッチとは打って変わって、文句無しに肉がうまい王道なバーガーメニューもあります。チェダーチーズかマッシュルームかを選べます。

  • ハンバーガー(Steak and cheddar / mushrooms sandwich)59シェケル(1,770円)

サラダ

サンドイッチ類をオーダーするとはこのようなサラダが無料でついてきます。非常に新鮮で美味しいです。


これぞテルアビブのローカルカフェ

時に店員や若者たちがエントランスでタバコを吸って談笑しています。

店のエントランスで店員が地べたに座ってタバコを吸うなんて日本では考えにくいですが、テルアビブではこういった光景が当たり前のように展開しており、むしろ微笑ましい光景です。

というか彼らはマリファナを吸っていたのですが、テルアビブではアブノーマルな行為という認識はされていないようで誰も気にしていませんでした。むしろマリファナが吸えるくらい平和なんだなといった様子です。

(※イスラエルでの大麻の個人使用は法的に緩和されていますが違法です。参照記事はこちら

とはいえお店も立地も危険とは無縁のカフェなので、リアルなローカルのテルアビブを感じたい人にはおすすめですよ!

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています。

Nehama Vahetzi(נחמה וחצי)
イスラエル / カフェ・喫茶店
住所:Ahad Ha'Am St 144, Tel Aviv-Yafo
電話:03-685-2326
Web:https://www.facebook.com/nechamavahetzi/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

イスラエル在住のゲイライター
イスラエルに住んでいるゲイのお兄さんです。お昼は英会話講師をやっています。

趣味は世界のゲイスポット巡り。アングラスポットが特に好きです。でもストレートな観光地も大好きです。恐縮です。

ゲイのことについて書いているブログはこちら→ http://pandablog.net/
イスラエルのことについて書いているブログはこちら→ http://isuraeru.net/

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...

【イスラエル】死海で遊ぶなら「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ利用がおすすめ

世界一低い場所にある塩湖の死海。「死海ってどんなところ?」「死海の行き方は?」などの解説をしつつ、死海の絶景や楽しみ方を紹介します。死海沿岸の「Crowne P...

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

日本語メニュー有!バルセロナを代表するピンチョスバルのチェーン店「チャペラ」

スペイン・バルセロナに3店舗、マドリードに1店舗を展開する人気ピンチョスバル「チャペラ(Txapela)」。店内の様子やおすすめメニューなど、チェーン店とは思え...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?