神奈川
神奈川観光
観光やレジャー目的での日帰り旅行者が多い地域

【神奈川】初心者にも人気の陣馬山 あこがれの360度大パノラマ!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2020年3月12日更新

319view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

東京都と神奈川県の間にある標高854.8mの山、陣馬山をご存知ですか?初心者でも登りやすい山にもかかわらず、なんとほぼ360度のパノラマビューを楽しめるんです!山頂にあるシンボルの白馬の像と、青空のコントラストは最高ですよ!

この記事の目次表示

どこにあるの?

陣馬山は、東京都八王子市と神奈川県相模原市の境目にあります。山は人間の生活圏として境界となることが多く(人が行き来しにくいですからね)、結果として行政区割りの境目に位置していることが多いのです。ということで、東京都と神奈川県の両方からアクセスすることができますが、今回は2時間程度で登れる神奈川県側からのアクセスをご紹介します。

起点は藤野駅から

今回の登山の起点はJR藤野駅からスタートします。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto藤野駅

藤野駅は小さな駅ですが、改札をでてすぐ左に行くと、観光案内所もあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto観光案内所

観光案内所には、陣馬山のハイキングマップもあるので、ぜひ立ち寄ってゲットしてくださいね!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoハイキングマップ
藤野観光案内所(ふじのね)
神奈川 / 観光案内所・ビジターセンター
住所:相模原市緑区小渕1702-3地図で見る
電話:042-687-5581
Web:https://www.e-sagamihara.com/nature/tourist_inform...

また、自家用車派は駅の近くに有料駐車場もあります。なかなか広々としていて、余裕があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto駐車場

さて、このルートにはただ一つ欠点があります。それは駅から登山口までアスファルトの舗装路を30分以上歩かなければならないこと。通常のスニーカーと違って、登山のために底が固く作られている登山靴はアスファルト上を歩くのにとっても不向きなんです。ですので、通常は路線バスを使用して登山口近くまで移動します。駅前からバスが出ています。約15分乗車し、「和田」バス停で下車します。

しかし、休日は午前中の本数が少なかったり、登山者で混雑するので、余裕のある方は駅前からタクシーを利用してみるのはいかがでしょうか?

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoタクシー

路線バスは登山口まで直接いけないのですが、タクシーだと真ん前まで連れて行ってもらえます。しかも利用者が少ないので、待たずに乗れますよ!

ということでこの旅では、タクシーを選択。タクシーの運転手さんに「栃谷休憩所」まで。とお伝えすればよいでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto栃谷休憩所

登山開始!(でも最初はアスファルト)

それでは早速歩き始めましょう!栃谷休憩所の前にはこのような道になっていて、右側にカーブしつつ登っていきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto休憩所の前の道

しばらく民家の真横を通るので、本当にこの道でいいのかな?と少し不安になるかもしれませんが、あってます!細い道を進んでください。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto民家の横を通っていく

その後しばらく進むと、少し開けた場所に出てきます。畑の横の道を進んでいきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto畑の横を進む

この辺りで後ろを振り返ってみると、富士山がちょこんと顔を出しているのが見えます!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoちょこっと富士山

山道へ

ここを抜けると、いよいよ登山道らしい山道に入ります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto登山道

全体的にあまり急な坂はなく、緩やかに登れる山といった印象です。初心者向けの山といわれるだけあって、登るのに技術を要するところはありません。ですが、登山道ではない森林整備用の分岐が細かくありますが、警告の貼り紙で知らせてくれているので迷う心配もないでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto警告文

何より、登山道には案内版が分岐ポイントに設置されているので、案内に従えば頂上につきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto案内板

山頂へ

だいたい1時間から2時間程度で山頂に到着します。登山口までタクシーを使うと「えっ?もう着いちゃったの?」というくらいあっという間に到着するはず。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto頂上へ続く道

山頂に到着すると、まずは真っ白な像が目に入ってきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto白馬

こちらが陣馬山のシンボルである白馬の像。登頂した人の人気のフォトスポットとなっています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoフォトスポットともなっている

冒頭でもご紹介した通り、まわりに高い山がなく、ほぼ360度のパノラマが楽しめます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto見晴らしの良い景色

もちろん富士山も、バッチリ見えます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto富士山も見える

ズームを使えば迫力ある姿も写せるので、お持ちであればズーム機能のあるカメラを持参して登ってみてはいかがでしょうか。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto富士山

次のページを読む

神奈川の旅行予約はこちら

神奈川のパッケージツアーを探す

神奈川のホテルを探す

神奈川の航空券を探す

神奈川の現地アクティビティを探す

神奈川のレンタカーを探す

神奈川の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年3月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


最高の展望がずっと続く山【神奈川・仏果山~高取山~宮ケ瀬湖】

神奈川県丹沢山(たんざわさん)系の仏果(ぶっか)山と高取山は、登山道のいたる所で展望が楽しめ、かつ標高差が400メートル程度と初心者やお子様連れでの登山におすす...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

【神奈川・矢倉岳】神が宿る山で低山登山を楽しむ

神奈川の矢倉岳(やぐらだけ)の山頂は、足柄神社の奥宮があるパワースポットです。矢倉岳は870mほどの低山ですが、バラエティに富んだ飽きさせない起伏で初心者でも登...

【神奈川・高松山】富士山ドーン!初心者必見の絶景里山を歩く旅

神奈川県丹沢地区にある高松山は標高800m程度の小さな山です。初心者向けの難易度が低い山であるのに加え、登山道のいたるところで富士山の雄大な姿を見ることができる...

いざアルプスへ!湘南アルプスをゆるゆる攻略【湘南・大磯】

アルプスといえば登山者の間で憧れの山。通常日本でいうアルプスとは、本家ヨーロッパの山脈ではなく、飛騨・木曽・赤石山脈の日本アルプスを指します。この日本アルプスか...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?