メルボルン
メルボルン観光
”世界一住みやすい街”トップの常連

【オーストラリア】最安チケットでも間近で有名選手が見られる!全豪テニスを満喫する方法

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:35ヶ国

2018年9月27日更新

1,313view

お気に入り

この記事の目次表示

有名選手を間近で見られちゃう?裏ワザ

有名選手を見ようと思うと、どうしても高額な屋内コートでの観戦チケットが必要になってしまいます。しかし、一目でも生であの有名選手を見たい!そんな方にご紹介する裏ワザです。

  • 写真:doryこの距離でジョコビッチ選手を見れる練習コート

すでに上げたコートの他に練習用のコートがあり、試合前の選手は割り振られた時間に練習を行います。ここであればフェンス越しに選手を間近で見ることが出来ます!

  • 写真:doryフェデラー選手を見る人で練習コートの周りが人であふれる様子

もちろん全員が必ず練習コートに来るわけではありません。選手によっては休息やミーティングなどに時間を割く人もいます。時間内ならいつ来てもいいので、最初から来ない選手もいます。逆に早く来て切り上げる人も。

  • 写真:dory練習する錦織選手
  • 写真:dory練習コートに現れたシャラポア選手

練習コートのスケジュールも試合のスケジュールとともに前日に発表されます。有名選手をこんなに近くで見ることなんて滅多にないので、是非コートへ行ってみてください!

観戦前にすべきこと

せっかくの試合を満喫するにはいくつか押さえておきたいポイントがあります。忘れずに準備して本番に臨みましょう。

熱中症対策の準備

観戦で一番注意したいのが熱中症対策です。開催時期のメルボルンは夏真っ盛りで35℃以上は当たり前、40℃が連日続くなんてこともありますので、屋外コートでの観戦ならばなおさらしっかり対策していきましょう。

  • サングラスと帽子
  • 水分補給に持参必須のお水

必ず必要なのが帽子サングラス、そして水分です。オーストラリアの紫外線は日本の4倍とも言われ、かなり日差しがきついです。絶対に持っていきましょう。ちなみに日傘は観戦中他の観客の妨げになるので控えたほうがいいです。

  • 長袖シャツ
  • あると便利なバスタオル

追加で筆者がオススメする対策グッツは長袖シャツバスタオルです。湿度が少ない分気温ほど暑さを体感しませんが、これらは帽子とサングラスでは防ぎきれない日差しを避けられます。特にバスタオルは頭からかぶることで、首元や背中への直射日光による刺激を軽減してくれます。

大会スケジュールを確認しよう!

大まかな大会スケジュールは発表されていますが、何試合目にどこのコートで誰が試合すると言ったことは前日にならないと分りません。見たい選手や試合があればそれに合わせて行けるように時間を確認しておきましょう。

観戦中の注意

テニス経験者ならば知っているかと思いますが、知らない人が多いテニス観戦のルールがあります。

  • 出典:www.flickr.comPhoto by:Tourism Victoria, 作品名:Australian Open 2015
  • プレー中に音を出さない
  • 離席や移動はコートチェンジの時のみ

選手がサービスの体勢に入り、ラリーでポイントが入るまでは掛け声はおろか会話も出来るだけしないようにするのが鉄則です。また、コートチェンジのタイミングは奇数セットで行われますが、タイミングもまちまちです。

接戦であればあるほど時間が長くなりますので、トイレや水分補給に離席も出来なくなります。屋外コートであれば熱中症対策も完璧にしておきましょう!

試合以外での楽しみ方

試合を見るだけが大会の楽しみ方ではありません。多くのスポンサーが様々なイベントブースを出展しています。各ブースで無料でいろんなものを配布していたり、体験したりできます。

  • 写真:dory飲料メーカーMOUNT FRANKLINのブース
  • 写真:doryコートをイメージした撮影スポットで記念撮影
  • 写真:doryフェイスペイントをしてもらうブース

フェイスペイントや記念撮影など、子どもだけでなく大人も楽しめる内容ですので休憩しながらイベントも楽しんでみてください。

まとめ

いかがでしたか?これで準備は万端ですよね?筆者が観戦した大会では今ほどではないものの、トップ選手の仲間入りしていた錦織選手や伊達選手などもGRAND PASSで観戦できました。

年末年始の旅行を少しずらして、真夏のオーストラリア・メルボルンでテニス観戦してみませんか?街中が賑わっているのでまたいつもと違う姿を楽しめますよ!

全豪オープンテニス
メルボルン / イベント・祭り
住所:Melbourne park地図で見る
Web:https://ausopen.com/

メルボルンの旅行予約はこちら

メルボルンのパッケージツアーを探す

メルボルンのホテルを探す

メルボルンの航空券を探す

メルボルンの現地アクティビティを探す

メルボルンのWi-Fiレンタルを探す

メルボルンのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


オーストラリアの人気観光スポットTOP50!旅行好きが行っている観光地ランキング

オペラハウスやキュランダ観光鉄道などをはじめとするオーストラリアの観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...

世界で一番美しい道!オーストラリア ビクトリア州「グレートオーシャンロード」の見どころ4選!

世界で一番美しい道と言われている「グレートオーシャンロード」。オーストラリア南東、ビクトリア州沿岸のこの道は、メルボルンに訪れた方なら必ず観光してほしい美しい場...

【保存版】行きたい!メルボルンのおすすめビーチ

メルボルンは歴史とアート、そしてコーヒーの街として知られていますが、他の都市のようにビーチのイメージはさほどありません。しかし、実は素敵なビーチがたくさんあるこ...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【宮古島・下地島】行くべき絶景17エンドへの行き方・楽しみ方

沖縄県宮古島諸島にあるみやこ下地島空港のすぐそばには、日本とは思えないような青と白のグラデーションが素晴らしい絶景が広がる場所「17エンド」があります。2019...

見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります