三木市

【ネスタリゾート神戸】グランピングもホテルもゴージャス★BBQを楽しもう!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2021年2月18日更新

12,097view

お気に入り

写真:まき子

「グランピング」とはテントやキャンプの道具を持っていかなくても、自然の中でホテル並みのゴージャスな空間やBBQが楽しめる新しいリゾートスタイル。その本格的な施設が揃う【NESTA RESORT KOBE ネスタリゾート神戸】は神戸市内から車でたった1時間。グランピングができなくても温泉付きのホテルがあり、Weber社製BBQチャコールグリルが各テーブルに設置された「GLAMP BBQ PARK」で広々とした自然を眺めながらBBQが楽しめます。子供が楽しめるアスレチックやプールにも注目!

この記事の目次表示

新しいリゾートスタイル【ネスタリゾート神戸】とは?!

“神戸” という名前がついていますが、実際は神戸市の北にある 三木市 にあります。三木市はとても自然豊かなところで、ゴルフ場や自然公園もたくさん。

  • 写真:まき子

そんな自然を生かした 甲子園60個分 もの広大な敷地面積を誇る 【ネスタリゾート神戸】ができたのは2016年。まさに “リゾート感” がいっぱいな造りで、エントランスをくぐってからもズラッとヤシの木が並ぶ長い道にワクワク感が増していきます。

敷地内にはお子様やワンちゃん連れの家族も楽しめるアクティビティがいろいろありますが、その中でも特記したいのは、世界が注目する【グランピング】!

新しいリゾートスタイル【グランピング】が楽しめる!

  • 写真:まき子

近年よく耳にするようになった「グランピング」ですが、一体全体どんな意味なのでしょう?

これは「Glamorous(魅力的な)」「Camping(キャンプ)」を合わせた造語で、今までのキャンプスタイルをより快適に楽しめる “新しいリゾートスタイル” として注目を浴びています。

具体的にいうと、キャンプに必要なテントやBBQ道具などを持参する必要がなく、すでに設置されているテントやキャビンに宿泊しながらキャンプ場のような自然を満喫できるというもの。

元々はイギリスが発祥だそうで、現在欧米で主流になっているのは、田園が広がる観光地で小型の小屋やトレーラー、ゲル(モンゴル風テント)などがお手ごろな料金で楽しめるスタイル。

一方、日本で主流になっているのは、元々のグランピングの考え方に アフリカの贅沢なサファリロッジのようなゴージャスさ を組み込んだもの。アウトドアでありながらベッドや高級家具が設置されていたりホテルのようなサービスが受けられるスタイルが広まっています。

様々なタイプのグランピング施設

【ネスタリゾート神戸】のグランピング施設は、お手頃価格なものからゴージャス感を極めたものまで、たくさんのタイプがあります。その一部をご紹介します。

オープンデッキテラスでプライベートなBBQが楽しめる【プレミアムキャビン】

  • 写真:まき子

「ネスタリゾート神戸」で一番オーソドックスなグランピングのキャビンで、テラスでは目の前の自然を眺めながらBBQができます。キャビン内はベッドやソファ完備!またエアコンやミニキッチン、シャワールームまでも備え付けられた、まるで広いホテルの部屋のような空間です。日帰りもOK!

大人数でワイワイ日帰りBBQ!【パーティテント】

  • 写真:まき子

日帰り専用ではありますが、テントの中はラグジュアリーなリビング空間となっていて、巨大なティピ1つ1つの中でBBQができます。大人数の場合はティピを連結することも可能!なんと最大200名までOKだそうです。

日帰りBBQの最高峰?!【プレミアムテント】

  • 写真:まき子

上記のパーティテントをさらにラグジュアリーにしたプライベート空間!宿泊はできませんが、ゆったりできるリビングがありエアコンも完備。10名まで利用可能なので、友達同士、家族や親戚など大勢でワイワイしたいですね。

“雅モダン” な本格リゾートホテル【ザ・パヴォーネ】

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

「ザ・パヴォーネ」はグランピング施設ではなくホテルなのですが、その造りはまさに “雅” 。「リゾートに来たなぁ〜♪」という気持ちにさせられます。部屋でBBQはできませんが、「ネスタリゾート神戸」敷地内の【GRAMP BBQ PARK】でBBQを楽しむことができます!

天然温泉付きの客室でゆったりできる【クラブルーム】

  • 写真:まき子

2階建てのテラス付き客室で、各部屋の2階には露天の天然温泉が完備!このクラブルームは「ホテル ザ・パヴォーネ」本館のすぐ隣にある別館です。テラスではBBQはできないので【GRAMP BBQ PARK】でBBQをお楽しみください。

【GLAMP BBQ PARK】でBBQを楽しもう!

  • 写真:まき子

広大な敷地の【ネスタリゾート神戸】の中でも、“一番ウリ” のエリアは【GLAMP BBQ PARK】ではないでしょうか。ここには上記に紹介したキャビンやテントだけではなく、BBQ施設も広々と整っています。ホテル宿泊客はここでBBQを楽しむことができますし、日帰りでの利用も可能です。

持ち込みもOK!【GLAMP BBQ PARK】の利用方法

  • 写真:まき子

【GLAMP BBQ PARK】を利用する場合は、食材の BBQ SET を注文するか、注文をしない場合は 持ち込み料2,000円 を払います。

BBQ SET は、3,500円、3,800円、5,000円、7,000円、10,000円と幅広く用意されていますし、「物足りないな〜」という場合は追加で頼める 単品メニュー も充実しているので安心♪

また嬉しいのは、BBQ SET を注文しても持ち込みはいくらでもOKなんです!''食材でも飲み物でも自由に持ち込めます。

火起しから楽しもう!道具も充実♪

  • 写真:まき子

BBQといったら、ビールを片手に仲間や家族とワイワイ話しながらうちわでパタパタ、火起こしから楽しみたいものですよね!

ここには各テーブルに1つずつ Weber社製BBQコンロ が完備!“グランピング” なので、もちろん手ぶらでOKなように下記の道具も揃っています。

カッティング用ナイフフォーク1セット、トング、キッチンバサミ、カッティングシート、木炭3kg、炭バサミ、着火剤、マッチ、うちわ、軍手、紙皿(平皿&深皿)、お箸、ゴミ箱…など

ホテル宿泊の場合は「BBQセットプラン」をチェック!

  • 写真:まき子

ホテル宿泊プランの中には 宿泊+夕飯BBQ がセットになっているのもいくつかあります。どのプランでも宿泊費の中に含まれているのは BBQ SET 5,000円 相当の「GRAMPロースセット」!国産牛ロース、焼き野菜、オリジナルBBQソース、焼きおにぎりがついてきます。

  • 写真:まき子

“手ぶらBBQ” というと食材が乏しい施設も多々ある中、ネスタリゾートはさすが!分厚くて大きなロースは適度な霜降りでとても美味しいです。細かく切ってもいいし、大胆に一枚焼いてもいいですね♪

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

筆者は追加でBBQ SETの「GRAMPオリジナルベイビーバックリブステーキ 3,800円」単品の「GRAMP BBQバーガー 700円」を注文しました。リブステーキは既にシーズニングされていてグラタンもついてきます。ハンバーガーはパテがものすごく分厚くて絶品!このボリューム&美味しさで700円とはびっくりです。

日が落ちてからの雰囲気もステキ!21時まで楽しめます

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

BBQは暗くなってからの雰囲気も楽しみたいもの。【GLAMP BBQ PARK】は日帰りでも宿泊でも夜21時まで利用することができます。それに夜遅くなっても、面倒な炭の後片付けなどもしなくて良いのが嬉しいです!

ワンちゃんと一緒にBBQ!

  • 写真:まき子

【GLAMP BBQ PARK】の中にはフェンスで囲ってあるエリアがあります。ここは ワンちゃんと一緒にBBQが楽しめるドッグフィールド!ワンちゃんの足洗い場、ミニドッグランなどもあります。ホテルやキャビンもワンちゃんと一緒に泊まれる部屋があるので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

次のページを読む

三木市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【大丸神戸店】デパ地下で楽しくお買い物!神戸土産にもぴったりな名物13選

神戸観光の人気エリア、旧外国人居留地にある【大丸神戸店】は、神戸元町を象徴する建物として鎮座しており、地元人も観光客もショッピングや飲食に訪れる人気スポット。そ...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります