登別市

大自然の中を流れる天然温泉の川!【北海道・登別】大湯沼川天然足湯!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2021年6月14日更新

1,350view

お気に入り

写真:SaoRi

9種類もの泉質と1日1万トンにものぼる湧出量を誇る登別(のぼりべつ)温泉は、全国屈指の名湯として有名です。温泉街に足を踏み入れると、至る所から立ち昇る白い湯煙と硫黄のいい香りに包み込まれます。数多くの観光名所が密集しており見所満載の登別温泉ですが、今回はその中でも道外の方にはあまり知られていない、秘境とも言える、天然の温泉が流れる川・大湯沼(おおゆぬま)川と、木のデッキに座って利用できる天然の足湯・大湯沼川天然足湯についてご紹介します!

この記事の目次表示

天然の温泉が流れる大湯沼川とは?

大湯沼川は、大湯沼からあふれ出した、酸性度の高いお湯が流れる天然の湯の川です。

  • 写真:SaoRi

登別原生林の大自然の中を、白い湯けむりをのぼらせながら静かに流れています。

大湯沼川は大湯沼から登別原生林の中をずっと流れており、川の近くまで安全に近寄れるところであれば、どこでもお湯に触れることができます。

  • 写真:SaoRi

平常時では、川の水は高いところでは50度ほどに達するとこもあるので、足や手をつけるときには注意し、適温のところを探しましょう。

  • 写真:SaoRi

突発的な高温に注意!

上流部にある「大正地獄」と呼ばれる湯沼の間欠泉が近年活発化しており、突発的に湯泥が噴出する恐れがあります。

  • 写真:SaoRi

その場合、大湯沼川の水は濃い灰色に変わり、モクモクと白い煙がたちこめ、かなり高温の源泉が流れます。川に入る際には十分にご注意下さいね。

大自然の中にある天然足湯!大湯沼川天然足湯

登別温泉の代表的な観光名所の1つである地獄谷を越え、山道を登っていった先に、秘境のような「大湯沼川天然足湯」があります。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

天然の足湯というだけあり、まさに山の中にあり、木々や落ち葉とのコラボレーションが大変に美しく、景色を楽しむこともできます。

  • 写真:SaoRi

大湯沼川の天然足湯のスポットは、森林浴をしながら天然の足湯を楽しめるようにと造られており、木のデッキや切り株のイスが置かれた、足場が整った快適な場所です。

  • 写真:SaoRi

川を流れる水は、肌触りが優しく、足や手を少しつけるだけで温まると同時に肌がスベスベになります。

  • 写真:SaoRi

人が温度管理をしている温泉とは違い、大湯沼からの源泉がそのまま流れているため、季節や天候により、この足湯場の温度も大変高くなることがあります。

  • 写真:SaoRi

こちらでも、上流にある「大正地獄」からの突発的な湯泥の噴出には十分にご注意ください。

大湯沼川天然足湯までの道のり

大湯沼川天然足湯は、登別温泉バスターミナルより徒歩25分程のところにあります。

  • 写真:SaoRi

登別温泉周辺は散策路としても人気があり、観光スポットへの道順は比較的判りやすくなっています。大湯沼川天然足湯への看板も適宜出ているので、そちらを頼りにして進むと判りやすいです。

  • 写真:SaoRi

看板の案内に従い、大湯沼川遊歩道入口を進むと、川を横断する細い木の橋が見えてきます。すぐ下には、湯の川が流れており、温泉のいい香りが漂います。

  • 写真:SaoRi

橋を越え、さらに山道を進んでいきます。天候や季節によって、足場が少し悪いこともありますが、比較的歩きやすい道のりです。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

程無くして、大湯沼川天然足湯の看板が見えてきます。天然足湯場周辺は、座って足湯が楽しめるように、川淵に腰をかけられるようになっています。

  • 写真:SaoRi

上流の方まで行くと、切り株のイスが置いてあり、広めのスペースもあるので、ゆっくりと座って足湯を楽しみたい方にはこちらが快適でオススメです。

  • 写真:SaoRi
登別地獄谷
登別市 / 自然・景勝地 / 観光名所 / パワースポット / 紅葉 / 秋のおすすめ観光スポット
住所:北海道登別市登別温泉町無番地地図で見る
電話:0143-84-3311(一般社団法人登別観光協会)
Web:http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=jigokudani2
登別温泉バスターミナル
登別市 / 駅・空港・ターミナル
住所:北海道登別市登別温泉町 登別温泉バスターミナル地図で見る

おわりに

登別原生林が茂る、大自然の中を流れる天然温泉の大湯沼川と大湯沼川天然足湯はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

美しい景色の中で、森林浴をしながら、乳白色の湯の川に足をつけて寛ぐひと時は格別です。登別温泉に訪れた際には、ぜひ、大湯沼川の美しさや天然足湯も楽しんでいって下さいね。

  • 写真:SaoRi

大湯沼川天然足湯の基本情報

  • 利用時間:早朝~日没(入浴自由)
  • 料金:無料
  • 駐車場:大湯沼駐車場(有料) ※冬期閉鎖
大湯沼川天然足湯
登別市 / 足湯・手湯
住所:登別市登別温泉町無番地地図で見る
電話:0143-84-3311
Web:http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=%E5%A4%A7%E6%B9...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【北海道】登別温泉の定番観光地!温泉街から歩いて行ける名所8選!

全国屈指の温泉街である登別温泉は、9種類もの泉質と1日1万トンにものぼる温泉の湧出量を誇る、北海道の中でも大変人気がある観光スポットの1つです。温泉街周辺は散策...


鬼火に誘われて夜の地獄谷へ…【北海道・登別】鬼火の路と地獄谷

開湯150年以上の歴史を持つ登別(のぼりべつ)温泉は、多彩な泉質を有している全国的にも珍しい温泉地です。温泉街の周辺には数多くの観光名所が密集しており、賑わいを...

全国の人気温泉TOP50!旅行好きが行っている温泉ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉をはじめとする全国各地の有名温泉地を、トリップノートの8万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2022年9月現在)が実際に行ってい...

【登別】温泉マニアの筆者が見つけた本物の美肌の湯!部屋食も◎子連れにも超おすすめの「湯元オロフレ荘」へ

突然ですが、今回は温泉マニアの筆者が遂に見つけた日本一(だと思う)絶品本物の美肌の湯をご紹介します。北海道で一番初めに国民保養温泉地に登録された登別カルルス温泉...

【北海道】登別温泉で泊まるなら「第一滝本館」!日帰り入浴も可

旅行の大きな楽しみの一つとして、温泉を挙げる方も多いのではないでしょうか。今回は温泉好きなら必ず一度は行っておきたい北海道の登別温泉と、そこで筆者が宿泊したホテ...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...


【鳥取】場所と見方を知らないと見られない!迫力満点の「江島大橋」を楽しむための方法と撮影場所

テレビCMで「ベタ踏み坂」として登場し、一躍有名になった橋「江島大橋」。見た人々を圧倒させるほどの急勾配な橋ですが、実は普通に見ただけではこの迫力ある姿は拝めま...


【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります