沖縄本島
沖縄本島観光
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

【沖縄】海が見える名水百選!パワスポ垣花樋川での5つの楽しみ方

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:43都道府県

2018年8月6日更新

2,345view

お気に入り

写真:菊地早秋

沖縄県南城市の山あいにある名水百選、垣花樋川(かきのはなひーじゃー)をご紹介します。沖縄の海を見ながら、透明感抜群の湧き水鑑賞を楽しむことができるパワースポットです。まるで自然の秘密基地に来たような気分を味わいませんか?

この記事の目次表示

垣花樋川(かきのはなひーじゃー)とは?

沖縄県本島南部、南城市に位置する湧水地です。山あいに位置し、まるで秘密基地に来たような気分となるパワースポットです。

  • 写真:菊地早秋秘密基地のような空間

昭和60年(1985年)、当時の環境庁により、全国名水百選に指定されています。「天然の美しい川を保全して後世に伝える」という目的で推薦されました。垣花樋川の見学所要時間は、ゆっくり見て1時間~1時間半程度です。

  • 写真:菊地早秋昭和の名水百選

この川はかつて、垣花村に住む人々の生活に寄り添ったスポットでした。その用途は様々で、水浴び洗濯野菜洗い水汲みなどの場として重宝されました。現在は、簡易水道として、地域の飲料水等の生活用水や農業用水として利用されています。

それでは以下より垣花樋川(かきのはなひーじゃー)の楽しみ方について、5つに分けて詳しくご紹介していきます。

【楽しみ方1】透明感バツグンの湧き水に触れる

入り口には駐車場がありますので、車はそちらへ駐車し、さっそく散策をスタートさせましょう。うっそうとした森の中を5分程度進みます。視界がパッと開けると、そこが目的地となります。

  • 写真:菊地早秋駐車場
  • 写真:菊地早秋森のなかを進む

見どころを下流、中流、上流と三段階に分けると見学しやすいです。下流には広めの池があり、水が浅く溜まっています。中流には、小さめの水溜りがあります。

  • 写真:菊地早秋下流の池
  • 写真:菊地早秋中流の水溜り

上へ行けば行くほど水の透明感が増してきます。水質調査については、飲料水としての検査を年二回実施しています。また、地元民により定期的な清掃活動もあるのだとか。

  • 写真:菊地早秋透明感バツグン

さらに上流へ登っていくと、岩で作られた建造物と水路が出てきます。湧き水地点は森の中にあるので、直接見ることは出来ません。

  • 写真:菊地早秋上流にある建造物
  • 写真:菊地早秋石の水路

苔むした様子と、水路の中を流れる豊かな水を見ていると涼しげな気分になります。残念ながら、湧き出ている水量についてはまだデータが無いそうです。

  • 写真:菊地早秋水路を流れる湧水

【楽しみ方2】ベンチに座って海を堪能

敷地内にはベンチがあり、垣花樋川の様子をゆっくりと望むことができます。また、遠くには南城市の海が広がっています。

  • 写真:菊地早秋ベンチ
  • 写真:菊地早秋海が遠くに見える

敷地内はそこまで広いスペースはなく、1時間~1時間半程度もあれば十分散策可能ですが、ベンチから青い海を眺めていると、時間を忘れてしまいそうです。

  • 写真:菊地早秋オーシャンビュー

遠くには、神の島と呼ばれる「久高島(くだかじま)」を望むこともできます。久高島は、琉球(昔の沖縄の名前)の創世神「アマミキヨ」が天からその地に降り立ち国づくりを始めたという琉球神話が伝わる、聖地の島です。

久高島は、海の彼方のニライカナイ(豊穣や生命の源及び神界)につながる聖地であるとされています。こうした理由により、久高島が見える垣花樋川もパワースポットとする説があるのだとか。

  • 写真:菊地早秋神の島「久高島」
  • 写真:菊地早秋久高島内のウパーマ浜

【楽しみ方3】生き物について学ぶ

現地では、ちょっと驚く生き物を見つけることができます。生き物の正体は「アフリカマイマイ」という世界最大級の陸産巻貝(カタツムリ)の一種です。生態は夜行性で昼間は草地に潜んでいますが、垣花樋川は木陰も多いため、昼間でも活動している様子を見ることができます。

  • 写真:菊地早秋アフリカマイマイ

原産地はアフリカですが、1930年代に台湾より食用目的で輸入されました。厳重な隔離管理で飼育されていましたが、沖縄戦をきっかけに逃げ出したことで、島内で野生繁殖するようになったようです。

敗戦直後は貴重なタンパク源として重宝されましたが、食糧事情が好転すると食用として利用されなくなりました。農産物を食い荒らしてしまうため、植物防疫法により有害動物指定を受けており、国内外ともに持ち出しは禁止されています。

フランスではカタツムリをよく食べる習慣がありますが、絶滅寸前のエスカルゴ(リンゴマイマイ)の代用品として、アフリカマイマイが利用されることもあります。

  • 写真:菊地早秋人差し指より全長が長い
寄生虫がいますので、うっかり触れないようにご注意ください。触れた手を洗わずに食事等をすると、口から寄生虫が入ってしまう危険性があります。

【楽しみ方4】歴史を学ぶ

先述した通り、かつての垣花樋川は、住民の生活の一部として欠かせない場所でした。敷地内の場所によっては、それぞれ異なる呼び名役割があったそうです。

例えば、上流の右側から出る水を男(イキガ)川、左側から出る水を女(イナグ)川と呼んだそうです。下流の浅い池は、馬浴(ウマアミシー)川と呼ばれ、馬を洗ったり、水を飲ませる場所であったようです。

  • 写真:菊地早秋馬の水浴び場として利用された下流の池

今でこそ人々の暮らしからは離れてしまいましたが、かつては湧水地へ向かうための石畳道も、村の人々が多く行き来していたのだとか。垣花樋川を散策することで、かつての人々の暮らし方に思いを馳せることができるのも、魅力のひとつです。

  • 写真:菊地早秋かつて住民が足繁く通った石畳道

【楽しみ方5】山の茶屋楽水(らくすい)でお茶をする

垣花樋川を散策後は、車で10分程度の場所にあるカフェ「山の茶屋楽水(らくすい)」の訪問がおすすめです。大胆な吹き抜けの空間が特徴です。

  • 写真:菊地早秋山の茶屋楽水(らくすい)入り口
  • 写真:菊地早秋二階席

こちらのカフェは建物の構造がユニークで、店内の壁の一部が本物の山となっています。山はもちろん、生えている植物も本物です。

  • 写真:菊地早秋店内の一部に本物の山

店内は広々とした空間で、二階席のすぐ目の前はです。窓に面した席からは贅沢に海を臨むことができます。

  • 写真:菊地早秋窓からはオーシャンビュー
  • 写真:菊地早秋グァバジュース/500円

自然素材を主に使用しており、体に優しいメニューが多いです。筆者はグァバジュース(500円)を飲んでみたのですが、天然の甘さが体に染みわたりました。垣花樋川散策後の休憩として、利用してみてはいかがでしょうか?

  • 写真:菊地早秋ピーナッツスコーン/400円
  • 写真:菊地早秋アイスコーヒー/500円
山の茶屋楽水
沖縄本島 / カフェ・喫茶店 / 絶景
住所:沖縄県南城市玉城19-1地図で見る
電話:050-5872-7110
Web:http://yama.hamabenochaya.com/
垣花樋川
沖縄本島 / その他スポット / パワースポット
住所:沖縄県南城市玉城垣花川原地図で見る
電話:098-946-8817

沖縄本島の旅行予約はこちら

沖縄本島のパッケージツアーを探す

沖縄本島のホテルを探す

(沖縄本島南部)

(沖縄本島中部)

(沖縄本島北部)

(中部・北部)

(那覇・南部)

沖縄本島の航空券を探す

沖縄本島の現地アクティビティを探す

沖縄本島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本の人気の島TOP60!旅行好きが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの6万4千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っている順...


沖縄デートに!カップルにおすすめのデートスポット33選

カップルに人気の恋愛のパワースポット・ハートロックや、海の上を走っているような気分でドライブできる海中道路、美しい夕日を眺められる北谷公園サンセットビーチなど、...

沖縄の隠れ家的おしゃれカフェ6選!ランチにもおすすめ

沖縄には個性溢れる魅力的なカフェがたくさん!今回は沖縄のカフェの中でも、地元の人にも愛されるおしゃれカフェや、隠れ家的カフェをご紹介します。沖縄旅行の一休みにも...

沖縄本島・海の見える絶景カフェ13選!沖縄旅行におすすめ

中城湾を一望する天空カフェ「OOLOO」や、海の目の前に佇む手づくりカフェ「浜辺の茶屋」、テラス席から目の覚めるような絶景が楽しめる「カフェゆっくる」など、沖縄...

沖縄のパワースポット20選!沖縄本島&離島のパワースポットガイド

沖縄本島と周辺離島には、古くは琉球王国の時代から信仰の地として大切にされてきたパワースポットがたくさんあります。沖縄旅行におすすめのパワースポットをご紹介します...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。1990年生まれ。広い海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求めて三千里。これまで国内43県、海外はアジア中心に12か国を訪れました。沢山の写真を盛り込んだ作品をお届けします。

【よくある執筆ネタ】
・湧き水/ネイチャースポット
・食文化/地域で頑張る飲食店
・茨城県

【tripnote外の活動】
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載
・H31.03 「人と地球を守るオルタナフード株式会社NoblesseOblige」コラム提供
・R01.06 森林インストラクター「森のシンガーソングライター山田証」歌詞提供
・R02.01- Website「古民家移住の教科書」開設・更新

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://linktr.ee/skikuchee

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?