沖縄
沖縄観光
琉球時代の遺跡が人気の、美しい海に囲まれた島々

【竹富島】子連れ宿泊に最適なコテージ「島宿 願寿屋(がんじゅや)」

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:41都道府県

2019年6月14日更新

7,654view

お気に入り

写真:かなたあきこ

沖縄県八重山地方の離島【竹富島】の観光は“日帰り”という方がほとんどですが、宿泊しないとわからない魅力がたっぷり!本記事では子連れに最適なコテージステイが叶う、超人気宿「島宿 願寿屋」にステイ。日没から夜、さらに早朝の散歩まで、ゆったりとした時間が流れる“島の暮らし”を、24時間体験してみてはいかがでしょうか。

この記事の目次表示

石垣島から10分で到着!好アクセスが魅力の離島【竹富島】

八重山諸島の中心地・石垣島の離島ターミナルから、高速フェリーでわずか10分。周囲9km、人口400人足らずのこぢんまりとした離島「竹富島」は、そのアクセスの良さから石垣島からの日帰り観光地としてとても人気です。

  • 写真:かなたあきこノンフィルターでこの鮮やかさ!“八重山ブルー”と称される美しい海

小さな島なのでたしかに日帰りでも十分に楽しめるのですが、今回おすすめするのは竹富島の一泊旅。夕方の最終フェリーで観光客が帰ってしまった後、また翌日の喧騒までのあいだに訪れる、つかの間の静寂の時間。竹富島の魅力を余すことなくたっぷり味わえる、贅沢なプチトリップです。

泊まるのはわずか2室だけの、超・人気宿【島宿 願寿屋】

筆者は、前日まで西表島に宿泊しており、当日朝一番のフェリーで約40分ほどかけて石垣島へ。同じターミナルの隣の桟橋に停泊していた「竹富島」行きのフェリーに乗り換え、いざ竹富へ。八重山は船便がとても充実しているため、天候による遅延などがなければ、半日かからず複数の島のアイランドホッピングが可能です。

石垣港離島ターミナル
石垣島 / 駅・空港・ターミナル
住所:沖縄県石垣市美崎町1地図で見る
電話:0980-82-0043

フォトジェニックな赤瓦のコテージ!

  • 写真:かなたあきこ向かって左手が4人用、右手が6人用のコテージ

今回利用した宿は、敷地内にたった2棟のコテージしかない【島宿 願寿屋】さん。2016年オープン開業して間もないため、とてもきれいでオシャレなお宿です。沖縄らしい赤瓦のコテージは、4人用と6人用でファミリーや大人数のグループにも最適♪

4人用コテージ「トーラ」の間取りはこちら

筆者が泊まった4人用の「トーラ」は、琉球畳敷きの和室リビング(茶の間)にベッドルーム、バストイレがついて、さらに専用のお庭にテーブル&チェアが。いずれも和モダンなインテリアに包まれ、とても快適に過ごせます。冷蔵庫や電子レンジ、乾燥機付き洗濯機も完備されて、至れり尽くせり。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

満天の星を見上げながら、露天風呂につかれる幸せ❤

そして見逃せないのは庭に石造りの露天風呂があること!6人用「フーヤ」には円形、ここ「トーラ」には角形の露天風呂が備えられ、どちらに泊まっても“星見風呂”が楽しめるんです。

  • 写真:かなたあきこ

チェックイン後は、レンタサイクルでランチへ

宿に荷物を置き、さっそくレンタサイクルで島内探検&ランチへ。「島宿 願寿屋」では、宿泊者に無料で自転車を貸してくれます。筆者は小学校低学年2人の子連れでしたが、それぞれに合うサイズの自転車を用意してくださり助かりました!

  • 写真:かなたあきこ竹富観光の定番、水牛車ツアーに遭遇!

サンゴ砂が敷き詰められた真っ白な道を自転車で進むうちに、観光用の水牛車に出くわすことも。咲き乱れる原色の花々や、素朴な島の学校に目を奪われながらも、夏のお昼どきの太陽は容赦なく照りつけ、体力も消耗したため、早々に手近な食事処に入りました。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ素朴な島の小・中学校。グラウンドは広い!

こちらは、屋外の席のみのカジュアルな食事処「たるりや」。手作り感あふれるカウンターで注文し、パラソルの下でいただきます。暑い日に食べる、温かい八重山そばもまたオツなもの。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ八重山そば(500円)
たるりや
沖縄 / 郷土料理
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富384地図で見る
電話:0980-85-2925

宿の隣のパーラーで南国スイーツをテイクアウト

日中は日差しが強いので、宿で休憩してもよいでしょう。筆者は宿に隣接する「ぱーらー願寿屋」で冷たいスイーツをテイクアウトして、お部屋でいただきました。宿と同様にオシャレな内装のパーラーは、宿泊客でなくとももちろん利用できます。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ「南国パフェ」(左、600円)「パッションかき氷」(右、450円) 

看板メニューのパフェに使われるアイスは、すべてブルーシール。生のマンゴーがゴロゴロ入った「南国パフェ」(600円)や、「ウベ」や「塩ちんすこう」など沖縄ならではの珍しいフレーバーアイスが楽しめる「うちなーサンデー」(600円)が人気です。

ぱーらー願寿屋
沖縄 / カフェ・喫茶店
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富2280地図で見る
電話:0980-85-2211
Web:http://ganjuya.com/

夕陽の名所「コンドイビーチ」へ!

エアコンが効いた快適な宿で、ゆるゆると“うちなータイム”を過ごしているうちに、時刻は16時に。こののんびりとした時間の使い方も、泊りだからこそできる贅沢です。少し日差しも落ち着いてきたところで、また自転車に乗って海を目指します。10分ほどで着いたのは、夕陽の名所である「コンドイビーチ」!

  • 写真:かなたあきこ

遠浅のビーチには、数えるほどしか人がいません。そろそろフェリーの最終便が近づき、日帰りの観光客は引き上げた模様。夕方からは、ほぼ貸し切り状態で海遊びをゆっくり楽しむことができますよ。犬と一緒にひと泳ぎしている地元の方もおり、“海とともに暮らす”様子を垣間見れることも。

  • 写真:かなたあきこ

18時半を過ぎて、ようやく日没です。真っ赤な太陽が海に沈む、なんともドラマチックな入日!波間に揺られながら、刻々と色を変える“マジックアワー”を眺められるのは、島旅ならではの至福の瞬間です。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ
コンドイビーチ
沖縄 / ビーチ / 観光名所
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富地図で見る

次のページを読む

沖縄の旅行予約はこちら

沖縄のパッケージツアーを探す

沖縄のホテルを探す

沖縄の航空券を探す

沖縄の現地アクティビティを探す

沖縄のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

沖縄料理のおすすめ20選!沖縄名物の食べ物特集

郷土料理からアメリカの食文化の影響を受けたグルメまで、沖縄には独特の料理・食べ物が豊富です。一度は食べてみたい、おすすめの沖縄料理・食べ物をご紹介します。旅行ツ...

沖縄の人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

美ら海水族館や首里城、古宇利大橋など、沖縄の数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆トラベルライターアワード 2018年上半期・2018年年間・2019年上半期
◆◆「国内記事部門 アクセストップ賞」三期連続受賞中!
◆◆https://tripnote.jp/minna/award/2019/1



学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?会期はいつまで?などの疑問を解消しつつ、チケ...


【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...


【名古屋】「JR名古屋タカシマヤ」デパ地下で買いたいフード系お土産21選

名古屋駅に隣接する「JR名古屋タカシマヤ」で買いたい、おすすめの名古屋土産を厳選!甘・辛両方のスイーツやデパ地下ならではのお総菜、定番の名古屋土産の“タカシマヤ...

【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

【奈良】女子旅で買いたい“かわいい”お土産10選

奈良の女子旅で買いたい、ビジュアルが可愛いお土産を厳選!人気の鹿モチーフをはじめ、奈良でしか買えないキュートすぎるお土産10点をご紹介します。奈良を旅する女子必...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります