台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

台湾土産パイナップルケーキの超人気店!台北【佳徳糕餅】

取材・写真・文:

台湾在住
訪問エリア:4ヶ国

2018年6月20日更新

10,077view

お気に入り

台湾土産の定番といえばパイナップルケーキ。色々なお店で販売されていますが、おすすめのお店の一つが台北にある「佳徳糕餅」です。店内は各国から訪れる観光客で大賑わい!パイナップルケーキ以外にもおいしいお菓子が揃っています。

この記事の目次表示

台北のおすすめツアー
【WEB限定】旅工房人気No.1*VIPホテル*宿泊|《成田発着》朝発/台北午後発|弾丸台北1泊2日間
35,100円~110,600円
【WEB限定】ホテル指定なしでお得に*台北市内エコノミークラスホテル*宿泊|《成田発着》朝発/台北午後発|弾丸台北1泊2日間
35,300円~127,100円
【WEB限定】中華風外観の駅チカ3つ星ホテル*レオフー*宿泊|《成田発着》朝発/台北午後発|弾丸台北1泊2日間
35,800円~122,800円

台北で超人気のお菓子屋さん「佳徳糕餅」

台北MRT南京三民駅から徒歩数分でアクセス可能な「佳德糕餅(ChiaTe)」は、台北で大人気のお菓子屋さんの一つです。店内に一歩足を踏み入れると、中国本土、香港、韓国、日本など各国からの観光客でいっぱいです。混んでいる時は入場制限がかけられ、店の外に並んで待つこともあるほどです。

台湾ならではのお菓子がたくさん

このお店1番の人気はパイナップルケーキですが、他にも台湾ならではのお菓子がたくさん揃っています。ベーカリーショップでもあるのでパンやケーキも販売されています。ほとんどの商品がその日にできあがったものばかりで新鮮です。

早速入店してお気に入りのお菓子を見つけましょう。店内には焼きたてのお菓子の香りがふわっと漂っていて、お腹がすいてきちゃいます。それぞれのお菓子に賞味期限がきちんと記載されているので、チェックしながら選んでいきましょう。

おすすめはパイナップルケーキとクランベリーケーキ

「佳徳糕餅」でおすすめといえばやはり「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」です。バラ売りでも購入できますし、6個入り、12個入り、20個入りの箱買いもできます。バターの風味がふわっと広がるケーキ生地に、程よい甘さのパイナップル餡がたっぷり入っていておいしいです。

定番はパイナップルケーキですが、メロンやイチゴなど様々なフルーツのケーキも販売されています。特に人気が高いケーキが「蔓越莓鳳梨酥(クランベリーケーキ)」で、パイナップルケーキにクランベリーを加えたものです。

ほんのり甘いパイナップル餡にクランベリーの酸味がよいアクセントになっていて、パイナップルケーキよりもこちらの方が好き!という方も多くいらっしゃるようですよ。

店内にはお土産用の空箱が置かれていて、好きな組み合わせで自分で詰めながら購入することができます。パイナップルケーキだけを詰めてもよいですし、色々なフルーツケーキを1種類ずつ入れていくのも可能です。

この写真は6個入りの箱にパイナップルケーキを3個、クランベリーケーキを3個詰めたものです。パイナップルケーキは1個30元(約110円)、クランベリーケーキは1個35元(約128円)なので、1箱195元(約715円)となります。

ヌガークラッカーも新たな人気商品

ちょっと変わったお土産も買って行きたいな、という時におすすめのお菓子が「葱軋餅(ヌガークラッカー)」です。こちらは2017年に発売になったばかりの商品で、12個入りで180元(約661円)。

ほんのり塩味のネギクラッカーにミルク味の甘いヌガーキャラメルが挟まれたヌガークラッカーは、しょっぱ甘くて不思議な味わいです。でも、これが食べすすめていくうちに止まらなくなってしまうような、クセになるおいしさなんです。

一つ一つが可愛らしく小包装されているので、ばらまき土産にも良いでしょう。この写真のヌガークラッカーはバラ売りで買ったものなので、製造日が書かれたシールが貼られています。

台湾土産パイナップルケーキやお菓子を人気店で

佳徳糕餅の商品はほとんどがバラ売りでも買うことができるので、味見してみたい商品を自分用に買ってみるのも楽しいですよ。人気店のお菓子を台湾土産に購入したい!という方は、足を運んでみてくださいね。

※記事内の元から日本円への換算は2018年6月現在のレートを利用しています(1元=約3.67円)。

佳徳糕餅
台北 / スイーツ / お土産
住所:台北市南京東路5段88號地図で見る
電話:02-8787-8186
Web:https://www.chiate88.com/index.php

台北旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならば台北のツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房で台北のすべてのツアーをみる>>

台北の旅行予約はこちら

台北のパッケージツアーを探す

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...


プチプラも嬉しい!台湾・女子が喜ぶかわいいお土産ベスト10

台湾のお土産はプチプラでかわいいものがたくさんあり、女子の心をくすぐります。今回は、実際に筆者が購入して友人や家族に喜ばれた雑貨や、まだあまり知られていないグッ...

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【台湾】ディープなお店からおしゃれスポットまで!台北女子旅1dayプラン

台北は、魅力溢れる見どころやグルメがたくさんあります。今回は、昔ながらのディープなお店と続々と増えているオシャレスポットなどを厳選して巡る、台湾女子旅1dayプ...

台湾土産に!台北・迪化街【紅海棠】の小さなプーアル茶がかわいい♪

台湾旅行で気になることの1つがお土産選び。「選ぶの楽しい!大好き!」という方もいれば、「何を差し上げたらよいのだろう」と頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるかもし...

この記事を書いたトラベルライター

台湾の街歩き&グルメ情報ならおまかせ♪
台湾への語学留学、ワーキングホリデーを経て現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。他のWEB媒体ではYui Imaiというネームも使用しています。

台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに♪台湾を中心におすすめの観光スポットやグルメ、お土産情報など、はじめて旅行される方にもわかりやすい情報を発信していきたいと思います。
http://mangoxuehua.blog.fc2.com/

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...


台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...

台湾桃園国際空港第一ターミナルフードコートでグルメ旅!おすすめ店5選

台湾桃園国際空港には一体どんなレストランがあるんだろう?と思われるかもしれません。特に第一ターミナルは機内食が有料となるLCC路線の多くが発着することもあり、フ...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?