栃木
栃木観光
日光・那須のリゾート地が人気な、餃子の聖地

【栃木】GWと秋に開催!「益子陶器市」完全ガイド♪

取材・写真・文:

東京在住

2019年4月17日更新

655view

お気に入り

写真:Ayapeco

毎年春と秋に開催される益子陶器市をご存知ですか?栃木県益子市で開催されるこちらの陶器市は、関東最大級!出店数は約50店舗以上、会場内には約500ものテントが立ち並び、毎年60万人ほどの観光客で賑わっています。今回は秋に参加した陶器市をもとに、チェックして欲しいポイントや回り方をお伝えします!同市はゴールデンウィークにも開催されますので、ぜひともチェックしてくださいね。

この記事の目次表示

そもそも益子焼(ましこやき)ってどういうもの?

日本にはそれぞれ各地名産の陶器がありますよね。益子焼(ましこやき)とは、栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とした陶器。一般的に益子焼とは、砂気が多くゴツゴツとした土の質感が特徴でぼてっとした重厚感があります。そのことから伝統的に土鍋や土瓶、片口といった、肉厚な陶器に使われることが多いようです!

  • 写真:Ayapecoこのような色合い、デザインが益子焼きと言うものに近いようです
  • 写真:Ayapecoこちらも益子焼き、と調べるとよく出てきます

益子陶器市は益子焼だけではありませんよ♪

「益子陶器市」と名を打っていますが、実際足を運んでみると、伝統的な益子焼はもちろんのこと、ユニークな形や洋食器のような色柄の陶器もたくさん!

  • 写真:Ayapecoこんなお皿見たことありません♡桜色のお皿の色も可愛すぎます!
  • 写真:Ayapecoきれいなターコイズカラー…こんなお皿あるんですね~^^

さながら、陶器の祭典と言ったところでしょうか。作家さんたちに伺ったところ、昨今ではネットで自由、かつ簡単に、使用したい土地の土を購入出来るようになり、作家さん自身で土を混ぜてオリジナルの素材を作ったりしているそう!時代の移り変わりとともに、作家さんたちのオリジナリティもどんどん広がっているのです。


益子陶器市へ行こう!

そんな益子焼を購入できる陶器市は毎年ゴールデンウィークと秋に開催されます。2019年春は、4月27日(土)~5月6日(月・祝)の予定です。今回は2018年秋の様子をご紹介します♪

まずは陶器市のMAPをゲット

  • 写真:Ayapeco

後述するバスツアーに参加した場合はガイドさんが配ってくださることもありますが、陶器市の至る所に陶器市MAPが置いてありますので、ぜひ手に入れましょう。こちらのMAPには駐車場、トイレ等の情報はもちろん、出店しているお店の情報や飲食店の情報が細かく載っています。お目当ての作家さんがいる場合はこちらのMAPでチェックしましょう♪

スタートは巨大たぬきさんから♪

  • 写真:Ayapeco益子陶器市のシンボル、たぬきさん!巨大なので待ち合わせにも良さそうです。

たぬきさんは陶器市を行き交う人々を見守る、益子市のシンボルのようです。こちらは記念写真スポットでもありますよ。

  • 写真:Ayapeco☆の物販センターを中心に二つの通りが伸びています

たぬきさんは上写真の星印、益子焼窯元共販センターに建っています。当センターを中心に、北東側に進む里山通り(上写真:青い部分)、西側に進む城内坂通り(上写真:赤い部分)の二手に分かれ、通り沿いにずらーーっとお店やテントが並びます。

陶器市のメインは城内坂通り

  • 写真:Ayapeco城内坂通りです!両側にずらっとテントが立ち並んでいます

通りを挟み、左右の歩道にお店やテントが立ち並びます。筆者はまず最初に城内通りを一通りぐるっと回りました。その後、中間地点の益子焼窯元共販センターまでいったん引き返します。その後、余った時間で逆側の里山通りを回りました。

あまりの素敵なお皿達にあのテントも、こっちのテントも…と寄り道をしまくった筆者ですが、滞在した5時間の間で十分満喫できましたよ♪

作家テントは要チェック!

MAPを見るとアルファベットで表記のある、作家テントが所々に設置されています。

  • 写真:Ayapeco写真の指さしのところです

ここは陶芸作家さんたちの作品が集まるテントです。

  • 写真:Ayapeco手作り感が良いですね
  • 写真:Ayapeco

あれ、こんなところに?!と思うほどさりげなくあったりしますので、通り過ぎないよう、地図を見ながら見つけてくださいね。

  • 写真:Ayapeco本当に看板がさりげないんです。もう少し主張してほしい!笑
  • 写真:Ayapecoこのテントも、初めは気付かず通り過ぎました^^;
  • 写真:Ayapeco作家テントのエリアはどこも賑わっています

作家さんたちの作品は、どの陶器も素敵なものばかり。

  • 写真:Ayapecoこのお皿もとても素敵でした。さんざん迷って次回に購入持ち越し。

形が面白く、デザインや質感、色が一味変わったものがたくさん見つかるスポットです!作家さんの作品でもリーズナブルなものは1,000円台からあります。 もちろんそれ以下のものも♪

  • 写真:Ayapeco二つの手触りが楽しめるデザイン
  • 写真:Ayapecoこちらの小鉢たちは400円からでした!

デイリーに使いそうなデザインのものはどれも手が届くお値段でしたので、ご安心くださいね。

その陶器を制作された作家さんとお話するチャンスも!

  • 写真:Ayapeco作家さんそれぞれに特徴があり、見ていてとっても楽しい♪

作家さんご本人が作品を販売されているテントも多くあります。

どのような思いで作られたのか、柄の意味や特徴はどういうものか。

作り手さんから直接誕生のストーリーを聞けるなんて、なかなか出来ない珍しい機会と思いませんか♪ これこそ陶器市ならではの醍醐味と言えますね!お話をきくと、使うときにその話を思い出すことができ、いっそう購入したお皿に愛着がわくのも嬉しいポイントです♪

次のページを読む

栃木の旅行予約はこちら

栃木のパッケージツアーを探す

栃木のホテルを探す

栃木の航空券を探す

栃木の現地アクティビティを探す

栃木のレンタカーを探す

栃木の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年4月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

5月のイベント・行事82選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

5月は藤につつじ、芝桜などの花のお祭りのほか、ゴールデンウィークに合わせて全国各地で多彩なイベントが開催される時期です。5月に行われる全国のおすすめイベントをご...

雑貨もスイーツも!【栃木】那須高原のお買い物スポット8選

那須高原は、リゾートも史跡もグルメも温泉も、あらゆる魅力が一杯詰まった場所。その上、ショッピングも思う存分楽しめます。ペット連れOKのアウトレットから、道の駅に...


フォトジェニックな冬の景色に出会えるおすすめ旅行先19選!

雪や氷に覆われた冬ならではの景色や、真っ暗な冬の夜に浮かび上がる幻想的なイルミネーションに、真っ白な雪にオレンジ色の灯りが点る各地のかまくら祭りなど、フォトジェ...

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...

この記事を書いたトラベルライター

普段は丸の内で働くOLトラベラー☆
旅行は手間も時間もお金もかかるもの。

いつか余裕が出来たら
いつかもう少し英語が話せるようになったら
いつかお金がたまったら
いつか子供が大きくなったら
いつか、いつか…

そんなふうに考え、旅行することをつい後回しにしている人はとても多いと感じます。

しかし。
You only live once!
人生は一度きり。今日が人生で一番若いのです!
あ、ここ行ってみたい…と思ったら、いつかにせず、すぐに次のお休みに予定を立てましょう!
ネットでほとんどのチケットや移動は予約ができますし、LCCを駆使すれば海外だって1万円以内でフライトを予約できてしまうことも最近は珍しくありませんよ♪

旅は自分を映す鏡。いつでも新しい発見や経験があります。
ちょっと無理をしてでも、知らない世界や異なる文化を訪れることは、人生を何倍にも豊かなものにしてくれます。

少しでも多くの方に、ここ行ってみたい!と思えるきっかけとなるよう、すてきな旅先をたくさんご紹介していきたいと思います☺

保存版!マラケシュからの2泊3日サハラ砂漠ツアー♪最終日にフェズへ抜ける方法も!

モロッコに来たら絶対行きたい、サハラへの砂漠ツアー!モロッコを旅行される際には、プランに入れている方も多いと思います。今回は、実際に筆者が参加したサハラ砂漠ツア...

オシャレ雑貨の宝庫♡モロッコ、マラケシュのおすすめショップ5選♪

アフリカ北西部に位置するイスラムの国、モロッコ。北にはスペインを始めとするヨーロッパ、東にはアルジェリアと、西洋とアフリカの文化が共存する魅力いっぱいの国です。...


クアラルンプールに行ったらmust buy!オススメのお土産3選

東南アジアでも大都市の1つであるマレーシア、クアラルンプール(KL)。LCCを使えば、羽田からは約6時間半なので、2泊3日の弾丸旅行で行くことも出来ます。そんな...

ビールと美食の街!チェコ、プラハの定番&隠れ家グルメツアー♪

東欧を代表する国の一つ、チェコ、プラハ。中世ヨーロッパの面影が今も色濃く残る、大変美しい街として知られています。モルダウ川が流れる対岸にはプラハ城がたたずみ、架...


【モロッコ】フェズの公認ガイドと行く!迷路の街で美しい工芸品とインテリアを巡る1日♪

マラケシュと並び有名な街である、フェズ。モロッコの北に位置する、大きな街です。別名「迷宮都市」と呼ばれる所以は、旧市街の複雑すぎる街の構造。その複雑さゆえ、旧市...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?