【東京】江戸のリゾート・目黒、中目黒を散策しよう!5つの楽しみ方

212

view
   2018年1月15日更新

東京で吉祥寺や恵比寿と並んで住みたい街として人気急上昇中のスポット「目黒」と「中目黒」。江戸時代、大名の別荘があったことから「江戸のリゾート」とも呼ばれています。歴史ある結婚式場をはじめ、江戸の市民が参拝した寺院、さらに絶品グルメが味わえるスポット・お店が満載!東京や品川、渋谷からアクセスできる目黒と中目黒散策の楽しみ方をご紹介します。

目黒・中目黒はどうやっていくの?

  • 山手線

目黒までは東京駅または品川駅からJR山手線に乗るのが便利。東京駅から約19分、品川駅から約7分でアクセスできます。また東京メトロ南北線や都営地下鉄三田線でもアクセスすることもでき、東京ドームがある後楽園や日本を代表するオフィス街・大手町などから乗車できます。

  • 東京メトロ日比谷線

また多くの飲食店や雑貨店などが集まる町・中目黒までは渋谷駅から東急東横線、または恵比寿駅や銀座駅などから東京メトロ日比谷線でアクセスできます。目黒駅からはJR山手線で恵比寿駅で乗り換えた後、日比谷線に乗れば行くことができます。

さらに目黒駅西口から東急バスに乗ってアクセスすることも可能。世田谷観音、野沢龍雲寺方面行きのバスで約10分で中目黒駅まで移動できます。なおバスの本数は1時間に3本~4本で運行しています。

【1】「ホテル雅叙園東京」で歴史ある「百段階段」を見学しよう!

  • ホテル雅叙園東京

まずは目黒を代表するスポット「ホテル雅叙園東京」で、有名な「百段階段」を見学しましょう。日本で初めての総合結婚式場として有名な「目黒雅叙園」として多くの人に親しまれていますが、2017年4月1日に「ホテル雅叙園東京」に名称変更しました。

創業当時は高級料亭でしたが、現在は宿泊施設や結婚式場、レストランなどを併設しています。

  • 百段階段

東京都の指定有形文化財に登録された「百段階段」。もともとは1935年(昭和10年)に建てられた目黒雅叙園の3号館にあたり、現存する建物のなかで唯一の木造建築です。

名前を聞いて100段の階段があるとイメージしている方がいらっしゃいますが、実際の階段の数は99段。なぜ99段なのか諸説ありますが、古くからの言い伝えで「奇数は縁起のいい数字だから」という説や「100という完璧の数字では長く続かないことから、あえてひとつ数字を引いた」という説が有力だといわれています。

  • 頂上の間

また百段階段だけでなく、宴が行われた部屋にも注目。才色兼備な日本画や彫刻のある「漁樵(ぎょしょう)の間」をはじめ、天井に明治から昭和にかけて活躍した日本画家の作品がある「静水(せいすい)の間」、さらに美しい木々の眺望を楽しめる「頂上の間」など、7つの部屋を見学できます。

  • 手毬チョコ(税込3,240円)

百段階段を見学した後は、ホテル内にあるレストランやオリジナルのスイーツを販売するパティスリーショップ「栞杏(りあん)1928」でお土産を買うのもおすすめ。

和の食材をふんだんに使ったボンボンショコラ(1個税込345円~)や百段階段の部屋にある天井画を描いた天井画ショコラ「竹林」(5個税込2,376円)、さらに3日前までの予約が必要ですが、手毬をイメージした「手毬チョコ」などを販売しています。

PATISSERIE「栞杏1928」

東京 / スイーツ

 

住所:東京都目黒区下目黒1丁目8−1 ホテル雅叙園東京 1階

電話:03-5434-5230

Web:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/lien

ホテル雅叙園東京

東京 / ホテル

 

住所:東京都目黒区下目黒1-8-1

電話:03-3491-4111

Web:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/

【2】東京都庭園美術館で芸術鑑賞&庭園散策を楽しもう!

  • 東京都庭園美術館

1933年(昭和8年)に皇族のひとつ朝香宮(あさかのみや)邸として建てられた東京都庭園美術館。1910年から30年代にフランスを中心にヨーロッパを席巻したアール・デコ様式の本館とあわせて、その空間を活かした展覧会をはじめ、緑豊かな庭園が調和した美術館として1983年(昭和58年)に開館しました。

  • 旧朝香邸内にある大客室

館内では朝香宮邸の装飾を手掛けたフランスのアンリ・ラパンの壁画や香水塔などを展示されているほか、期間によって異なりますが、現代アートの作品も展示されています。アール・デコ様式の壁画や装飾をあわせて、アート鑑賞を楽しみましょう。

  • 庭園美術館内にある日本庭園

あわせて庭園散策を楽しむのもおすすめ。芝生で覆われた開放感のある庭と築山と池を備えた日本庭園では毎年春になると桜、秋になると紅葉など四季折々の変化を楽しめます。また日本庭園の近くには茶室「光華」があり、生け花や茶器などが展示されています。

東京都庭園美術館

東京 / 博物館・美術館 / 公園・動植物園

 

住所:東京都港区白金台5丁目21−9

電話:03-3443-0201(代表)

Web:http://www.teien-art-museum.ne.jp/

【3】目黒の二大パワースポットを参拝しよう!

日本三大不動のひとつ「目黒不動尊」

  • 瀧泉寺(目黒不動尊)・大本堂

目黒駅周辺では多くの寺院があります。中でも江戸時代から将軍や大名、市民に信仰された寺院が目黒不動尊です。正式には「泰叡山 瀧泉寺(たいえいざん りゅうせんじ)」といい、平安時代に創建されました。本堂には大日如来の化身ともいわれている不動明王を祀られています。

  • 独鈷(とっこ)の滝

また境内には独鈷(とっこ)の滝が流れている池があるほか、不動明王像が飾られており、水をかけてあげるとかけたところの痛みや病気が治るといわれています。気になるところがあれば、ぜひ水をかけて無病息災を祈りましょう。

瀧泉寺(目黒不動尊)

東京 / 社寺・教会

 

住所:東京都目黒区下目黒3丁目20−26

電話:03-3712-7549

Web:http://park6.wakwak.com/~megurofudou/

大黒天を祀る「大円寺」

  • 大圓寺・本堂

目黒駅から行人坂(ぎょうにんざか)を下ったところにある大円寺。白金台にある覚林寺(かくりんじ)や先ほど紹介した目黒不動(瀧泉寺)などと並ぶ山手七福神のひとつといわれており、徳川家康をモデルにした大黒天や薬師如来が祀られています。

  • 大円寺石仏群

また境内には石仏群があり、江戸時代後期に目黒周辺で発生した大火で犠牲になった方を供養するために建てられました。厄除けや商売繫盛の参拝とあわせてお参りしましょう。

大円寺

東京 / 社寺・教会

 

住所:東京都目黒区下目黒1丁目8番5号

電話:03-3491-2793

Web:http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/6daienji/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月6日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!

はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/satohawk/

同じテーマの記事

アプリ「Pokke」で東京の音声ガイドを聴く

東京の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!