飲食の激戦区東京・新橋で美味しいお店5選!

1,862

view
   2017年5月25日更新

東京・新橋は日本の鉄道の発祥の地として知られ、現在はサラリーマンの聖地としても有名です。新橋エリアには大手企業の本社も多くある一方、数千軒もの飲食店が所狭しと並んでいます。毎晩夕方からは、細い路地裏まで仕事帰りのサラリーマンで溢れ、サラリーマンのパラダイスへと変貌します。新橋には、老舗の高級店からせんべろ店やバルなど多くありますが、そんな中でも特に美味しいお店5選を紹介します。

【1】平木商店

平木商店は生粋の新橋っ子であるオーナーの平木氏とのおしゃべり目当てに、一人でも気軽に立ち寄れる地元に根付いたお店。

オーナーはサーファーでありスノーボーダーでもあるので、横ノリ系のお客さんが多く訪れます。また留学経験もあるオーナーは英語も堪能なので、日本だけでなく世界中からお客さんが訪れる、国際色豊かなお店です。

  • 入口

オーナーが炭火で焼く炭火焼からトリッパ(ハチノスの煮込み)までメニューが豊富で、どれを食べても納得の美味しさ!最初は生ハムや白レバーのパテなどをつまみながら、串焼きやトリッパを待つのも良いでしょう。

  • 生ハムとサラミの盛合せ980円
  • レバー1本200円
  • トリッパ800円

炭火で焼く新鮮なラムチョップは、外せない一品。全く臭みがなく柔らかでジューシーなので、ラム嫌いな方もうならせてしまいます。串焼きやラムチョップは、自分の食べたい物を1本からオーダーできます。

  • ラムチョップ1本700円

自家製ピクルスや明太子マヨネーズを付けて頂くポテトフライも、ついつい箸が止まらなくなる味。

  • ピクルス450円
  • フライドポテト明太子マヨネーズ付680円

平木商店で是非食べたい一品は、イカ墨のパエリア!イカ墨が苦手な方もペロリと食べられ、最後の一粒のお米も残したくない美味しさです!

  • イカ墨のパエリア1,500円

チーズの盛合せに合うワインの種類も豊富!ワイン選びに迷ったら相談してみましょう。

  • ワイン
  • チーズ盛合せ
  • ミックスナッツ450円

奄美大島の焼酎も充実しているので、焼酎好きな方も満足できます。

店内はカウンター席、テーブル席があります。隣の方と仲良くなるのに丁度良い距離感なので、ここでお客さん同士仲良くなることもあるほど。外のテーブル席も人気で、心地よい風を感じながら飲めます。

  • 店内

サーファーのオーナーのセンスが店内にもあらわれており、サーフィンやスノーボードのビデオも観られます。サーフィンビデオを観ながらハワイアンビールが飲める、新橋では珍しいお店です。

  • ハワイアンビール等
  • オーナー夫妻
平木商店

東京

 

【2】そらき

手料理の創作和食店。ママさんが作る手料理はどれも美味しく、心温まる家庭の味です。豊富なメニューに加え、日替りメニューも充実しているので、毎日でも通いたくなってしまいます。もちろん、毎日食べても飽きる事がない美味しさ!

  • 入口

店内のカウンター席では、家庭の味を求め一人で通うお客さんを大勢目にします。テーブル席は会社帰りの人、女子会や地元の人達でいつも満席です。

まずは、お通し。お通しでその店がわかると言われていますが、そらきのお通しは家庭の味の一品やお酒がすすむ一品など、2種類出てきます。思わずおかわりをしたくなってしまう美味しさです。

  • お通し

お店1番の人気メニューは、1日5食限定の卵焼き。ふわふわで、しっかりとした出汁の味が効いている手のこんだ一品。手間がかかるので、1日5食の限定に納得です。

  • 卵焼き600円

牛すじ煮込みも外せない一品。見た目はあっさり、食べると味がしっかり染み込んでいて、ついお酒がすすんでしまいます。

  • 牛すじ煮込み700円

今日はどんなメニューに出会えるのか、旬の食材を使った、その日の日替りメニューはお楽しみの一つ。

  • 春菊サラダ700円
  • 炙りたこ刺し700円
  • ばくだん800円

お腹を満たしてくれる、チヂミやヒレカツもおすすめ。熱々のヒレカツは柔らかいので、箸で小さく一口大にして食ベましょう。

  • チヂミ800円
  • ヒレカツ900円

またオーナーが開催する、「おうちで簡単に、心が温まるお料理」がコンセプトの「おうちご飯教室」は、特に若い女子から大人気!お料理の説明、デモンストレーションの後は、出来上がったお料理を頂きます。

飲み放題も付いて、1人5,000円。グループごとに開催しているので、気の合うお友達(6〜9名)と申し込みましょう。日程やメニューを相談できるのも人気の秘密!

そらき

東京

 

【3】酒の魚和海(なごみ)

新鮮な魚を安く頂けるお店。毎日築地から新鮮な魚を厳選して仕入れているので、鮮度は抜群!また、一皿の量が多いのに、値段設定は全て安めで、お財布に優しいお店でもあります。

  • 入口

メニューは、その日の仕入れで毎日変わります。旬の魚を美味しく頂けるお店として、魚好きから大人気!また、お通しも旬の食材を生かした一品。

  • 本日のおすすめメニュー
  • モルツ生520円とお通し(そら豆とパプリカのムース)

おすすめは、1日5台限定の特盛。9種類もの新鮮な鮮魚や貝の刺身が食べきれないくらい盛られて、なんと990円!その日の仕入れにより内容が変わりますが、季節の新鮮な鮮魚が安く食べられるので大人気です!開店の17時と同時に売り切れてしまう日もあるほど。

  • 1日5台限定の特盛990円

殻付き牡蠣フライは大きく、外はカリカリ、中はふっくらとしています。お好みでレモン、ソースやタルタルを付けて頂きましょう。熱々なので、くれぐれも火傷に注意!

  • 殻付き牡蠣フライ580円

じゃこと水菜の豆腐サラダは、シャキシャキ水菜にじゃこと豆腐がたっぷりのった量のある一皿。サラダ好きな女子は必ずオーダーする一品です。さっぱりしているのに後を引くドレッシングがかかっています。

  • じゃこと水菜の豆腐サラダ680円

ホタテバター焼きは一人前が、なんと4皿!バターのコクと醤油の相性が抜群で、新鮮な帆立貝の旨味が凝縮されています。

  • ホタテバター焼き580円

酒の魚和海は、新橋の中でもコストパフォーマンスが高いお店と言えるでしょう。席はカウンター席、テーブル席の他に中二階があるので宴会にもむいています。また店員さんも親切丁寧に、おすすめメニューを説明してくれます。

【4】江戸前ビストロEDOGIN

1908年新橋で魚屋から始まり、その後和食の「新橋江戸銀」へ変わり、2012年4代目によりフレンチと和食を融合させ、先代の味も引き継いだ現在の「江戸前ビストロEDOGIN」がオープン。地元新橋では、何世代にも渡って愛されているお店です。

  • 入口看板

本格的なフレンチと和食、両方の美味しい物が食べられるお店として人気があり、グルメな女子や、江戸っ子のオーナーとの会話を楽しむ人で、毎晩賑わっています。お店中央には「新橋江戸銀」の看板があり、年配の方や新橋っ子にとっては、新しいお店なのにどこか懐かしいお店でもあります。

1番人気は、海老クリームコロッケ。海老の殻とみそで作った旨味が凝縮されたアメリケーヌソースの上に、海老の風味たっぷりのなめらかな舌触りのコロッケがのっています。一緒にバゲットをオーダーし、ソースを付けて頂きましょう。

  • 海老クリームコロッケ1,090円

その日の仕入れ次第で、千葉和田漁港産のミンククジラの刺身や、八丈島産のくさやチーズなども頂く事ができます。くさやチーズは、最初の一口はスモークチーズ、後味でほんのり、くさやを感じられます。くさやが苦手な方も、美味しく頂けるのでおすすめです。

  • 八丈島くさやチーズ590円

その他には、ステーキやラムチョップなどの肉類、エスカルゴ、パテドカンパーニュなどの本格フレンチや、新鮮な鮮魚のカルパッチョなど、メニューはバラエティーにとんでいます。

食事に合わせてワイン、日本酒や響や山崎などのウイスキーなども楽しめます。

  • スパークリングワイングラス890円
  • ウーロンハイ590円

またお客さんとの交流目的で、料理教室も開催しています。フレンチのシェフ歴30年以上のベテランシェフから料理を教えて頂きたい方は是非、参加してみましょう。

【5】鶏繁総本店

古くから新橋で愛されている、老舗の焼鳥店。17時の開店前からお客が並ぶ人気店でもあります。素材にこだわり、岩手県の南部赤鶏、岩手鴨、炭は紀州の備長炭、塩は下関の天然塩を使用しています。熟練した職人が素材にあった抜群の焼き加減で出してくれます。

  • 入口

おすすめは6本または10本コース。各部位を堪能でき、サラダやスープも付いているお得なコースです。レアで頂くささみは絶品!わさびとの相性抜群で、新鮮な鶏を使用しているから味わえる一品です。レバーは臭みもなく、苦手な方もレバーだと気づかず食べてしまいます。

  • ささみ
  • レバー

だんごはつなぎを一切使わず、鶏だけを使用。鶏繁でしか味わえない本格的なだんごです。ももは甘さ控えめな秘伝のタレで頂きます。

  • もも
  • だんご

焼鳥以外では新鮮なささみ刺身、ポテトサラダやてっちゃん炒めなどがおすすめです。また、そぼろ弁当や、やきとり弁当をお土産で持ち帰るのも良いでしょう。老舗の味を自宅でも味わえるので人気があります。

  • ポテトサラダ
  • お店のマーク「と」が入ったグラスで飲む焼酎の水割り

鶏繁総本店のメニューには値段の記載がありませんが、6本コースに生ビール3杯で約4,000円ぐらいが目安です。

  • メニュー

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月20日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
冒険心旺盛なトラベラー

オーストラリア、シンガポール在住中はインドネシア、マレーシア、タイやニュージーランドへ プチトリップ。地元の人しか知らない穴場を探しカメラ片手にウロウロ。食べ歩きは屋台から高級店までと幅広く。

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!