浦安市

【東京ディズニーランド】アリスのレストラン♡「クイーンオブハートのバンケットホール」

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:41都道府県

2021年8月17日更新

4,137view

お気に入り

写真:かなたあきこ

東京ディズニーランド内の数あるレストランの中でも、とくにデート&女子旅におすすめなのが、『ふしぎの国のアリス』をモチーフとした「クイーンオブハートのバンケットホール」です。ハートをかたどった料理やスイーツはもちろん、アリスの世界観を120%再現したインテリアは、インスタ映えすること間違いなし♡

この記事の目次表示

「クイーンオブハートのバンケットホール」とは?

東京ディズニーランドの「クイーンオブハートのバンケットホール」は、ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』をモチーフにしたレストランです。物語の登場人物“ハートの女王”が住むお城をイメージしたキュートなインテリアや、ハート型をふんだんに用いた料理やスイーツなど、女子ゴコロをくすぐる仕掛けがいっぱい!

  • 写真:かなたあきこ

レストランのあるエリアは「ファンタ―ジーランド」で、「アリスのティーパーティー」「キャッスルカルーセル」のすぐ近く、「イッツ・ア・スモールワールド」の向かって左手に位置します。昼間は大きなハートのエントランスが可愛らしい印象ですが、夜になると間接照明に照らされたお城の外観がロマンチックさを演出します。

エントランスからワクワクさせる演出が豊富

レストランに入ると、まず大きな“口”をかたどったエントランスゲートに迎えられます。巨人に飲み込まれるような感覚を楽しみつつ、広々としたホールを進みましょう。妖しいパープルの花が咲き乱れるホールには、赤と黒のトランプ兵があちこちに陣取っています。兵隊とのツーショット撮影をお忘れなく!

  • 写真:かなたあきこ

緑の生垣の間を進むと、立派なお城の門が見えてきます。門の上には“ハートの女王&ハートの王様”カップルのお姿が。「LET THE BANQUET BEGIN (晩餐会を始めよう)」のフレーズが踊り、ゲストの来店を喜んでお出迎えしてくれているかのよう♪

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

バフェテリア形式で好きな料理を選べる

ファンの間では有名な“アンバースデーケーキ”も

「クイーンオブハートのバンケットホール」は、好きな料理をトレーにのせて最後にレジで会計する、バフェテリア形式のレストランです。門をくぐるとすぐに、可愛らしいメニューサンプルがディスプレイされており、↓の画像の一番上に写っているのが、アリスファンの間では有名な「アンバースデーケーキ」(1,220円)です。

  • 写真:かなたあきこ

アンバースデーとは、アリスの作者ルイス・キャロルの造語で、「誕生日は365日のうちたった1日。残りの364日をアンバースデー(何でもないふつうの日)として祝おう」という素敵なメッセージなのです。ですので、こちらのケーキはいつでも誰でも注文することができ、もし本当のお誕生日の場合は、スタッフに声をかければ「HAPPY BIRTHDAY」のプレートに交換してもらえますよ。

  • 写真:かなたあきこ「アンバースデーケーキ」(1,220円)

メニューは、壁架けのディスプレイ表示でもたしかめることができます。前述のサンプルはスイーツが中心ですので、お料理についてはこちらを参照するといいでしょう。もちろん「アンバースデーケーキ」もちゃんと載っていますよ。

  • 写真:かなたあきこ

注文が決まったらレーンに並んで会計を

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

注文するメニューが決まったら、トレイを取って料理が提供されるレーンに並びましょう。レーンの頭上にはお鍋や水差しなどのキッチンアイテムが飾られ、賑やかでユーモラスな雰囲気。ちなみに、トレイにも“ハートの女王&ハートの王様”があしらわれていてキュートです♪

  • 写真:かなたあきこ

会計を済ませて好きな席へ。どこにしようか迷う!

  • 写真:かなたあきこ

会計を済ませたら、料理を持って好きな席に座ります。「クイーンオブハートのバンケットホール」の店内には約500もの座席があり、お城のインテリアのお席、お花に囲まれたメルヘンチックなソファ、ステンドグラスが輝くダイニングなどさまざま。どの席にしようか迷ってしまうのも、こちらのレストランの醍醐味です。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

店内にはビッグスマイルを浮かべた“チェシャ猫”の姿もあり、道案内をしてくれているようですが、手にした看板は「THIS WAY(こっち)」「THAT WAY(あっち)」・・・あげくに「WHICH WAY(どっち?)」などと超いい加減。いかにもいたずら好きのチェシャ猫らしく、思わず笑ってしまいます。

  • 写真:かなたあきこ

次のページを読む

浦安市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2023年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP31!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...


【国内】大人が本気で遊べるテーマパーク12選!

新しいエリアも登場し大盛況の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」や、絶叫系を制覇したい「富士急ハイランド」、水族館と遊園地が合体した「横浜・八景島シーパラダイス...

【2024】関東の人気遊園地・テーマパークTOP25!旅行好きが行っている遊園地・テーマパークランキング

ディズニーランドや八景島シーパラダイス、コスモワールドなどの関東にある遊園地・テーマパークを、トリップノートの9万2千人を超えるトラベラー会員(2024年1月現...

【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...

【TDL】知っておきたい!誕生日ディズニーを200%楽しむ7箇条!

みんな大好きな東京ディズニーランド。そんなディズニーでお誕生日を過ごしたい!大切な人へお誕生日サプライズをしたい。そう考える人も多いのではないでしょうか?今回は...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆トラベルライターアワード 2018年上半期・2018年年間・2019年上半期
◆◆「国内記事部門 アクセストップ賞」三期連続受賞!
◆◆https://tripnote.jp/minna/award/2019/1



学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好きです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)
帰国後数年間の東京暮らしを経て、2021年夏からアメリカへ移住。アメリカならではの大自然を満喫するのが楽しみです!

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?会期はいつまで?などの疑問を解消しつつ、チケ...


【名古屋】「JR名古屋タカシマヤ」デパ地下で買いたいフード系お土産21選

名古屋駅に隣接する「JR名古屋タカシマヤ」で買いたい、おすすめの名古屋土産を厳選!甘・辛両方のスイーツやデパ地下ならではのお総菜、定番の名古屋土産の“タカシマヤ...


【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...

【舞浜】ボン・ヴォヤージュ&イクスピアリ!ディズニーグッズお買い物ガイド

東京ディズニーリゾートを訪れる楽しみの一つとして、可愛いディズニーグッズのお買い物が挙げられます。本記事では、舞浜駅前にあるTDR公式グッズショップ「ボン・ヴォ...

【奈良】女子旅で買いたい“かわいい”お土産10選

奈良の女子旅で買いたい、ビジュアルが可愛いお土産を厳選!人気の鹿モチーフをはじめ、奈良でしか買えないキュートすぎるお土産10点をご紹介します。奈良を旅する女子必...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります