和歌山
和歌山
聖地・高野山が立地し、みかんや梅の栽培で有名

【和歌山】石垣階段型畑と絶景を堪能!有田みかん海道5つの見どころ

2017年8月28日更新

770view

お気に入り

和歌山県有田市と言えば、やはり「有田みかん」を思い浮かべるのではないでしょうか?そんな有田地域には山が多く、みかん園の70%以上が傾斜地となっているため、見事な石垣階段型の畑を見ることができます。そんな景色を堪能できる、約5.6kmの「有田みかん海道」の見どころは、みかん畑だけではありません。紀伊水道や湯浅湾が一望できる絶景スポットもあり、ドライブやウォーキングにもオススメです!せっかく有田市に来たのなら、絶対におさえておきたい「有田みかん海道」のチェックポイントを5つご紹介します。

チェックポイント1:石垣階段型のみかん畑

阪和自動車道有田ICを下車後、国道42号線を経由して、車で20分ぐらいのところに「有田みかん海道」はあります。

急なカーブを繰り返しながら、山頂まで徐々に標高を上げていきます。

走行中、車の窓からは、石垣階段型のみかん畑を間近で見ることができます。石垣は保温効果、排水効果、光の反射効果に優れており、おいしいみかん作りには欠かせません。

また畑が階段状になっていることでまんべんなく日光が当たり、高品質のみかんへと育っていくのです。雨水による崩壊を防ぐこともでき、あらゆる面で石垣階段型のメリットが活かされています。

また遠くを見渡せば、段を成して斜面に広がる見事なみかん畑も臨めます。

山という山はもちろん、平地にある家と家の間にもみかん畑が広がるため、観光で訪れた人にとっては感動する景色となること間違いないでしょう。

チェックポイント2:レストラン「テスティモーネ(TestiMone)」からの景色

平成29年6月にオープンした、みかん海道のほぼ頂上にあるイタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiMone)。ここは、紀伊水道や湯浅湾、有田市の街並みが見渡せる絶景スポットです。

店内やテラスからも景色が見渡せるようになっている、素晴らしいロケーションです。

海抜約160mに位置するテスティモーネ。実はレストラン以外にも、南海トラフ巨大地震などの大災害時が起きた際の重要な一時避難先の役割も担っています。

ヘリポートを始め、20tの貯水タンクも備えられており、芝生や駐車場も整備されています。

何事もない平穏な日常時にはお洒落なレストラン、非常時には市民の一時避難を担う絶景レストランで、穏やかな街を眺めながら、地元食材をふんだんに使ったお料理を楽しんでみてはいかがでしょう?

テスティモーネ
和歌山 / 洋食・西洋料理
住所:和歌山県有田市宮崎町1052-13
電話:0737-83-2310

チェックポイント3:展望台からの風景

レストラン「テスティモーネ」をこえて、もう少しだけ坂道を登っていくと、休憩所が見えてきます。地元の方々が湯浅湾を一望しながら語らいあう憩いの場です。

その休憩所のすぐ前に、展望台入口があります。緩い坂道と階段を上っていくと、木造の簡易的な展望台に辿りつきます。

展望台からの景色は正面に紀伊水道が広がるほか、天気の良い時は四国(徳島県)まで見ることができます。

朝日・夕日共に綺麗なスポットなので、その時間帯を狙って訪れるのもオススメです。

有田みかん海道 展望台
和歌山 / 展望・景観
住所:和歌山県有田市宮崎町 有田みかん海道展望台

チェックポイント4:青い空に映える巨大風車

みかん海道に一基だけ建つ、風力発電の巨大風車。

走り始めは遠いものの、近づくに連れてどんどんと大きくなっていきます。

地元の方のシンボル的な存在でもあるこの風車は、間近で見てみると迫力大。みかん畑と合わせて写真におさめたいスポットの1つです。

有田市山地風力発電所
和歌山 / その他スポット
住所:和歌山県有田市山地

チェックポイント5:有田みかんを91%使用!早和果樹園の「味一ジュレてまりIN」

有田みかん海道を始めとして、有田市には随所にみかん畑があります。それらのみかん畑で作られている甘くて美味しいみかんをふんだんに使ったデザートも、ぜひ食べてみて下さい。中でも、地元の方も大絶賛する一品が早和果樹園の「味一ジュレてまりIN」!

有田みかん果汁を91%使用した濃厚ゼリーに、「てまりみかん」が丸ごと1つ入った、とっても贅沢な一品です!

水を一滴も使用していないゼリーにはみかんの味が凝縮されており、そこに更にてまりみかんのジューシーな甘さがプラスされ、口の中に至福の味わいが広がります。通販などでも取り寄せられるので、ぜひ召し上がってみてください!

早和果樹園
和歌山 / その他スポット
住所:和歌山県有田市宮原町東349-2
電話:0120-043-052(電話対応:平日9時~17時半)

おわりに

甘くて美味しいみかんを育む石垣階段型の畑や、湯浅湾や有田市の街並みを見渡すことができるレストランや展望台がある「有田みかん海道」はいかがだったでしょう?

日ごろ、私達がよく食べる「有田みかん」がどういった場所で、どのように作られているのか、間近で見られるというのはなかなか興味深いものです。

車から降りずとも窓から楽しめる絶景も多いので、和歌山県に観光に行かれる際はぜひ立ち寄ってみて下さいね。

有田みかん海道
和歌山 / その他スポット
住所:和歌山県有田市宮崎町 有田みかん海道

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月16日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

1位はびわ湖テラス!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年6月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年6月の1位は、トリップノートトラベラー246...

感動の景色が待っている!和歌山のおすすめ絶景スポット13選

大阪府と奈良県のお隣に位置する和歌山県。海あり・山ありの自然豊かな土地には、実は昔から名所と呼ばれる魅力的なスポットがたくさんあります。ユニークな岩や夕日スポッ...

絶対に拝んでおきたい!高野山・奥之院の個性的なありがたいお地蔵様

高野山の中でも、大師信仰の中心聖地とされている奥之院。歴史的に有名な著名人や、戦国武将などの供養塔が無数に並び、その数は二十万墓ともいわれています。厳かさに包ま...

関西女子旅のおすすめ観光スポット28選!旅ツウのトラベルライターが厳選!

パワースポットにお買い物スポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えする風景に出会えるスポットなど、旅ツウのトラベルライターが、関西の女子旅におすすめの観光ス...

巡るのを躊躇う!?【高野山】奥之院に伝わる少し怖~い七不思議!

樹齢数百年にもなる杉木立に囲まれた、厳かで神秘的な高野山・奥之院。一の橋から中の橋、御廟(ごびょう)までは約2kmあり、数え切れないほどの供養塔が並んでいます。...



この記事を書いたトラベルライター

生粋の転勤族ライター
生まれ育った実家も、お嫁に行った先も、「転勤族」という生粋の転勤族です!
転勤しながらその土地、周辺のご当地情報を発信しています!

現在は1歳を目前に控えた赤ちゃんと、楽しく鳥取県を中心に周辺の魅力をみてまわっています♪
人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考えた上で、「子育てママ」概念にとらわれない自由旅を満喫中☆

そして、旅行と同じくらい「書くこと」が大好きです!
「正確に」「詳細に」「スピーディーに」を目指して、楽しみながら更新しています!

旅行やお出かけの際にお役に立てるような記事を書けるよう、頑張ります!



私の書いた記事が少しでも誰かの、何かの、役に立つことがあったらこの上ない喜びです。

税込980円でこの鮮度!【鳥取県】賀露港・市場食堂で新鮮海鮮を!

日本海に面している鳥取県は海の幸にも恵まれています。今回ご紹介する賀露港・市場食堂は鳥取県賀露港のすぐそばにあり、新鮮な海鮮物をまさかの税込1,000円を切る値...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

【鳥取県】「すなば珈琲」巡礼!聖地指定8店舗とその周辺の見所紹介

2012年の10月某日、平井鳥取県知事が民放番組にて発した「スタバはないけど日本一のスナバはある」という言葉をきっかけに生まれたと言われている、鳥取県を代表する...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?