湯河原町(足柄下郡)

文人たちが愛した温泉の町・湯河原のおすすめスポット8選【神奈川】

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:46都道府県

2021年1月26日更新

3,009view

お気に入り

写真:サトホーク

静岡県との県境に位置する温泉街・神奈川県湯河原(ゆがわら)。日本最古の和歌集『万葉集』にも登場しているほどの古湯として知られており、明治時代には多くの文人たちが訪れました。そんな歴史ある温泉街は、温泉はもちろん、絶景スポットや絶品グルメを味わえるお店など、見どころ満載!今回は湯河原のおすすめ観光スポットとお店を厳選してご紹介します。

この記事の目次表示

湯河原ってどんな町?

  • 写真:サトホークJR湯河原駅

湯河原は神奈川県の西部・静岡県の県境に位置する町。古くから万病に効くと評判の高い良質な温泉が湧いているほか、雄大な自然に恵まれており、行楽・静養で多くの人が訪れています。湯河原までは、東京駅から東海道線の特急「踊り子号」で約1時間15分、名古屋、大阪からは新幹線と在来線で最短約2時間~2時間30分でアクセスすることができます。

  • 写真:サトホーク島崎藤村ゆかりの宿 伊藤屋

また湯河原には、明治時代中頃から昭和時代にかけて活躍した文人たちに愛された温泉旅館やスポットがあり、旅館「伊藤屋」は小説『夜明け前』で有名な作家・島崎藤村(しまざきとうそん)が定宿として足を運んだほか、奥湯河原にある「加満田(かまた)」では、昭和に活躍した作家・水上勉(みずかみつとむ)らが足繁く通いました。

島崎藤村ゆかりの宿 伊藤屋
湯河原町(足柄下郡) / 温泉旅館 / ホテル
4.6 (25件の口コミ)
料金(目安):9,180円〜54,119円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上488地図で見る
電話:0465-62-2004
Web:http://www.itouya-net.jp/

【1】マイナスイオンたっぷりのパワースポット「不動滝」

  • 写真:サトホーク不動滝

最初にご紹介する湯河原のおすすめ観光スポットは、落差15メートルの「不動滝(ふどうだき)」。この付近では、天然鉱石である「沸石(ふっせき)」が1931年(昭和6年)に発見され、この石は温泉と密接な関係があるといわれています。

  • 写真:サトホーク出世大黒尊

滝の周辺には、パワースポットがあります。滝を正面に見て左側には厄除け等にご利益がある身代わり不動尊、右側には出世大黒尊が祀られているので、滝の見学とあわせて参拝しましょう。

  • 写真:サトホーク茶屋にある足湯

また滝のすぐそばには茶屋もあり、食事やショッピングを楽しむことが可能。甘酒(税込400円)やおしるこ(税込500円)を味わえるほか、食事もしくはお土産を買ってプラス100円を支払えば、源泉かけ流しの足湯に入ることができるので、ぜひ立ち寄ってみて。

不動滝
湯河原町(足柄下郡) / 自然・景勝地 / 滝 / パワースポット
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上750地図で見る
電話:0465-63-2111(湯河原町観光課)
Web:https://www.yugawara.or.jp/sightseeing/646/

【2】和モダンな温泉カフェ「Gensen Café」

  • 写真:サトホークGensen CaféがあるThe Ryokan Tokyo YUGAWARA

外国人観光客を中心に人気の温泉宿「The Ryokan Tokyo Yugawara(ザ リョカン トウキョウ ユガワラ)」内にある「Gensen Café(ゲンセンカフェ)」。湯河原温泉街の中心地から坂道をのぼったところにあり、鳥居をモチーフにした玄関口で利用者をお出迎え。ここでは、日帰り温泉や食事を堪能することができます。

  • 写真:サトホーク

館内にはゆったり、のんびりと過ごせる席があり、窓からは美しい山の景色を楽しめます。また畳の上には、ふわふわとしたクッションが置かれています。その正体は、アメリカから上陸した魔法のソファ「Yogibo(ヨギボー)」。かたい面がなく、気軽に横になることができます。

  • 写真:サトホーク

多くの文人たちが足を運んだ湯河原温泉にちなんで、店内には小説や雑誌、絵本が置かれており、それらは読むこともできます。そのラインナップは、話題の本から芥川賞、直木賞を受賞した作品まで様々。お気に入りの本を読みながら、のんびりと過ごしてみては。

  • 写真:サトホーク男湯大浴場

カフェと一緒にセットで利用できる温泉は、100%源泉かけ流し。腰痛や疲労回復等に効能があり、カフェ利用客用は、以下3つのプランから選ぶことができます。

  • 貸切温泉(平日限定・11時~15時最終入場)
  • 手ぶらde​ほっこりパック(土日祝日12時~18時最終入場・平日16時~18時最終入場)
  • 日帰り入浴

空いていれば当日予約なしでも利用できますが、週末や大型連休の時期は多くの人で賑わいますので、事前に予約することをおすすめします。

  • 写真:サトホーク​揚げおにぎり茶漬け(税込700円)

食事はアジや金目鯛などの海の幸を使った「湯河原おちょこ御膳」(税込1,860円)や、ホタテが入った「揚げおにぎり茶漬け」のほか、パイナップルキウイやベリーヨーグルトが入った「アイスキャンディー」(各税込300円)をはじめとしたスイーツを味わえます。

また平日限定の「貸切温泉」プランや「手ぶらde​ほっこりパック」を利用した場合には、ワンドリンクサービスがついてきます。ビールやラムネ、さらに湯河原みかんのジュースなどのドリンクも堪能できるので、湯上がりに喉を潤してみて。

ゲンセンカフェ
湯河原町(足柄下郡) / カフェ・喫茶店 / 女子旅
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町 宮上742地図で見る
電話:0465-63-3498(The Ryokan Tokyo YUGAWARA)
Web:https://www.gensencafe.com/

【3】文人墨客たちの歌碑と美しい木々の散策を楽しめる「万葉公園」

  • 写真:サトホーク万葉公園

湯河原温泉を代表する観光スポット「万葉公園(まんようこうえん)」。園内には多くの植物が植えられているほか、明治時代に活躍した小説家・国木田独歩(くにきだどっぽ)や、大正時代から昭和時代に活躍した歌人・佐々木信綱(ささきのぶつな)といった湯河原ゆかりの文人墨客の歌碑があります。

万葉公園
湯河原町(足柄下郡) / 紅葉 / 公園
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566地図で見る
電話:0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
Web:https://www.yugawara.or.jp/sightseeing/722/
  • 写真:サトホーク狸福神社

また公園内にはタヌキを祀る「狸福神社(りふくじんじゃ)」というパワースポットがあります。湯河原で湯治をしたタヌキの夫婦が、その温泉のすばらしさを人々に伝えたことで湯河原が有名になったと言い伝えられており、以降神の使いとしてこの湯を守り続けています。

狸福神社
湯河原町(足柄下郡) / パワースポット / 神社
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566,狸福神社地図で見る
電話:0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)

【4】樹齢約850年の楠が生えるパワースポット「五所神社」

  • 写真:サトホーク五所神社

東海道新幹線の線路沿いに位置する「五所神社(ごしょじんじゃ)」。天智天皇(てんちてんのう)が活躍した頃に創建されたといわれており、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が伊豆挙兵時、この地方の豪族・土肥実平(どひさねひら)が頼朝を助けて、戦勝祈願の護摩をたいたといわれたことから、長寿長命等にご利益があると言われています。

  • 写真:サトホーク御神木の楠

境内には大黒天恵比寿神といった七福神像が祀られているほか、樹齢約850年の「御神木の楠」があり、健康・長寿・ボケ防止の力を与えるパワースポットとして多くの人が訪れています。また、道路を挟んで反対側には、「明神の楠」と呼ばれる樹齢800年以上の楠も生えているので、あわせてチェックしてみて。

五所神社
湯河原町(足柄下郡) / パワースポット / 神社
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮下359-1地図で見る
電話:0465-62-5869
Web:http://goshojinjya.com/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!
<★実績★>
☆トラベルライターアワード 2020年・年間☆
「国内記事部門 アクセストップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2018年・年間☆
「国内記事部門 SNSシェアトップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2017年上半期☆
「編集部特別賞」受賞

はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/satohawk/

東京のブルックリン!蔵前で行きたい散策スポット・お店16選

東京を代表する下町・浅草の近くにある蔵前。駅近くには隅田川が流れていて、カフェや雑貨店など、倉庫をリノベーションしたおしゃれな建物がある点がニューヨーク・ブルッ...


箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!おすすめスポット・お店10選

新宿駅から小田急線の特急ロマンスカーで、東京駅からJRと箱根登山鉄道に乗って約1時間30分のところにある「箱根湯本」。大涌谷や芦ノ湖、仙石原といった箱根で人気の...


【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...

【滋賀】SNS映えしそう!長浜のおすすめ観光スポット・お店10選

豊臣秀吉が城を築いた城下町として栄えた滋賀県長浜市。長浜城をはじめ、「黒壁スクエア」や琵琶湖に浮かぶ「竹生島(ちくぶじま)」などインスタグラムに投稿してみたい観...

【岡山】倉敷美観地区で観光&グルメを満喫♪おすすめスポット10選

かつて江戸幕府の直轄地であり、輸送物資の集積地として栄えた町、岡山県・倉敷。日本初の私立近代西洋美術館をはじめ、町家や白壁の蔵をリノベーションしたお店まで、十分...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります