アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

取材・写真・文:

アメリカ在住

2020年11月4日更新

83,449view

お気に入り

この記事の目次表示

明るく開放的なカフェでのんびり

  • 写真:くーカフェでは10数台のiPadがメニューとして用意されています

時間に余裕があれば1階のカフェに立ち寄ってみましょう。メニューを探してキョロキョロしていると店員さんがすかさずiPadを渡してくれるはずです。

エスプレッソ類は3〜5ドル(約330〜550円)、お茶も2ドル(約220円)で、値段設定は比較的良心的。スナックメニューはチョコレートやシリアルバーがメインで食事と呼べるものはありません。

  • 写真:くー屋外との境界線が曖昧で開放的なカフェ

壁がすべてガラス張りで、しかも南に面しているカフェはとにかく明るく開放感にあふれています。南側のガラスは回転ドアのように回して開閉できる仕組みになっていて、天気の良い日にはオープンカフェに変身。椅子の座り心地もいいので何時間でものんびりできそうです。

ここでしか買えないオリジナルグッズも

  • 写真:くーアップル社の製品が勢揃いのApple Store

ビジターセンターの中で一番の賑わいを見せるのは最新のアップル製品を販売するApple Store。iPhoneからiPad、MacBookまで何でもそろっていますが、ここで見逃したくないのは「Apple Park」の文字が入ったご当地グッズです。

  • 写真:くーApple Parkのロゴ入りTシャツは色とりどり。ベビー服もあります

色とりどりで虹を連想させるTシャツと、それとは対照的に白、グレー、黒に限られた帽子はそれぞれ40ドル(約4,410円)。もう少しお手ごろな値段ではオリジナルポストカードのセット(20ドル/約2,200円)、トートバッグ(25ドル/約2,760円)などがあります。

  • 写真:くートートバッグや帽子もおしゃれです

これらは本社キャンパスでしか手に入らないので、気に入ったら絶対に購入しましょう。アップルマニアには聖地からのお土産として喜ばれること間違いなしです。

アップルパーク・ビジターセンター
アメリカ / その他スポット
住所:10600 North Tantau Avenue, Cupertino, CA 95014地図で見る
電話:408-961-1560
Web:https://www.apple.com/retail/appleparkvisitorcente...

アメリカの旅行予約はこちら


アメリカのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランド、セントラルパークなどのアメリカの数ある観光スポットを、トリップノートの9万2千人を超えるトラベラー会員(2024年1月現在)...


【ロサンゼルス】LAダウンタウンを満喫する観光スポット9選&おすすめモデルコース

西海岸で一番の大都市となるロサンゼルス。サンタモニカやグリフィス展望台など見どころも満載ですが、徒歩で手軽に観光できるのがダウンタウン!今回はおすすめの観光スポ...

【ロサンゼルス空港】シーン別‼長時間トランジットのオススメの過ごし方

ロサンゼルス空港(通称:LAX)は、ターミナルが9つもあるメガ空港。そんなLAXは、国内線・国際線共に、乗り継ぎで利用する方が多いスポットです。方面によっては長...

アメリカ西海岸 LAで行きたいビーチ5選

アメリカ第2の都市ロサンゼルスには、世界中から多くの観光客が訪れます。そんなLAに行ったらぜひ訪れたいのが、ビーチです。今回は、そんなアメリカ西海岸を存分に味わ...

【アメリカ】ディズニー映画『カーズ』のモデルの街!ルート66セリグマンのフォトスポット

アメリカでのロードトリップといえば、ルート66。かつて、シカゴからLAをつなぐ国道として使われていました。残念ながら今は廃線となっていますが、アメリカのマザーロ...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...


本場で野球観戦ならサンフランシスコのオラクルパークへ!

アメリカで観戦できるプロスポーツの中で、試合数が多くチケットが取りやすいのが野球。サンフランシスコには2010、2012、2014年に全米制覇を果たしている名門...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

観光バスは必要なし! サンフランシスコを感じる市営バス8選

サンフランシスコといえばケーブルカーの印象が強い街ですが、実はそのほかの公共交通機関もかなり発達していて、市内のほとんどの場所にバス、またはメトロと呼ばれる路面...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります