バンコク
バンコク観光
現代的な街並と歴史が調和した東南アジア随一の大都市

憧れの大人旅におすすめ!バンコクで話題の隠れ家ホテル【アリヤソムヴィラ】

取材・写真・文:

千葉在住
訪問エリア:35ヶ国

2020年5月21日更新

762view

お気に入り

写真:sosuke

タイのバンコクといえば、開発途上国とは思えないほど高層ビルや巨大ショッピングモールが立ち並ぶ大都会。世界中から多くの人が旅に訪れる、世界屈指の観光都市でもあります。そんなコンクリートジャングルとも呼べるバンコクで、リゾート感の溢れる隠れ家ホテルが話題になっています。

この記事の目次表示

ガイドブックには載っていない、大人のための都会の隠れ家

  • 写真:sosuke
  • 写真:sosuke

アリヤソムヴィラはバンコクの中心地であるスクンビットのSoi1(1番通り)の奥に位置する、リゾートヴィラのようなホテル。緑に囲まれた古民家のような佇まいは、都会の真ん中にありながらもその喧騒を忘れさせてくれます。その評判は誰もが認めるもので、世界的な旅行系口コミサイトであるトリップアドバイザーでも5つ星の満点評価を得ており、バンコクのホテルランキングで25位につけている実力派です。(2020年5月現在)

ホテルそのものの雰囲気の良さは勿論なのですが、大人のための隠れ家とあってスタッフの対応はフレンドリーかつ細やかな心配りが備わっており、日本のサービスに慣れている我々でも大満足できるものでした。

ちなみに最寄りはBTSのナナ駅になりますが、駅からは徒歩15分ほどの距離のため、タクシーやトゥクトゥクなどの使用をお勧めします。

センス良くシンプル!落ち着ける内装

  • 写真:sosuke
  • 写真:sosuke

古民家の外観を裏切らず、客室の内装もどこか懐かしさを感じさせます。例えるならば特別な屋根裏部屋のような、シンプルながらも隠れ家を感じさせる落ち着いた空間になっています。筆者はツインルームに宿泊をしましたが、少し古びた質感のフローリングに大きな窓から射しこむ木漏れ日がとてもノスタルジックでした。大都会の中にあるからこそ、シンプルで自然を感じさせる、センスの良さが光る部屋です。

なお設備は必要にして十分。クローゼットや大きめの棚のほか、広めのデスクも用意されていますので、長期の滞在や荷物の多い方でも快適に過ごすことができるお部屋です。

タイでは珍しいバスタブ付き

  • 写真:sosuke

南国、特に東南アジアを旅行していると出てくるのがバスタブ問題。年中温暖な地域では湯船に浸かる習慣が薄く、シャワールームのみが完備されているケースが非常に多いです。ホテル予約サイトなどでもバスタブの有り無しを選べることは少ないため、調べることも非常に困難。

アリヤソムヴィラの客室には、非常にゆったりとしたバスタブが備わっています。しかもシャワーブースは別!そもそもアリヤソムヴィラのバスルームは非常に広く作られており、洗面台にもシンクが2つ備わっているほどのゆとりがあります。比較的安価でこの設備が備わっているのは、バンコクでは非常に珍しいと言えるでしょう。

バルコニーはプールビュー

  • 写真:sosuke

アリヤソムヴィラのバルコニーからは、森の中に隠されたような美しいプールを眺めることができます。日中は40度以上の気温になることもあるバンコク。視覚的な涼しさはとても嬉しいポイントです。

またホテルの部屋から見える南国の木々の先には、時折水路を走る船が見えます。この水路はセンセープ運河という名で、バンコク市内を東西に結ぶ路線ボートが走る、バス・電車に次ぐバンコク市民の足になっています。部屋からタイの日常も垣間見ることができ、まさに南国タイにいることを実感させてくれるホテルです。

都会の喧騒を忘れてゆったりと朝食を楽しむ

  • 写真:sosuke
  • 写真:sosuke

アリヤソムヴィラの宿泊者が口を揃えて「良かった」とレビューをするのが朝食。ホテルでは定番のバイキング式の朝食ではなく、1つ1つオーダーを受けてから手作りをしているため、出来たての美味しさを味わうことができます。メニューも豊富で、タイ料理から洋食、コンチネンタルブレクファストまで幅広く用意されており、連泊をしても飽きがこないと評判です。

料理が運ばれてくるまでコーヒーやジュースを飲みながらゆったりと過ごすのが、アリヤソムヴィラに泊まっているからこそ味わえる贅沢な時間。大きく取られた窓からは、柔らかい木漏れ日と心地よい風が入り込んできて、朝食時はエアコンも必要ないほど快適です。ぜひ朝はゆっくりと時間を取って、アリヤソムヴィラの朝食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

何度でも帰ってきたい、アットホームな隠れ家

  • 写真:sosuke

リピーターも非常に多いことで知られるアリヤソムヴィラ。時期によるものの、お値段は1泊約2万円〜と、ホテルのクオリティ・立地を考えるととてもリーズナブルで、気軽に利用できることも魅力の一つです。喧騒のバンコクの中で、自然の香りを感じながら落ち着ける空間はとても貴重で、まさに「また帰ってきたい」と思える場所。バンコク旅行の際には、ぜひホテルの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

アリヤソムヴィラ
スクンビット通り / ホテル / 4つ星ホテル
住所:65 Sukhumvit Soi 1 Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand地図で見る
電話:+66 2 254 8880
Web:http://www.ariyasom.com/

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
バンコクの旅行予約はこちら

バンコクのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

バンコクのホテルを探す

バンコクの航空券を探す

バンコクの現地アクティビティを探す

バンコクのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【タイ】パタヤビーチからすぐ!透き通る海のラン島でビーチを満喫

バンコクから車で1時間半ほどの所にある有名な観光地・パタヤビーチから、さらに船で約40分の所にある小さな島「ラン島」。海の透明度、ビーチの美しさはパタヤビーチと...


【バンコク】とにかく可愛い♡「Tints of Blue」ホテルの魅力をご紹介!

東南アジア有数の大都市、バンコク市内には数え切れないほどのホテルが存在しますが、その中でもトリップアドバイザーやBooking.com、Googleマップなどで...

好きor嫌い?「ソフィテルSOバンコク」の超個性的な「アース・エレメント・ルーム」に宿泊

バンコク市内にあるデザイナーズホテル「ソフィテルSOバンコク」では、4つのタイプから宿泊したい部屋のデザインを選ぶことができます。その中でも「アース・エレメント...

バンコク中心部にあるお洒落なブティックホテル「コモ・メトロポリタンバンコク」

「コモ・メトロポリタンバンコク」は、バンコク中心部、BTSのシーロム駅とサラデーン駅からそれぞれ歩いて15分ほどの所に位置するスタイリッシュなホテルです。都会的...

この記事を書いたトラベルライター

タイ好きアラサートラベラー
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/タイおじさん
都内でマーケのお仕事をしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在30カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ラグジュアリー旅行もどちらも好き。
タイが過ぎすぎて10年で30回以上訪泰。タイ語はお勉強中。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

スカイライナーは予約可?乗り方は?成田空港へ楽に安く行けるスカイライナーを解説!

日本の玄関口として名高い成田空港。そんな成田空港へは複数のアクセス方法がありますが、その中でもメジャーな手段がスカイライナー。なんと日暮里~空港第2ビル駅までを...


【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...


現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進...

まるで映画の中の世界!?香港一のインスタ映えスポットをご紹介!

人気の旅先の一つである香港。中国に属していながらも行政区が異なり、独特の文化が育まれ、世界から多くの観光客を集めている観光都市です。そんな香港の国土面積は札幌市...

本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でバンコクの音声ガイドを聴く

バンコクの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります