【中国】最先端の中国高速鉄道に乗ってみよう!

341

view
   2017年9月12日更新

中国国内を旅するのに欠かせないのが、高速鉄道。幅広い地域をカバーしており、時間に正確、短時間で目的地にたどり着ける高速鉄道は、旅の時間が限られることの多い旅行者にとってもおすすめの交通手段です。驚くほど近代化した車内で、快適な移動時間が過ごせる高速鉄道をご紹介します。

中国旅行の要!中国高速鉄道

中国を旅する時、移動の選択肢の一つに上がるのが高速鉄道。日本でいう新幹線にあたる交通機関で、広大な中国の多くの都市をカバーしています。

駅や車内の設備も充実且つ、新幹線にくらべてかなりリーズナブル。さらにはバスなどにくらべて時間が正確、という利点があり、旅の時間が限られることの多い旅行者にとってもオススメの交通機関なのです。

  • 鉄道駅ターミナル(成都東)

運行ルートや時刻表、金額は?

中国高速鉄道は、北京、上海、広州、大連、杭州、ハルビン、成都、青島、長春、昆明、深セン、香港等々、東西南北様々な都市で運行されています。

運行ルートについて公式の路線図は公開されていませんが、以下のサイトで最新の運行ルートを確認することができます。

渡航を計画している都市があったら、ぜひ一度その街発着の運行ルートを調べてみて。日帰りなどの短期間でほかの都市の観光もあわせてできちゃうチャンスです!

Ctrip 列車時刻表(日本語対応)
https://jp.ctrip.com/trains/schedule/

事前準備

中国高速鉄道の利用には、事前準備があるとスムーズ。その手順をご紹介します。

事前予約or購入はマスト!

限られた時間内に旅行をする場合には、鉄道チケットの事前予約または事前購入がマスト。

当日購入ももちろん可能ですが、人気のルートは売り切れてしまう場合もあり、数時間待たなければ乗ることができないなんてこともあります。

特に夏休みや春節、国慶節などの祝日は売り切れが続出するそうなので、可能な限り早めに予約していくことをオススメします。

  • 鉄道のチケット

事前予約の方法

中国高速鉄道の事前予約には身分証が必要になり、中国在住民のID番号がないと予約できません。オフィシャルサイトでは予約ができませんが、代理店を通せばパスポート番号のみで予約可能です。手数料は少々かかってしまいますが、時間が限られている場合は事前予約しておきましょう。

下記のサイトでは、出発/到着地で時刻表を検索し、乗りたい時刻、席種を選び、クレジットカードでのオンライン決済で簡単に予約が可能です。予約開始は乗車日の30日前からとなっています。

Ctrip 列車検索(日本語対応)
http://jp.ctrip.com/trains/

チケットの引き換え

チケットの引き換えは出発の鉄道駅ですることができます。「售票」と書かれた窓口へ行き、予約時に発効された予約番号を係員に告げます。あわせて、引き換えには身分証(外国人の場合はパスポート)が必須となるので提示します。

チケットの事前/当日購入

鉄道チケットは、鉄道駅窓口での事前/当日購入が可能です。引き換えと同じく「售票」と書かれた窓口へ行き、希望の行き先と時間帯を係員に告げ、身分証(外国人の場合はパスポート)を提示します。

英語が通じない場合も多いので、中国語に自信がない場合は漢字での筆談がおすすめ。希望の発着地や時間帯、席種、席数など必要事項を漢字で記載したメモを係員に提示しましょう。購入日当日~28日後までのチケットを購入することができます。

  • 切符売り場窓口(成都東)

乗車当日の引き換え/購入は要注意!

駅自体に入るのにセキュリティチェックがあり、思わぬ時間がかかってしまったり、窓口が混み合ったりすることが多いので、乗車当日に引き換え/購入をする場合は、出発の1~2時間前程度余裕を持っての到着をおすすめします。

朝一の便に乗る方は、前日までに切符を受け取っておくのがベター。自動引き換え/購入機もたくさん並んでおりますが、中国在住民のIDを持っていないと使うことができないので要注意です。

「実名制度」にご注意

中国では、列車の乗車の際「実名制度」を採用しています。予約/購入時に登録した名前と同一人物のみが乗車することができるという制度です。

乗車時には必ず身分証のチェックがあり、登録した名前と異なっていると乗車することができないので、登録間違いがないか充分に注意してください。

いざ、乗車!乗車当日は・・・

セキュリティチェックを通過

いざ乗車当日。まずは出発駅へ行き、ターミナルを目指します。

  • 駅の入り口(成都東)

出発ゲートへの道中は数か所でセキュリティーチェックが行われており、これを通過しないと乗車できません。休日は特に各所で長蛇の列となっていることが多いので、早めの到着を。

セキュリティーチェックでは乗車チケットの提示が必要になるので、すぐに提示できるよう準備しておきましょう。(紛失にはくれぐれも気を付けてください)

空港のようなターミナルも見どころ

中国高速鉄道のターミナルはとっても巨大でキレイ!まるで空港のよう。

  • 鉄道駅ターミナル(成都東)

いたるところに電光掲示板があるので、自分の乗る電車のゲートがどこか、早めにチェックしておきましょう。

  • ターミナル内電光掲示板(成都東)

飲食店やお土産屋さんなども複数入っているので、早く到着し過ぎても時間つぶしに困ることはありません。テイクアウト可能なお店がほとんどなので、乗車時間が長い場合は特に、食べ物や飲み物を購入しておくのもアリ。

  • 鉄道駅ターミナル内店舗(成都東)

ターミナルの建築は近代的でとても美しいです。ぜひくまなく歩き回ってみて。

  • 鉄道駅ターミナル(成都東)

ターミナル内には商務座(ビジネスクラス)専用の待合スペースまであります。設備は駅により様々ですが、フリードリンクやフリーインターネット(PC)があったりと、快適に過ごせます。

  • 鉄道駅ターミナル(成都東)

ホームへのゲートが開く時間になったら、チケットを持って列に並びます。ゲートではパスポートチェックもあるので、やはりお早目の行動を!

  • プラットホーム(成都東)

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月25日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
音楽/映画業界で働く会社員トラベラー。目標は、会社員しながら世界一周!!

音楽/映画業界で働く会社員トラベラーです:-)
美しい景色、美味しいもの、そこに住む人々やそこで生まれた音楽、アート、ファッション、イベント、言語、法律などなど、
その瞬間、その場所でしか味わえないいろいろを楽しみたくて、仕事の傍ら国内外で旅を続けています:-)

バックパッカー一人旅からワイワイ女子旅、ゴージャス旅行などなど、
スタイルにこだわらず、好奇心の赴くままに、見たいもの行きたいところにひたすら飛び込むことが旅のモットー

目標は、会社員しながら世界一周!!
現在、海外:35カ国73都市、国内:33都道府県を往訪

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!