調布・府中
調布・府中観光
水木しげる第二の故郷!緑ゆたかな深大寺や味の素スタジアムが名所

カワイイ雑貨天国!「東京蚤の市」へ行こう

取材・写真・文:

カナダ在住
訪問エリア:30都道府県

2018年3月29日更新

2,156view

お気に入り

写真:jihen2

海外、特にヨーロッパではメジャーで、街中で定期的に開かれることの多い「蚤の市」。アンティーク雑貨や日用品など、カワイイものが所狭しと並ぶマーケットには、旅行好きなら憧れる人も多いはず。そんな「蚤の市」が東京にもあるのを知っていますか?ここだけの出会いがきっとある、カワイイ雑貨天国「東京蚤の市」を紹介します。

この記事の目次表示

東京蚤の市とは

  • 写真:jihen2

東京都調布市に複数の雑貨ショップやカフェを展開する「手紙社」さんが主催する、大規模な雑貨市。毎年5月に「東京オーヴァル京王閣」で開催しています。

古道具、アンティーク雑貨・アクセサリー、ハンドメイドグッズ、紙製小物、食器などの古今東西の素敵なものを販売する200以上のショップが軒を連ねるほか、アーティストの生演奏や小物作りワークショップなど、一言では言い表せないくらいたくさんの魅力が詰まったイベントになっています。

見どころ

【1】古きよきもの

なんといっても一番の見どころはアンティークグッズ!と言っても、本当に骨董品のような高価な品から少し使い古した程度のものまで、アンティーク度合いは様々。ガラス瓶や道具類など、見ているだけでもワクワクするような品がたくさんあります。

  • 写真:jihen2一番店舗数の多い、古道具エリア

洋服のボタンや引き出しの取っ手など、暮らしに取り入れやすい小物はお手軽でオススメです。持っているものにワンポイントで使うとオリジナリティがぐっと高まります!

今まで目にしていたかもしれないものでも、こうしてずらりと並べられているのを見ると、なんだか非日常気分になります。それだけでも、この蚤の市に来た甲斐アリではないでしょうか。

  • 写真:jihen2ひとつひとつ風合いの違う貝釦
  • 写真:jihen2好きなものを数枚選んでまとめ買いできるアンティークトランプ
  • 写真:jihen2中にはこんな謎の商品も…
  • 写真:jihen2こちらも謎のキャラクターのブローチ。税抜¥2,600

【2】新しくてよいもの

蚤の市とはいえアンティークばかりではありません。新品だけど風合いがあってとてもカワイイ食器や、ハンドメイド雑貨のお店もたくさんあります。アンティークはちょっと敷居が高い…という人でも、ここだけの出会いがきっとあるはず!

吹き抜けのある建物の2階は、北欧のブランドや布地のショップが集まるエリア。看板も北欧スタイルです。このあたりが一番混雑するエリアだと思います。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

1階はハンドメイド雑貨ショップが集まり、どこもカワイイ店構え。実店舗を持つお店も多く出店しており、素敵な雑貨屋巡りがここでできちゃいます!

ちなみに下の写真に写っているのはイベント公式キャラクター。毎年イラストレーターさんが描く、ユルいキャラクターたちもあちこちで楽しませてくれます。

  • 写真:jihen2トートバッグのブランドROOTOTEさん。¥3,000台からありお手軽
  • 写真:jihen2食器ブランドのマルミツポテリさん

【3】食

イベントをまわるのは1日がかり。なのでドリンクやフードも充実しています。1,000円前後で食べられるランチボックスや麺類などいろいろな屋台があり、買い物と同じくらい目移りしてしまいます。

  • 写真:jihen2

ランチの場所確保も大変なのですが、オススメは競輪場の観客席!登るのが大変ですが比較的空いていて、トラックを眺めながらのちょっと変わったランチタイムが過ごせます。

  • 写真:jihen2

【4】音楽

会場の中心付近にはメインステージのある「八角テント」があり、見どころの一つ。アーティストがかわるがわるライブをしていて、どれも個性豊かなステージばかりです。

おいしいお酒やご飯を食べながら素敵な音楽を聴けるなんて、とても素敵な空間!お店巡りで疲れたら、一休みしながらこの「蚤の市」を満喫できます。

  • 写真:jihen2

まとめ

2018年は5月26日・27日の土日に開催されることが発表されました。会場内で開催される「東京豆皿市」はいつも行列必至の大人気エリア。筆者はいつも出遅れてしまっているのですが、まずこれをめがけて行くのも楽しみ方の一つです。主催する手紙社さんのカフェを紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

※掲載写真はすべて過去開催時のものです。

東京蚤の市
調布・府中 / イベント・祭り
住所:東京都調布市多摩川4-31-1 東京オーヴァル京王閣地図で見る
Web:http://tokyonominoichi.com/2018_spring/

調布・府中の旅行予約はこちら

調布・府中のホテルを探す

調布・府中の航空券を探す

(羽田空港)

調布・府中のパッケージツアーを探す

調布・府中の現地アクティビティを探す

(府中)

(調布)

調布・府中のレンタカーを探す

調布・府中の高速バスを探す

(調布)

(府中)

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

3月のイベント・行事39選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

3月はひな祭りに桜まつりなど、春を感じるイベント・行事が目白押し。チームラボによる広島城のアートイベントや横浜・パンのフェスなど、話題のイベントも各地で行われま...

カフェ好きが選ぶ!東京のおすすめカフェ30選

東京に来たらやっぱりお洒落なカフェでまったり過ごしたい!そんな方も多いことと思います。東京には23区はもちろん、区外にもお洒落で過ごしやすくて美味しいごはんやス...


絶品!東京都内の美味しい醤油ラーメン10選

ご存知、東京にはたくさんの美味しいお店があります。その中でもラーメン店は群雄割拠といえ、多くのハイレベルな店が存在します。23区を中心に、美味しいラーメン店をご...

おいしい鳥の唐揚げが食べたい!東京の唐揚げ10選☆★

誰もが1度は口にしている唐揚げ。子どもから大人まで幅広い人々に大人気の食べ物です。ここ数年唐揚げブームが訪れ、その人気は唐揚げ専門誌が創刊されるほど。東京都内に...


都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

東京都心にはオシャレでおいしいカフェやショップが充実していますが、郊外エリアも負けてない!都心を離れて一息つけるような、心癒される落ち着いた空間のお店がたくさん...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 現場監督 兼 トラベラー
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
現在はモントリオールで英語とフランス語を習得中。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
最近はinstagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...


東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選

流行発信地・東京で、私たちの暮らしをいろどる文化や奥深い歴史を感じることができ、楽しく教えてくれるスポットの数々。感性を磨けるような、アカデミックで魅力ある東京...

都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

東京都心にはオシャレでおいしいカフェやショップが充実していますが、郊外エリアも負けてない!都心を離れて一息つけるような、心癒される落ち着いた空間のお店がたくさん...


路上マーケットからアジア最大のモールも!バンコクお買い物スポット

タイのバンコクといえば、寺院やエステなど観光スポットが満載。そんなイベントの合間に、買い物ももちろん楽しみたい!「これぞタイ」な、マーケットから流行の最先端のシ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?