ドバイ
ドバイ観光
砂漠に佇む、世界屈指のラグジュアリーな観光都市

【ドバイ】実はお勧め!日帰り砂漠ツアーでラクダに乗ろう!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:11ヶ国

2018年7月25日更新

2,799view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

ドバイでは、ドバイモールでのショッピングやスーク巡りなどが観光の中心として有名です。しかし半日で楽しめる砂漠ツアーをご存知でしょうか?現地のドライバーが運転するワゴン車に乗り、激しい砂漠のドライブを楽しんだり、ラクダに乗ったり、夜は現地料理を楽しんだり…そんなツアーが今、人気です。

この記事の目次表示

砂漠ツアーの概要

ドバイの東部に「アル・アウアー(العوير)」という地域があり、そこは一体が砂漠となっています。ドバイの中心部から約40kmほどあり、一般の観光客は入れないため、この砂漠に行く場合は現地のツアーに申し込まないといけません。

ツアーの種類は、朝一に行き午前中に帰るものであったり、午後出発して夜に帰るものがメインです。朝発のものなら、人によってはトランジットを利用していけたりしますよ!値段は約5,000~10,000円です。大手ツアーサイトのVELTRAなどで申し込むことができますよ!

筆者は午後発のツアーに参加したので、そちらのツアーの紹介をさせて頂きます。

前半はデザートサファリとラクダ体験!

ツアーに申し込むとドバイ市内で待ち合わせを行い、ほかの観光客とともにバスで砂漠地域に向かいます。

  • 写真:いちまろ夫婦

バスは超満員で、さらに1時間近くはバスに乗ることになるのでお水を買っておくとよいでしょう。到着すると一面の砂漠に心が躍ります!ドバイ市内にはない景色が広がっており、中東に来たことを実感します。

  • 写真:いちまろ夫婦

デザートサファリ

到着するとまず「デザートサファリ」と呼ばれるドライブアクティビティを体験します!ワゴン車に乗って、砂漠の山々を進む激しいドライブです。

  • 写真:いちまろ夫婦

気分はまるでテーマパークのアトラクションのようで、車の手すりに捕まらないと危ないほど激しいです。しかしドライバーは砂漠での運転に慣れている方ですので安心してくださいね。砂浜にはまったり、スリップすることなく進んでいく技術にも、きっと驚くはずです。

  • 写真:いちまろ夫婦

ラクダに乗って砂漠を巡ろう!

デザートサファリを終えると、アクティビティエリアに到着します。ここではラクダに乗って砂漠を巡ることができます。

  • 写真:いちまろ夫婦

とても大人しいラクダですが、立ち上がる時とその高さにびっくりすること間違いなしです。またラクダを先導してくれる現地の方が最後に記念写真を撮ってくれるので、カメラや携帯を持っておくといいですよ。

  • 写真:いちまろ夫婦

5分ほどの体験ですが、並べば何度でも楽しむことができるので思う存分楽しんでくださいね。ラクダ体験の近くには、バギーで砂漠を運転できる体験もあります。こちらは申し込むツアーによりますが、追加料金がかかることが多いです(約1,500円)。

  • 写真:いちまろ夫婦

後半はイベントエリアへ!

後半は近くのイベントエリアに向かいます。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

ここでもヘナ体験などのアクティビティを楽しんだり、最後には現地料理のディナーやショーを楽しむことができます。

ヘナ体験

アクティビティエリアに行ったらぜひヘナ体験をしてください!

  • 写真:いちまろ夫婦

現地の方が好きな箇所にヘナアートを描いてくださいます。筆者の妻は腕にしてもらっていました。

  • 写真:いちまろ夫婦

5分ほどでこんなに綺麗に仕上がります。タトゥーとは違い、1週間ほどできれいに落ちるのでご安心くださいね。

民族衣装・お土産販売

違う小部屋には、民族衣装が吊られてあります。

  • 写真:いちまろ夫婦

ここにある衣装はすべて着てOK!少しサイズは大きめですが、ぜひ着用して記念撮影してくださいね!

  • 写真:いちまろ夫婦

入り口スペースにはお土産も販売しており、こんな綺麗なサンドアートも売っております(約1,000円)。また、椅子で休んでいると、ストールを観光客の頭に巻き付け、売ってくるお店の人もいます。もし購入しない場合は「No,Thank you」と伝えるようにしてくださいね。

現地料理ディナー

これらのアクティビティを楽しんだ後、最後に砂漠で現地料理を楽しむことができます。まずは前菜のチキンから頂くことができます。

  • 写真:いちまろ夫婦前菜のチキンをもらう筆者妻(スタッフの方撮影許可済み)
  • 写真:いちまろ夫婦

カリッと揚げたチキンは日本人にも合う味で、とても美味しく頂けます。ヨーグルトサワーソースに付けて食べるのが、ドバイ流です。ちなみに一緒においてあるコーラも無料でもらうことができます。お水もクーラーボックスにたくさんあり、取り放題です。

  • 写真:いちまろ夫婦

その後は、メインの食事をバイキング形式で楽しむことができます。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

サラダから、中東味のスパイスのきいたカレーまで20種類くらいのメニューがあり、お腹いっぱいになること間違いなしです!

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

夜に撮影したこともあり、写りがあまりよくないですが、グリーンカレーやラム肉の串刺しなどを美味しく頂きました。ナンも食べることができるので、カレーと合わせて食べればより現地の気分を味わうことができますよ。ココナッツ味のスポンジケーキも日本人に合う美味しい味でした。

ディナーショー

ディナー中には、現地の芸者さんがショーを行ってくれます。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

これは、くるくる回転しながら衣装を次々と変えていったり、回しているお盆を次々と増やしていく芸です!言葉を使わないので、どの国の人も盛り上がり興奮できるショーになっています!

また、ラマダン期間中でなければ、ベリーダンスのショーも行われます。(ラマダン期間は、露出が多い服でのショーが禁止されており、筆者が滞在したときはラマダン中でした)

アル・アウアー
ドバイ / 町・ストリート
住所:al avir - دبي地図で見る

ドバイの旅行予約はこちら

ドバイのホテルを探す

ドバイの航空券を探す

ドバイのパッケージツアーを探す

ドバイの現地アクティビティを探す

ドバイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

夫婦で旅する月1バックパッカー!
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:iPhone7+📱
→「誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^

■2018年の月1バックパックリスト
1月-6月:名古屋・大分・横浜・湘南・兵庫(竹田城)・大阪・ドバイ・ギリシャ
7月:東京・横浜
8月:奈良・京都
9月:長野
10月:釜山
11月:淡路島
12月:大阪和泉市・東京

□2018年の月1バックパックリスト
1月:熊本

■いちまろ夫婦運営メディア
http://www.ichimaro.com/

【閲覧注意】USJホラーナイト・「ストリートゾンビ」全種類コンプリートガイド!

USJのハロウィーンでは、18:00以降ゾンビがパーク内を歩き回る「ストリート・ゾンビ」が有名です。2018年からは、エリアごとに出てくるゾンビの種類も変わり、...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...


モンセラットはバルセロナで必見の人気観光スポット!

スペイン・バルセロナに行ったらぜひ訪ねてほしいのが「モンセラット」です。標高1,241mのモンセラットの山には、円筒型の岩がいくつも寄り集まっており、その姿は一...

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...


サントリーニ島・イアで買える定番お土産6選!

ギリシャのサントリーニ島では、中心都市のフィラや、世界一の夕陽が見えるイアの街が観光におすすめです。特にイアでは、定番のものからイアでしか売っていないお土産まで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?