ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】ベルリンごちゃ混ぜ文化の祭典! カーニバル・デア・クルトゥーレン

取材・写真・文:

ドイツ在住
訪問エリア:11ヶ国

2018年11月27日更新

220view

お気に入り

写真:ジョー

ドイツの中でも外国人や移民が特に多く、それぞれが独自の文化を保ちながらも、お互いに交わりながら暮らす街、ベルリン。年に一度、市内外、そしてドイツ国外からも参加者と観客が多く集まり、その多文化をテーマにした「カーニバル・デア・クルトゥーレン」が5月下旬〜6月上旬のタイミングで開催されます。今回は2018年度のイベントの様子を、写真と共にご紹介します。

この記事の目次表示

ドイツのおすすめツアー
―*20世紀の激動の世界史に触れる旅*―「ベルリン・ワルシャワエクスプレス」で行く!新旧ドイツが出会う歴史とアートの街【べルリン】×人気急上昇中!戦争から美しき復興を遂げた世界遺産の街【ワルシャワ】周遊7日間
91,800円~223,800円
◆価格重視!ドイツ&イタリアの人気3都市周遊◆鉄道でめぐる♪美しい街並みと世界遺産を楽しむ!《ローマ×ベネチア×ミュンヘン》9日間【成田夜発/カタール航空利用】
103,800円~255,800円
―*憧れの国「スイス」と「ドイツ」を鉄道で周遊*―旧市街越しにアルプスを望む湖畔の街【チューリッヒ】×バイエルン地方の伝統文化も楽しめる【ミュンヘン】周遊7日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
110,800円~245,800円

レイシストに向けたベルリンの答え

カーニバル・デア・クルトゥーレンは、1996年、ベルリンのクロイツベルク地区で初めて開催されました。このイベントが始まるきっかけを作ったのは、ある事件。それは最初の開催から4年前の1992年、人種差別の思想を持ったドイツ人が、ドイツのロストックで難民収容所とベトナム人の居住地を襲ったという事件です。

  • 出典:www.flickr.comDemo zu 20 Jahre Rostock-Lichtenhagen, Anne Roth撮影

第2次世界大戦後、ドイツ国内で最大級の外国人に対する暴動とも言われるこの事件に対してNOを突き付けるため、ドイツ人も外国人も平等に参加して楽しめるイベントを開催しようと立ち上がったのが始まりだそうです。当時からすでに外国人が多く住んでいて、趣旨に沿った人材を集めやすかったベルリンだからこそ実現できたのでしょう。

国際色豊かなベルリンをそのままパレードに

20年以上も続き、毎年その規模を拡大しているこのカーニバルは、ベルリンで開催されるお祭りの中でもかなり賑やかです。

日本語に訳すと「文化のカーニバル」という名前なのですが、ベルリン市内の自動車道、ヨーク通り(Yorckstraße)からヘルマン広場(Hermannplatz)までの3km以上を貸し切って催されるパレードをはじめ、その沿道に並ぶ屋台も国際色豊かで、まさにごちゃまぜ。でもそれこそが、ベルリンという街の雰囲気を象徴していると言っても過言ではありません。

  • 写真:ジョー開始直後からすでに人だかりがすごい

衣装もダンスもチームそれぞれ

2018年度のパレードには、合計68組ものチームが参加し、お昼の12時半から夜9時までの8時間半にも及んで観客を魅了し続けていました。イベント自体は4日間に渡り、さまざまなプログラムが織り込まれて開催されます。

観客数は延べ100万人を突破するほど大規模なものですが、やはり目玉はパレード。通りを練り歩く参加チームは、民族衣装や被り物を着たりして、自分たちの文化を全力で表現しています。

  • 写真:ジョーめっちゃ凝って作ってますね
  • 写真:ジョー好きだったら誰でも参加者になれる
  • 写真:ジョーお面が結構怖い
  • 写真:ジョー国際色ならぬ極彩色
  • 写真:ジョーアジアからも数チーム参戦していました
  • 写真:ジョーマーチングバンド的な?

一つの国でまとまっているチームもあれば、ドイツ人が混じっているチームもあります。それでも共通しているのは、みんな好きでその場のパフォーマンスに参加しているということ。

似合う似合わないをここで論じるのは野暮です。…法被を着て「わっしょいわっしょい!」と日本人に交じって叫ぶドイツ人を見て驚いた筆者が、言うことではないかもしれませんが。

  • 写真:ジョーこの神輿一体どこから…

中には、異国の雰囲気ではなく、音楽やダンスといったパフォーマンスを前面に押し出したチームもいました。写真のように、どこの国のものかはうまく言えませんが、ロックミュージックを演奏していたり、民間団体が行うダンスだったり、その表現方法は様々です。

文化、と言うと、世界に目を向けがちですが、ドイツ国内でも地域や個人間の少しずつの違いから生まれるものなんだ、と彼らから言われたような気がしてきます。

  • 写真:ジョー結構ゴリゴリのロックでした
  • 写真:ジョーみんなこのために練習してきました
  • 写真:ジョー難民が国境を越えることをテーマにした寸劇

いい場所を取るためには忍耐が必要!

先述の通り、100万人規模のイベントの中でも目玉となるこのパレードには、皆さんが思ったよりたくさんの観客が集まります。小さい子供は親に肩車され、登りやすそうな木には何人かが腰かけて、上からパレードを見るぐらいです。

  • 写真:ジョーこれでもだいぶ前の方です

肩車も木に座ることもちょっとできない、という人がほとんどなので、うまくパレード沿いの人込みにすき間を見つけて、前にいる人がどいたらそこにすかさず入る、ということを繰り返し、時間をかけて前列まで行きましょう。

意外と前列でも出入りは激しく、運がよかったら5列ぐらいの人の層もあっという間にすり抜けて、パレードをダイレクトに見ることも不可能ではありません。

初夏のベルリン観光の目玉の一つ

  • 写真:ジョー踊りながらの笑顔が素敵

カーニバル・デア・クルトゥーレンは、毎年キリスト教(カトリック・プロテスタント)の祝日である聖霊降臨祭/五旬節/五旬祭を中心に4日間開催されます。2019年は6月7日~10日の予定です。会場はどこからでも無料で入れるので、すでにその時期にベルリンを旅行するという方は、こちらのイベント見学もプランに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ホームページでも英語、ドイツ語で情報を発信しているので、こちらもご確認ください。

ドイツ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばドイツのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でドイツのすべてのツアーをみる>>

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ドイツ・ミュンヘン】本場オクトーバーフェストの楽しみ方と準備を徹底解説

毎年9月下旬から10月初旬にかけて、ドイツのミュンヘンで開催されるビール祭り「オクトーバーフェスト」。今回は、オクトーバーフェストに参加してみたいけど、どんな準...


【ミュンヘン】500年前にタイムスリップ!中世のクリスマスマルクト

この時季のドイツ旅行のお楽しみといえば、クリスマスマルクト(マーケット)巡り。ドイツ南部の都市・ミュンヘン市内にも様々なクリスマスマルクトが建ち並びますが、なか...

【ドイツ】ベルリン・フィルのヴァルトビューネ野外コンサートでクラシックを楽しもう

ドイツ・ベルリンでは、「森の劇場」と訳されるヴァルトビューネという会場で、毎年初夏(6月下旬~7月上旬)にたった1日だけ、野外コンサートが催されます。通称「ピク...

ふつうは飽きた?ドイツ三大名城ホーエンツォレルン城で過ごすクリスマスマーケット

冬のドイツのお楽しみといえば“クリスマスマーケット”!近年では日本でも開催されるようになり、馴染みが出てきているところですが、本場ドイツならではのクリスマスマー...

【ドイツ】「世界最長のビアガーデン」でギネス認定!ベルリン国際ビール祭り

ドイツ・ベルリンの大通り「カール=マルクス=アレー(Karl-Marx-Allee)」が2.2kmに渡りビアガーデンと化す「ベルリン国際ビール祭り(Intern...

この記事を書いたトラベルライター

おっさん学生 ドイツ支部
こんな歳で今更ですがドイツで学生やり直してます。
今までに行った旅行先は日本国内もそうですが、海外も数ヵ国行っているので、記事によってガラッと風景が変わるかもしれません。主に街歩きの中で気づいたことを紹介するので、訪問してくださる方が今後の旅行で小さな発見をするときの参考になればいいなと思います。

こちらで旅行相談も受け付けておりますので、ぜひご覧ください。
TRAVELOCO ロコネーム ジョー
https://traveloco.jp/loco/rio_edj

旅行先(国別):ドイツ(在住)、ベルギー、オーストリア、オランダ、ハンガリー、チェコ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、台湾、香港、日本

【ドイツ】カール大帝ゆかりの地、アーヘン観光名所ピックアップ!

ドイツ西側の国境に位置し、ベルギーのリエージュへは電車で1時間、オランダのマーストリヒトにも直通バスで1時間と隣国の観光地へのアクセスもいいカトリックの街、アー...


【ドイツ】ベルリン通になろう!市内バス、電車おすすめ路線一覧

ドイツ国内随一の市内交通網を誇るベルリンには、東京ほどではないものの、公共交通機関がそこら中に張り巡らされています。数が多すぎて、旅行に行きたいけど何に乗ってど...

【ドイツ】お手軽!ベルリン100番、200番バス観光スポット14選

ベルリンの旅行を計画するときに、ガイドブックを開くと必ずと言っていいほど出てくる市内交通100番、200番バスを利用した観光ルート。回る場所も観光会社が開催して...

【オランダ】閲覧注意! ハーグ・拷問博物館

オランダの政治首都、ハーグ(Den Haag)は、400年以上前からオランダ国内でその役割を担ってきました。それを証明するのが、犯罪者や謀反者を罰してきた拷問の...

【ドイツ】モザイクなし!ベルリン人体博物館

ベルリン観光のハイライトシーンが集うアレキサンダー広場の中でも、一番目立つランドマークであるテレビ塔(Fernsehturm)。よくよくそのあたりを散策してみる...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?