ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】フランクフルト近郊の古城ホテル☆シュロスホテル クロンベルク

取材・写真・文:

福岡在住

2020年6月18日更新

1,458view

お気に入り

写真:a s a

一度は泊まってみたい憧れの古城ホテル。しかし、古城ホテル=アクセスしにくい…という印象をお持ちの方もいるのではないでしょうか?実はドイツの玄関口、フランクフルトから約1時間で行ける古城ホテルがあるんです。そんな古城ホテル "シュロスホテル クロンベルク"をご紹介します。

この記事の目次表示

シュロスホテル クロンベルク/Schlosshotel Kronbergが建つ街「クロンベルク」

  • 出典:goo.gl
  • 写真:a s a

その名前の通りこの古城ホテル「シュロスホテル クロンベルク」は、クロンベルク/Kronbergという都市にあります。クロンベルクは、フランクフルトから約20分ほどの距離に位置しており、タウヌス山脈の麓の緑に囲まれた街です。

古城ホテルや街のシンボルであるクロンベルク城だけでなく、木組の家が並び中世の面影を残す旧市街など見どころも多く、落ち着いた雰囲気の中での街歩きが楽しい街です。

シュロスホテル クロンベルクの詳細

中世の面影を残す館内

  • 写真:a s a
  • 写真:a s aSchlosshotel Kronberg/©Michael Holz

1893年に完成したこのお城は、元々は最後のドイツ皇帝ヴィルヘルム二世の母、ヴィクトリア妃のために建てられ、余生を過ごした城です。夫であるフリードリヒ二世の死後に建てられたこの城は、フリードリヒスホーフ城(フリードリヒの宮殿)とも呼ばれていました。

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a

館内に一歩踏み入れると、そこは別世界。アンティーク調のインテリアやヴィクトリア妃が愛したであろう調度品などが並び、より古城の雰囲気を演出します。

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a

フロント階にあるミーティングルームとされている部屋は、利用されていないかぎり自由に見学可能。調度品だけでなく、飾られている肖像画の数々は、美術館さながらの雰囲気です。

客室

  • 写真:a s aスーペリアルーム(一例) Schlosshotel Kronberg/©Michael Holz
  • 出典:schlosshotel-kronberg.comデラックスルーム(一例)

ルームカテゴリーはスーペリア、デラックス、グランドパークビュー、そしてスイート。多くのお部屋に"花"をモチーフにしたデザインがあしらわれており、あたたかい雰囲気を感じられます。

  • 写真:a s aデラックスルーム
  • 写真:a s a

上写真は筆者が宿泊したデラックスルームです。爽やかなスカイブルーの空間に、アンティーク調のインテリア、そして何と言っても十分すぎる広さに大満足。非日常で特別な時間を過ごせること間違いなし。

また、一括りにスイートといっても、スイート、デラックススイート、グランドスイート、ロイヤルスイートとあり、ため息が出るほど豪華絢爛なお部屋もあります。詳細は公式HPからご確認ください。

満足な客室サービス(Wi-Fi/ミニバー/アメニティ)

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a

全てのお部屋には、無料Wi-Fi、ビールを含む無料ミニバー、バスアメニティー類が揃っています。用意されているバスアメニティ類は、英国王室御用達のMOLTON BROWN。雰囲気抜群のお部屋で、バスローブを着てくつろぐ時間はたまりません。

レストラン

ホテル内のレストラン"Schlossrestaurant"では、コースメニューを楽しむことができます。もちろんレストラン内の雰囲気も抜群。宿泊者以外のレストラン利用も可能なので、予約が埋まってしまうことも。事前の予約を強くお勧めします。

NEW OPEN ビアガーデン

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a

本館から5分ほど歩いたところに、2020年にビアガーデンがNEW OPENしました。開放的なスペースで、ビールだけでなくワインや軽食を楽しむことができます。この古城ホテルにてメインで提供されている、ヘッセン王室ワインの"Prinz von Hessen"はスッキリとしていて飲みやすく、是非試していただきたいワインです。

朝食

  • 写真:a s aSchlosshotel Kronberg/©Michael Holz
  • 写真:a s a

シュロスホテルクロンベルクでの朝食は、テラスまたはテラスに隣接の広間にて提供されます。朝の新鮮な空気とともにテラスでいただくのも、絵画やアンティーク調のインテリアに囲まれる広間でいただくのも、どちらも違った雰囲気があり素敵です。

※筆者の訪問時は、各テーブルごとに朝食が提供される形式でしたが、本来はビュッフェ形式です。

自然あふれる敷地内

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a

敷地内には英国風ローズガーデンがあったり、庭にはゴルフコースが組まれているなど、あたりを散歩するだけでも小一時間ほど楽しめます。朝食後や夕食前のちょっとした散歩にもおすすめ。

シュロスホテル クロンベルクまでの行き方

この古城ホテルまでは、いくつかのアクセス方法があります。

①Sバーン(約20分)と徒歩(20分)

  • 写真:a s aクロンベルク駅に停車するS-bahn
  • 写真:a s aS4の始発/終着駅がクロンベルク

クロンベルクまではフランクフルト中央駅からSバーンのS4で約25分。終点のクロンベルクで下車し、そこから徒歩で約20分ほど。筆者は実際このルートで訪問しましたが、駅からホテルまでの間に自然公園があり、この街が、"州指定の空気の綺麗な保養地"として認定されている所以を肌で感じることができました。

②ホテルの送迎サービス

  • 写真:a s aSchlosshotel Kronberg/©Michael Holz

予約時または予約後に、ホテルにクロンベルク駅⇔ホテルまでの送迎のリクエストをすることが可能です。ただし、時間帯や混雑状況によって対応できない可能性もあるので、ホテルへ要問合せが必要です。

③車またはタクシー

この古城ホテルは、フランクフルト中心地から約30分ほどなので、歩くのが心配な方や大きな荷物をお持ちの方は、フラクフルトからタクシーの利用でも良いでしょう。料金はおよそ50€(約6,000円)程度。クロンベルク駅は非常に小さな駅で、駅前でタクシーを拾う事は難しいので、フランクフルトからがベターです。

シュロスホテル クロンベルク
ドイツ / ホテル / 5つ星ホテル
住所:Hainstraße 25, 61476 Kronberg im Taunus地図で見る
電話:0617370101
Web:https://schlosshotel-kronberg.com/

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:a s a

これまでにもドイツの古城ホテルをいくつか訪れましたが、その中でもフランクフルトから近くアクセスも良いので、移動や前後の計画も立てやすく、チェックインからチェックアウトまで、十分に滞在を楽しむことができました!クロンベルクは州の定めるLuftkurort(空気の綺麗な保養地)という称号を得ている街なだけあり、美しい自然の中で心身ともにリフレッシュできる時間を過ごすことが出来ること間違いなしです!(Asako! )

ドイツの旅行予約はこちら


ドイツのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


1000年の歴史に想いを馳せる ドイツ古城ホテル「ホルンベルク城」滞在の旅

ドイツ・マンハイムとチェコ・プラハを結ぶ1,000kmの古城街道には、大小合わせて約70もの古城があります。ツアーでは通常通過するだけのことが多いですが、これら...


ドイツ・ライン川を望む雰囲気抜群の古城ホテル「アウフシェーンブルク」

ドイツの人気観光スポットのひとつ、ライン川エリア。特にユネスコ世界遺産にも登録されている ”ライン渓谷中流上部(ビンゲン~コブレンツ)” 沿いには、美しいワイン...

ドイツ・ライン川最大の古城ホテル「シュロスホテルラインフェルス」

様々な古城が点在するライン川。世界遺産にも登録されているこのエリアの中でも、その大きさから一際目を引く古城「ラインフェルス城」。13世紀半ばに建てられたこの城は...

ラプンツェルの世界へ♪ドイツの古城ホテル「ホテルブルク トレンデルブルク」

ドイツ・メルヘン街道沿いにある小さな町トレンデルブルクには、あの人気グリム童話でディズニー映画にもなっている『塔の上のラプンツェル』のモデルとなった古城がありま...

【ドイツ】文豪ゲーテが愛したワイマール(Weimar)の街歩き

ワイマール憲法にワイマール共和国...世界史で耳にしたことがある方もおられると思いますが、ドイツ中部にあるワイマールの街は、歴史的文化が花開いた場所であり、見ど...

この記事を書いたトラベルライター

“きゅん”っと来るものが旅の原動力+*
福岡県出身。なんとなくでドイツ語を始め、初めての海外渡航でドイツへ行ってヨーロッパに感動!就職と同時に上京し、数年後に1年間ドイツ勤務。なんとなくから始まってどこか切っても切れない縁があるドイツが大好きです。基本的には列車旅行がメインです。きゅん!とした気持ちをきっかけに旅してます♪

意外と知らない?ドイツ・フランクフルトで味わうべき名物5選!

日本からの直行便もあり、ドイツだけでなくヨーロッパ各国への玄関口ともいえる都市フランクフルト。フランクフルトに滞在する人も、移動の拠点とする人も、乗り継ぎで利用...


独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

スペイン最古の列車“ソーリェル鉄道”でマヨルカ島の世界遺産の大自然を走る

マヨルカ島を走る、スペイン最古の木造列車といわれる''「ソーリェル鉄道(Ferrocarril de Sóller)」''。世界遺産のトラムンタナ山脈の風を感じ...

絶対行きたい☆ドイツ生まれのニベア専門店"NIVEA Haus Berlin"

ドイツで生まれたスキンケアブランドで、今や日本ではもちろん世界中でも定番のNIVEA(ニベア)。その専門店"NIVEA Haus(ニベアハウス)"には、日本未発...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります